医学部医学科アドミッションポリシー

京都大学医学部は、1899年(明治32年)に京都帝国大学医科大学として創立された百有余年の歴史と伝統持つ医学部として、世界に誇る指導的な医学者、医学研究者を輩出してきました。医学部医学科は、京都大学が創立以来築いてきた自由の学風を継承し、医療の原点である「人を愛する」精神のもと、学生の自主性、自己啓発を教育の主眼として、個性豊かな創造性の涵養を目指しています。
このような方針を踏まえ、世界の医学・医療の発展を担い、人類の健康と福祉に貢献できる人材を育成するために、以下のような学生の入学を期待します。

【医学部医学科が望む学生像】

  • 自ら課題を発掘する好奇心や探究心、それを解決しようとする主体性を持っている人
  • 高い倫理性と豊かな人間性を備え、他者との協調性を持っている人
  • 優れた知的能力とともに、国際的視野を持っている人
入学する学生には高等学校等において、教育課程の教科・科目の習得による基礎学力に加え、分析力や俯瞰力により、これを高度な学びへと展開できる向学心を培うことを求めます。医学部医学科が望む学生を選抜するために、一般入試(前期日程)は、大学入試センター試験並びに個別学力審査及び面接試験により、総合的に合格者を決定します。
また、医学・生命科学に深い関心を持ち、真摯な姿勢、強い熱意を持って真理を探究し、世界の医学をリードする医学研究者としての資質・適性を持つ人材を求め、特色入試を実施します。高等学校での成績および英語能力において所定の基準を満たす学生を対象に、高等学校での取り組みや医学研究に対する考えに関する報告書等の提出書類並びに小論文試験及び面接試験により、合格者を決定します。


医学研究科アドミッションポリシー

医学専攻博士課程
京都大学・マギル大学ゲノム医学国際連携専攻博士課程
医科学専攻修士課程
医科学専攻博士後期課程
社会健康医学系専攻専門職学位課程
社会健康医学系専攻博士後期課程
人間健康科学系専攻修士課程
人間健康科学系専攻博士後期課程

医学専攻博士課程

医学研究者の使命は、人間の身体の働きとその異常によって起こる病気のメカニズムを明らかにし、その知識を予防や治療に役立てることにある。ことに学問の専門化、多様化、国際化が進む今日にあっては、医学研究者には、専門分野での高度なトレーニングに加え、広い興味と視野、個別的な知識を統合しようとする視点、他分野の研究者と協力しつつ新たな分野を切り開く能力、社会の発展に貢献する意識、国際社会に貢献するための見識や倫理性などの涵養が求められるようになってきている。
このような展望のもと、本専攻博士課程では、英語や基礎医学、臨床医学に関する基礎知識を有し医学研究を通して自らの能力を活かそうとする強い意欲と積極性を持った人材を求めている。
入学者選別にあたっては、一般選抜及び社会人特別選抜の区分に分けて実施し、いずれにおいても英語や基礎・臨床医学の基礎学力を評価する筆記試験および口頭試問を実施し、総合的に判定する。


