理念と目標

理念と目標(医学部医学科)

京都大学医学部は、医療の第一線で活躍する優秀な臨床医、医療専門職とともに、次世代の医学を担う医学研究者、教育者の養成をその責務とする。
京都大学医学部が育てるのは、単に既存の知識を応用して医療にあたるだけでなく、病気など医学事象の背後にあるものを見抜き、自分の頭で考え、新たな知を創出できる人間、また、広く社会と人間行動を理解し病める人の感情を洞察できる人間、社会全体の健康をめざし高い倫理観を持って行動する人間である。
また、これを人類すべてに発信できる国際性豊かな人間を育てることも我々の使命である。


理念と目標(医学研究科)

京都大学大学院医学研究科は、医学を、生命科学と理工学をResearcher_conducting_experiment_at_openlab基盤とし、個および集団としての 人の健康と疾病を取り扱う統合的な学問と位置づけ、生命現象の根本原理、病気の成因、病態 の機構を解明し、その成果を先進的医療と疾病予防に発展させる国際的研究拠点を形成する。

これにより、専門領域での深い学識に加え基礎生物学から臨床医学・社会医学までを見通す広い視野を備えた医学研究者の養成を行う。

 

 


理念と目標(医学部人間健康科学科)

我が国における医学医療の進歩はこれまで困難とした疾病の診断や治療の多くを可能としてきた。そして移植医療や再生医療,iPS細胞治療などの高度・先進医療によって益々の発展が期待され,今後においてはこれらの具体化が重要である。一方,少子高齢社会の到来により,高齢者特有の疾病や障害を治療し予防すること,また家族の健康を維持・増進することは最重要課題であり,急務となっている。このような諸課題を的確に捉え,解決するため,その到達像としての「望ましい真の健康」を明確にし,その達成に必要な理論と方法を確立すること,そして実践に向けて展開していくことが必要である。そこで,京都大学医学部人間健康科学科では,学部教育において高度医療専門職並びに世界レベルの研究者・教育者育成の素地を養い,大学院への進学を向上させるべく教育カリキュラムを構築し,世界トップレベルの先端医療技術を牽引する人材を育成する。