学科長メッセージ


人間健康科学科長 澤本伸克


京都大学医学部人間健康科学科は、その源流を明治32年(1899年)にもち、以来百有余年の歴史があります。これまで、本学科は看護師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師などの国家資格をもつ医療人を養成してきました。しかし、近年の医学の進歩と時代の変化に対応するため、先端看護科学コース、先端リハビリテーション科学コース、総合医療科学コースの3コースに改組しました。

今回の組織改革で、学生の皆さんが将来、医学・医療に関わるものとして大きく成長していくためのプログラムをさらに充実させました。京都大学医学研究科、医学部附属病院、iPS細胞研究所、ウイルス・再生医科学研究所をはじめとする部局で、世界をリードする独創的な研究をされている先生方が、講義や指導を担当して下さいます。学部で基礎を固め、修士課程、博士後期課程へと進学して専門領域を深め、最先端医療を担う医療人や世界トップレベルの研究者に育っていただきたいと思います。

学部の入学試験は、コース別ではなく学科として一括で行い、入学後に医学の基礎科目を履修する中で自分に適した希望コースを選択できます。ただし、入学前から看護師、理学療法士、作業療法士を志すことが明確である場合には、特色入試の受験で希望コースに入学することができます。総合医療科学コースでは、4回生の研究室配属でiPS細胞研究所をはじめ、医学研究科に所属する多くの研究室で研究に従事することも可能です。

医学部人間健康科学科の最も重要な使命は、京都大学らしく自由を重んじ、世界をリードする医療人・医学研究者を育てていくことです。学部と大学院の一貫教育を修めた学生の皆さんの中から、自らの方法で知識を消化し、最先端医療を担う医療人が育っていただけると思います。臨床現場で活躍する専門職はもちろん、新しい薬剤や医療機器を届ける臨床研究や医療行政に関わる方も生まれてほしいと思います。また、京都大学は全国の医科系大学に教員を輩出する役割も求められていると考えます。学生の皆さんの中から、看護師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師の指導者が輩出されることを望んでいます。一方で、現在の医療では十分な診断や治療が難しい病気に悩む患者さんも少なくありません。自由なアイデアで混沌の中に真理を見いだし、新たな医学領域を開拓する医学研究者が生まれることも願っています。京都大学で医学の基礎を学び、科学的な思考能力を養った学生の皆さんが、生物科学を超えた総合的な人間の学問としての医学を実践し、発展させる医療人・医学研究者として育っていくことを期待しています。

2019年1月16日