理念と目標(人間健康科学系専攻)

修士課程 教育研究上の理念、目的

国内外における移植医療、再生医療、遺伝子治療、医用工学などの急速な進歩に伴って新たな医療が創生される世紀に入った。今後さらにこれらを発展させるためには、これら高度先進医療の一翼を担う高度医療専門職(高度実践指導者)としての看護師、助産師、保健師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士等が不可欠である。また、高度先進医療を受けた患者が疾病や障害と共生しながら質の高い在宅生活に移行するためQOL(Quality of Life)の視点から、また少子高齢化を迎えたわが国において高齢者が自立して望ましい状態で人生を過ごすため地域ネットワーク等を活用した生活支援の充実が急務である。この実現には、地域の関連諸機関や他職種と連携・協働しながら効果的かつ質の高いケアを提供できる高度医療専門職が不可欠である。
人が健康を維持・増進するためにはからだの健康とともにこころの健康が重要である。ヒトの真の健康を追求しこれを具体化するため、その理論と実践を確立する学、健康科学を構築しこれを発展させることが必要である。
以上より、相応しい資質と能力を備え、かつ高度な専門的ケアを自ら提供し、そして指導できる高度医療専門職を養成すること、そして新たな医療におけるキュア(治癒)の追求、新たな医療に対応するケアの開発と普及、さらに地域生活支援のための施策の企画や保健医療福祉システムの構築など、高度でかつ学際的、革新的な研究を推進する研究者を育成する教育・研究機関が必要である。
上記の理念と目的に基づいて、高度医療専門職の養成と独創的かつ斬新的な教育・研究を推進する教育者・研究者の養成を両輪とする「人間健康科学系専攻」を、高度先進医療分野において世界をリードし新たな医療の拠点となっている京都大学大学院医学研究科に設置する。

博士後期課程 教育研究上の理念、目的

生命科学の飛躍的発展により、純粋な真理の探究や新理論の構築にとどまらず、その成果が直接社会に還元されるものとなった。医療現場では再生医療、移植医療、遺伝子医療など新しい発想と方法論による治療戦略が提案され実践しつつある。一方で医療の目的は単に疾病の治癒だけでなく、より良い生活の質、充実した人生をも重視するよう多様化している。また、少子化・高齢化の進むわが国では、社会の変化に柔軟に対応できる保健システム、福祉システムの再構築が必要となっている。
人間健康科学系専攻(修士課程)は、「人の健康を、医療・保健・福祉の面において、回復・保持・増進するため医学並びに人文・社会科学を基盤として全人的視点から深く考究することにより、その理論を構築し、これを実践する方法と技術を確立すること、特にキュアとケアの視点から人間のからだとこころの健康をつくるために理論と実践を追求・開発し展開すること」を理念として設置した。
博士課程では、人間の真の健康を創生するため、そして自らの健康創生を支援するための教育・研究をさらに発展させ、健康科学理論の構築や先進的医療技術・こころのケア技術の開発を行い、社会に貢献できる教育・研究者を養成する。