京都大学・マギル大学ゲノム医学国際連携専攻博士課程

本専攻博士課程では、ヒト生物学研究に関する専門性の高い経験・技能を有するだけでなく医学にも広汎かつ深い知識を有し、かつグローバルな視点から医療・研究を捉えることができるリーダーを育成することを基本理念としている。学力はもとより、分子生物学、医科学に強い関心を持ち、創造性と深い分析・判断力、研究者として適切な倫理的責任感を備え、高いコミュニケーション能力を持つ者、あるいはそれが期待できる資質を備えていることをアドミッション・ポリシーとし、強い研究志向を持った卓越したゲノム医学研究者を育て、医学の発展に向けてリーダーシップを発揮できる人材の養成を目指している。
本専攻では、以下のような学生の入学を希望する。
・生命ビッグデータを解析する高度な技術を修得し、第一線の研究を遂行するために必要とされる能力を身につけたいと考えている者
・人類遺伝学、ヒト疾患ゲノム疫学、ゲノム情報科学、統計遺伝学の分野での学識を持ち、将来これらのゲノム医学分野の教育者として後進を育成したいと考えている者
・修了後には、専門的知識・経験を活かし、公的研究機関や医療関係機関において国際的な基礎研究および臨床研究のプロジェクトリーダーを目指している者
入学者選別にあたっては、第一次選考においては、英語や専門科目の筆記試験および口頭試問により、英語や基礎、臨床医学における基礎学力を備えているか総合的に判定し、第二次選考においては、第一次選考合格者を対象に、書類選考により、マギル大学との総合評価で選考する。なお、英語を母語としない者は、TOEFL iBT 86点以上(4つのセクション[Reading、Listening、Speaking、Writing]のそれぞれが20点を下回らないこと)、あるいはTOEFL PBT 567点以上の英語能力を必要とする。


医科学専攻修士課程

本専攻修士課程は、医学部医学科以外の学部教育を受けた学生に、医科学分野における基礎知識習得と研究トレーニングの場を提供し、幅広い視野を持ち、高い倫理的責任感を備えた優れた医科学研究者を養成することを目的としている。そのため、学部において生物関連科目を履修しなかった学生にも2年間で医学生物学の概要を習得し、研究を通じて高いコミュニケーション能力を養い、研究課題を自ら設定できるようカリキュラムを組んでいる。また、博士後期課程への進学を前提とした研究者養成教育も行っている。
本課程では、他学部で学んだ専門知識や技術を、医学に関連する学際的研究分野の開拓に積極的に役立てようとする意欲と展望を持った優秀な学生を広く求めている。
入学者選抜にあたっては、英語や医学の基礎となる生物学に関する学力検査(外部試験を含む)および口頭試問により、総合的に判定する。


医科学専攻博士後期課程

本専攻博士後期課程は、従来の伝統的な医学の枠組みを超えた融合領域の創世とそれを担い得る研究者・教育者の養成を行うため、理学・工学分野等にバックグラウンドを持つ学生に対し、従来と異なる視点に立って医学に関する知識を教育することによって、既存の枠を超え、高度な専門知識・技術と医学を結んだ新たな医科学者の研究者・教育者を養成することを目的としている。そのため、3年間で医科学分野での高度で幅広い専門知識を習得し、研究を通じて高いコミュニケーション能力を養うことができるようカリキュラムを組んでいる。また、研究者としての高い倫理的責任感や後進を指導できるリーダーシップを備えた人材の養成を目指している。
本課程では、学部や修士課程で学んだ専門知識や技術を、医学に関連する学際的研究分野の開拓に積極的に役立てようとする意欲と展望を持った優秀な学生を広く求めている。
入学者選抜にあたっては、英語に関する学力検査(外部試験)と口頭試問を実施し、研究企画、遂行能力や研究説明能力を備えているか総合的に判定する。


社会健康医学系専攻専門職学位課程

本専攻専門職学位課程は、将来、保健・医療・福祉分野における専門職あるいは教育研究職につくことを希望する者が、「社会における人間」の健康に関わる問題を探知・評価・分析・解決するために、高い倫理的責任感を備え、優れた教養の下、必要となる高い専門知識、専門的技術、態度、そして高度な専門的職業人に必要な理論と実務の両面にわたる能力を身につけることを目的としている。勉学の対象となる学問分野は、自然科学から人文科学にわたっていることから、あらゆる分野の出身者で、国内外の保健・医療・福祉分野で高度専門職業人あるいは教育研究者としての活躍をめざす意欲あふれる者、そして専門職に必要な要件を積極的かつ自律的に獲得する意思のある者を求める。
入学者選抜にあたっては、一般選抜及び社会人選抜の区分に分けて実施し、いずれにおいても英語や専門科目の筆記試験および口頭試問により、語学力、コミュニケーション能力、専門的な知識と考察力、専門職に向けての意欲、これまでの実績等を総合的に加味し、評価判定する。

