免疫細胞生物学

教授 上野 英樹
Hideki Ueno, M.D., Ph.D. Professor

免疫系は生体を病原体から防御するために必須な機構です。しかし免疫系は厳格な制御を必要とし、制御機構の破綻に伴う過小あるいは過大な免疫応答は多くの病態に直接関与します。免疫応答の制御には多岐にわたる免疫細胞同士のcross-talkのみならず、生体内の非免疫系細胞や常在細菌叢なども大きな役割を果たします。本研究室では、ヒトにおける免疫応答の制御機構、及びヒト疾患における免疫反応の異常、破綻の機構を明らかにすることにより、疾患の病態の解明、及び新たな治療戦略の開発を念頭に実験を行います。

研究・教育について

免疫細胞に発現される分子を標的とした免疫療法は近年著しく増加し、多くの疾患のコントロールを容易にしてきました。さらに免疫系は以前想定されていたよりはるかに広い分野の疾患の根幹に関わることが判明し、今後免疫学研究の重要性はさらに増すと考えられます。免疫学研究にはマウス等の動物モデルが多用されますが、マウスでの知見を直接ヒトにトランスレートする限界も次第に明らかになってきました。本研究室では研究のより直接的なトランスレーションを念頭に、ヒト由来サンプルを用いたヒト免疫細胞の基礎的な解析、ヒトにおける免疫応答制御機構の解明、及び様々なヒト疾患における免疫反応の異常、破綻機構の解明を行います。私の研究室では近年ヒト獲得性免疫系の細胞、特に近年では抗体産生に関わるヒト濾胞性ヘルパーT細胞の研究を主に進めてきました。これらの仕事は、ループス等自己免疫疾患における濾胞性ヘルパーT細胞反応異常の関与、インフルエンザワクチン後の抗体産生での濾胞性ヘルパーT細胞の役割の解明などにつながりました。本研究室では、State-of-the-artの機器、手技を用いたoriginalityに溢れる基礎的及び臨床的なヒト免疫研究を展開したいと思います。がん免疫、自己免疫疾患、アレルギー、炎症性中枢神経疾患が現在の主な研究対象です。

ヒトCD4+ T細胞のサイトカインによる分化。我々はIL-12, IL-23, TGF-bがヒトnaïve CD4+ T細胞の分化に大きく関わる3つの主なサイトカインであることを報告した。

ヒト全身性エリテマトーデスでの核内因子を含んだ免疫複合体による病態形成。免疫複合体はplasmacytoid DCとconventional DCを介した2経路のpositive feed-forward loopを形成することを報告した。


研究業績

  1. Schmitt N, Morita R, Bourdery L, Bentebibel SE, Zurawski SM, Banchereau J, Ueno H. Human dendritic cells induce the differentiation of interleukin-21-producing T follicular helper-like cells through interleukin-12. Immunity. 2009;31(1):158-69.
  2. Morita R, Schmitt N, Bentebibel SE, Ranganathan R, Bourdery L, Zurawski G, Foucat E, Dullaers M, Oh S, Sabzghabaei N, Lavecchio EM, Punaro M, Pascual V, Banchereau J, Ueno H. Human blood CXCR5(+)CD4(+) T cells are counterparts of T follicular cells and contain specific subsets that differentially support antibody secretion. Immunity. 2011;34(1):108-21.
  3. Bentebibel SE, Lopez S, Obermoser G, Schmitt N, Mueller C, Harrod C, Flano E, Mejias A, Albrecht RA, Blankenship D, Xu H, Pascual V, Banchereau J, Garcia-Sastre A, Palucka AK, Ramilo O, Ueno H. Induction of ICOS+CXCR3+CXCR5+ TH cells correlates with antibody responses to influenza vaccination. Sci Transl Med. 2013;5(176):176ra32.
  4. Schmitt N, Liu Y, Bentebibel SE, Munagala I, Bourdery L, Venuprasad K, Banchereau J, Ueno H. The cytokine TGF-beta co-opts signaling via STAT3-STAT4 to promote the differentiation of human TFH cells. Nat Immunol. 2014;15(9):856-65.
  5. Jacquemin C, Schmitt N, Contin-Bordes C, Liu Y, Narayanan P, Seneschal J, Maurouard T, Dougall D, Davizon ES, Dumortier H, Douchet I, Raffray L, Richez C, Lazaro E, Duffau P, Truchetet ME, Khoryati L, Mercie P, Couzi L, Merville P, Schaeverbeke T, Viallard JF, Pellegrin JL, Moreau JF, Muller S, Zurawski S, Coffman RL, Pascual V, Ueno H*, Blanco P*. OX40 Ligand Contributes to Human Lupus Pathogenesis by Promoting T Follicular Helper Response. Immunity. 2015;42(6):1159-70. * Equal contributors.

研究室

教授:上野 英樹
准教授:吉富 啓之
TEL:075-753-4658
FAX:​075-753-4403
E-Mail:​ ueno.hideki.8e@kyoto-u.ac.jp