人間健康科学科カリキュラムポリシー

京都大学医学部人間健康科学科の教育理念とディプロマ・ポリシーを受け、全学部共通科目、専門教育科目を体系的に編成し、講義、演習、実験、実習を適切に組み合わせた授業科目を開講します。教育課程については、コースツリーやナンバリングを用いてその体系性や構造を明示します。

  1. 導入(1年次前・後期)
    京都大学が全学部生に向けて開講している全学共通科目を履修して幅広い教養を身につけ、科学的思考の基盤を形成すると同時に、医学部人間健康科学科が専門基礎科目として開講する初年次教育科目の「人間健康科学」における早期体験実習等を通し、将来の高度医療専門職や総合医療科学領域の専門家としての活動を想起します。
  2. 基礎(2年次前・後期)
    解剖学、生理学、病理学などの基礎医学科目を学び、その基盤の上に臨床疾病論を学びます。これらの科目は
    先端看護科学コース[http://www.med.kyoto-u.ac.jp/hs/hs-soshikisaihen/hs_ans/]、
    先端リハビリテーション科学コース[http://www.med.kyoto-u.ac.jp/hs/hs-soshikisaihen/hs_ars/]、
    総合医療科学コース[http://www.med.kyoto-u.ac.jp/hs/hs-soshikisaihen/hs_mms/]のどのコースに進む場合にもその後の学習のための知識の根幹となるものであり、将来の高度医療専門職や総合医療科学領域の専門家となるための基礎科目として学習します。
  3. 専門領域(2年次後期以後)
    2年次後期以後は先端看護科学コース、先端リハビリテーション科学コース、総合医療科学コースのいずれかを希望に応じて選択し、各コースにおいて高度医療専門職や総合医療科学領域の専門家となるための実践的な科目を履修します。
  4. 発展領域
    医学・医療は日々新しい技術が開発され、臨床試験等を経て臨床応用されています。iPS再生医療、臨床開発・臨床研究、ビッグデータ医科学、等の新規性のある科目において世界最先端の教育を受け、高度医療専門職や総合医療科学領域の専門家として発展するための基礎にします。
  5. 臨床実習(3年次前・後期~4年次前期)
    高度医療専門職育成を目指す先端看護科学コースおよび先端リハビリテーション科学コース、ならびに総合医療科学コースの臨床検査技師取得プログラムでは臨床実習を行います。この臨床実習では単なる見学ではなく、臨床実習指導者の指導・監督の下に患者を担当し、実際の医療現場でチーム医療に貢献しながら、自律的で能動的に臨床能力を身につけます。
  6. 卒業研究(4年次前・後期)
    高度医療専門職や総合医療科学領域の研究家になるためには研究マインドは不可欠です。臨床実習等で発見した実践的課題や、授業で関心を抱いた探究すべき科学的課題等について、卒業研究として取組みます。
  7. 大学院との接続
    専門領域の科目、発展領域の科目および卒業研究はいずれも大学院との接続を強く意識して編成されています。大学院進学者は学部との連続性を保ちながら世界最先端の研究に取組み、より高い水準の高度医療専門職や総合医療科学領域の専門家になることを目指します。
[人間健康科学科ウェブサイト:教育課程 http://www.med.kyoto-u.ac.jp/hs/education/]