京都大学における教育課程の概要

人間健康科学科は,入学当初より専門科目の一部履修やアーリー・エクスポージャー(早期臨床体験),問題解決型授業,全専攻の学生が合同で学ぶ融合型授業を取り入れています。
修業年限は4年で,その間に全学共通科目,専門基礎科目,専門科目を履修します。いずれの専攻も初めの2年間は,主に全学共通科目を履修し,幅広い教養を身に付けます。全学共通科目の履修については,「2-3 セメスター制の履修方法」の項,入学時,進学時の履修ガイダンスを参考に,卒業時に必要単位数が不足することのないよう注意してください。
全学共通科目と並行し,第Ⅳセメスターまでに専門基礎科目を履修します。そして第Ⅲセメスターより本格的に,各専攻別に専門科目の履修が始まります。また,学年進行に伴い,病院などにおける臨床,臨地実習を,また,第4学年では卒業研究を行います。
なお,臨床実習開始前にチェックポイントがあります。定められた単位を修得していない場合は臨床実習への参加ができません。全専攻とも必要単位,望まれる履修科目,専門科目が異なっています。
各自が全学共通科目,専門基礎科目,専門科目ごとに履修要件,卒業要件を十分に把握しておいてください。