人間健康科学系専攻カリキュラム・ポリシー

医学研究科人間健康科学系専攻修士課程では、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するために、コースツリーを作成し、多様かつ調和のとれた教育体系のもと、以下を重視した教育を実施することを基本方針としています。

1.演習、セミナー、実習、研究指導等を通して高い倫理観と責任感の醸成
2.基盤的・先端的な専門知識と高度な技能の修得
3.看護科学、リハビリテーション科学、総合医療科学の分野横断的な学修
4.課題解決・問題解決能力の涵養
5.高度な調査能力、分析・判断能力の涵養
6.創造性豊かな優れた研究能力、開発能力

また、高度先進医療を推し進め、更にこれからの我が国にふさわしい保健・医療・福祉を構築するとともに、新しい「人間健康科学」を確立するために、目標とする健康を理論的に体系化し、これを実現するための方法の確立と実践を目指します。このような理念をもとに本課程は看護科学、検査技術科学、リハビリテーション科学のコースを設け、望ましい医療を確実に提供できる高い臨床能力と豊かな人間性を備えた医療専門職を養成し、基礎と臨床の融合と異なる領域との連携を通して京都大学の知財を活用して新たな「人間健康科学」の展開を担う教育者と研究者を育成します。

学生は、指導教員の指導による専門必修科目、特別研究を中心に、共通必修科目、選択科目を履修します。選択科目には、全学共通科目の大学院共通科目や社会健康医学系専攻の科目も履修可能で、他分野にまたがる横断的な科目履修が可能です。これらの科目の学習成果は、筆記試験やレポート・演習・実験・実習成果をもって評価されます。

医学研究科人間健康科学系専攻博士後期課程では、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するために、コースツリーを作成し、多様かつ調和のとれた教育体系のもと、以下を重視した教育を実施することを基本方針としています。

1.特講演習、研究指導等を通して高い倫理観と責任感の醸成
2.創造性豊かな、優れた研究能力、開発能力の育成
3.基盤的、先端的な専門知識と高度な技能の修得
4.高度な調査能力、分析・判断能力の涵養
5.創造性豊かな優れた研究能力、開発能力、論文執筆能力の育成
6.看護科学、検査技術科学、リハビリテーション科学の各領域において国際的水準で議論できる能力の涵養
7.研究成果を世界に向けて発信し、世界を牽引する能力の涵養

また、真の健康を創生するための学、人間健康科学の理論を確立し、実践へ展開することを目指します。人間健康科学の分野において主導的な役割を果たすためには専門分野はもちろんのこと他領域にわたる包括的な管理・運営能力が求められます。そこで、本課程は専門分野別のコースに加え近未来型人間健康科学融合ユニットを設け、医・工・薬・理並びに人文系学問との融合により心身の健康の診断、治療、健康増進の理論を構築し、これを実践する方法と技術を確立する、健康の創生に向けた新しい視点に立ち健康科学の発展とこれを担う人材を養成します。

学生は、指導教員の指導による特講や特講演習、特別研究を中心に、分野横断型の融合ユニット科目を履修します。これらの科目の学習成果は、筆記試験やレポート・演習・実験・実習成果をもって評価されます。