微生物感染症学

中川先生顔写真教授 中川 一路
Nakagawa Ichiro, D.D.S, Ph.D. Professor  btn

我々の研究室では、種々の病原性細菌のゲノム情報解析を通じてそれらの病原性獲得機構と進化の道程を明らかにすると共に、細菌の宿主細胞内での動態を分子レベルで解析することにより、細菌感染症に対する新規予防法や治療方法を確立することを目標としています。これら細菌、宿主の両面同時に情報、実験を駆使するハイブリッドアプローチで取組んでいることが本研究室の特徴です。

研究・教育について

いわゆる病原細菌の一部は、健康なヒトの咽頭や消化管、表皮にも生息しています。その一つであるA群レンサ球菌は、溶連菌感染症と呼ばれる各種の化膿性疾患や、産生する毒素による全身性疾患、あるいは感染後に一種の合併症として起きる免疫性疾患など、多様な疾患の原因となります。ごくありふれた病原菌・常在菌の一種であるものの、場合によっては劇症型レンサ球菌感染症(壊死性筋膜炎など)と呼ばれる、進行の早い致死性疾患の原因となることがあり、俗に人食いバクテリアと称されることがある。我々は、このA群レンサ球菌などをモデルとして、常在している病原性細菌がどのようにヒトと共進化してきたのか?また、常在から劇症化するメカニズムについて研究を行っている。各種研究機関と共同で、数1000株の臨床分離株の全ゲノム情報解析を行っている。また、病原因子の機能解析、哺乳類培養細胞を用いた宿主免疫システムとの相互作用解析、マウスを用いたin vivoの感染メカニズム解析などを行なっている。 大学院生には、バイオインフォマティクスから細胞生物学まで様々な手法を用いた研究の中で、研究者としての基礎が身につくよう指導します。

server3情報解析の肝となるストレージ。100TBの遺伝情報が入っています

image28細胞生物実験で欠かせない共焦点レーザー顕微鏡


研究業績

1.Ito, C., Saito, Y., Nozawa, T., Fujii, S., Sawa, T., Inoue, H., Matsunaga, T., Khan, S., Akashi, S., Hashimoto, R., Aikawa, C., Takahashi, E., Sagara, H., Komatsu, M., Tanaka, K., Akaike, T., Nakagawa, I., Arimoto, H. Endogenous nitrated nucleotide is a key mediator of autophagy and innate defense against bacteria.Mol. Cell. 52:794-804, 2013.
2.Yoshikawa, Y., Ogawa, M., Hain, T., Yoshida, M., Fukumatsu, M., Kim, M., Mimuro, H., Nakagawa, I., Yanagawa, T., Ishii, T., Kakizuka, A., Sztul, E., Chakraborty, T., Sasakawa, C.Listeria monocytogenes ActA-mediated escape from autophagic recognition.Nat. Cell. Biol. 11:1233-1240, 2009.
3.Yamaguchi, H., Nakagawa, I., Yamamoto, A., Amano, A., Noda, T., Yoshimori, T. An initial step of GAS-containing autophagosome-like vacuoles formation requires Rab7.PLoS Pathog. 5:e1000670, 2009.
4.Nakagawa, I., Amano, A., Mizushima, N., Yamamoto, A., Yamaguchi, H., Kamimoto, T., Nara, A., Funao J, Nakata M, Tsuda K, Hamada S, Yoshimori T. Autophagy defends cells against invading group A Streptococcus.Science 306: 1037-1040, 2004.
5.Nakagawa, I., Kurokawa, K., Yamashita, A., Nakata, M., Tomiyasu, Y., Okahashi, N., Kawabata, S., Yamazaki, K., Shiba, T., Yasunaga, T., Hayashi, H., Hattori, M., Hamada, S. Genome sequence of an M3 strain of Streptococcus pyogenes reveals a large-scale genomic rearrangement in invasive strains and new insights into phage evolution.Genome Res. 13:1042-1055, 2003.
.

研究室

教 授 中川 一路
准教授 丸山史人
助 教 土屋晃介
助 教 原英樹
助 教 野澤孝志
TEL: 075-753-4448
FAX: 075-753-4446
E-mail:nakagawa.ichiro.7w@kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.bac.med.kyoto-u.ac.jp