理念と目標(医学部人間健康科学科)

医学・医療が高度化・先端化する一方で、疾病を予防し、人々の健康を保持増進することや、疾病や障害と共生しながら質の高い生活を支援する健康科学への期 待が高まっています。京都大学医学部人間健康科学科は、看護学専攻、検査技術科学専攻、理学療法学専攻、作業療法学専攻の4専攻を設置し、健康科学におい て広い視野と高度な知識・技術、そして豊かな人間性を備えた医療スタッフの教育・育成を行います。
また、複雑化する社会にあって、健康科学を新しい学問的分野として追究することが求められています。このような社会的要請の中で、学問に対する探求心と人間に対する深い洞察力、さらには高い倫理観を兼ね備えた国際的にも活躍できる人材を世に送り出すことを目指します。