人間健康科学系専攻アドミッションポリシー

人間健康科学系専攻(修士課程)


わが国の医学・医療はめざましい進歩を遂げつつありますが、今後ともこれを発展させることが必要です。京都大学大学院医学研究科は高度先進医療を推し進め、さらにこれからの日本にふさわしい保健・医療・福祉を構築するため、新しい科学「人間健康科学」を提唱し発展させてきました。人間健康科学系専攻は目標とする「健康」を理論的に体系化し、そしてこれを実現するための方法の確立と実践を目指します。このような理念の基に、望ましい医療を確実に患者さんへ届けられる高い臨床能力と豊かな人間性を備えた医療専門職を育成し、そして基礎と臨床の融合、及び異なる領域との連携など京都大学の知材を活用して新たな展開を担う教育・研究者を育成します。

人間健康科学系専攻(博士後期課程)


本学は医学の研究を通して疾病の予防や治療に大きな役割を果たしてきましたが、今後とも疾病の克服に向けた展開を追求するとともに、さらに真の健康を創生するための新しい学、人間健康科学の理論を確立し、実践へ展開すべく人間健康科学系専攻に博士後期課程を発足させることとなりました。
医学・医療の分野において本領域の指導的役割を果たすためには、自らの専門分野のみならず多領域にわたってトータルに包括的な管理・運営する能力が求められます。そこで従来の専門分野別コースに加え、それらにまたがる本学特有の「融合ユニット」を立ち上げます。
健康創生に向けたこのような新しい視点に立ち人間健康科学の発展とこれを担う人材育成を目ざして医学・医療の領域のみならず産・公からも広く人材を求め、そして産・公・学へ広く人材を輩出する計画です。意欲ある皆さんの参画を心より期待します。