なお、本専攻には、次の特別コースが開設されている。
【遺伝カウンセラー(GC)コース】(2年制)
先端医療に対応できる高度な専門的知識とコミュニケーション能力を持ち、患者・家族・被験者の立場を理解して新医療とのインターフェースとなりうる人材を総合的に養成する。新しい分野に挑戦したい意欲のある者を求める。
【臨床統計家育成(CB)コース】(2年制)
本コースは、高い倫理性、科学的客観性をもった臨床統計家(臨床試験に関わる統計専門職)の育成を目的としている。本コースでは、データサイエンスや統計学に関心のある者を、医学知識の有無を問わず受け入れている。なお大学院入学に最低限必要な統計学の素養として、統計検定2級程度の能力が必要となる。(統計検定2級の資格を持つことが入学の条件ではない。)
【臨床研究者養成(MCR)コース】(1年制)
本コースは、医師・歯科医師を対象とした1年制のコースである。これまでわが国の医学研究は、主に生命科学研究に重点をおいてきたが、同時にヒトや集団を単位とした臨床研究を推進する必要がある。MCRは、この領域で活躍する研究者を育成するためのわが国で初めての本格的な教育課程である。自らの臨床経験に根ざしたリサーチ・クエスチョンにもとづいた臨床研究を志す者を求める。
【知的財産経営学プログラム】(2年制)
経済競争力強化と人類の健康向上のため、革新的医薬品などの医療イノベーションの創出が望まれている。そのためには、大学等の基礎・臨床研究から生まれる研究成果を知的財産として保護し、産業界で成果を最大限活用することができる知的財産マネージャー及びアントレプレナーが必要であり、この分野で活躍したい意欲あふれる者を求める。
【1年制MPHコース】(1年制)
本コースは、公衆衛生の実務経験を有する者を対象とした1年制の専門職学位課程である。我が国では現場での公衆衛生実務経験を体系的に理論化し、さらに高度な専門性を身につける教育課程は十分に整備されてこなかった。自らの実務経験を基に、さらに高度な専門性を身につけたい者を対象とし、従来の枠にとらわれず、幅広い公衆衛生実務経験を経て高度な専門性を獲得する。
例えば、これまでに行政機関(保健福祉医療関係、産業保健機関あるいは環境保健機関)、健保組合等の保険者、病院・診療所等の医療機関、介護老人施設、医薬品産業、医療関連産業、環境関連産業その他医療福祉関係団体(NPO・NGO)、企業における環境保健部門や産業保健部門、医療制度や病院経営に関わるシンクタンク、マスコミなど報道機関、法曹分野で実務経験を有する者があげられる。保健福祉医療分野の実務経験としては、医師・歯科医師・獣医師・薬剤師・保健師・管理栄養士などの資格で、行政機関あるいは医療機関における2年以上の勤務経験(原則として常勤(週32時間以上))等が挙げられる。本コースは2年制MPHと併願することができるが、臨床研究者養成(MCR)コースとの併願はできない。


社会健康医学系専攻博士後期課程

本専攻博士後期課程は、「社会における人間」の健康や疾病に関わる問題を探知・評価・分析・解決するために必要な基盤となる学識および専門的知識、技術、態度および高い倫理性と強固な責任感を備え、保健・医療・福祉分野での高度な学術研究を自立して実施できる人材を養成することを目的としており、課程修了者には、将来、国内外の保健・医療・福祉分野における高度な教育・研究に携わることを期待している。研究対象となる学問分野は、自然科学から人文社会科学にわたり広範な学際性を有することから、あらゆる分野の出身者で、上記目的を遂行しうる意欲にあふれる者、そして必要要件を積極的かつ自律的に獲得する意思のある者を求める。
入学者選抜にあたっては、一般選抜及び社会人選抜の区分に分けて実施し、いずれにおいても英語や専門科目の筆記試験および口頭試問により、国内外に発信できる語学力、高いコミュニケーション能力、学術の高度化に寄与する意欲、研究課題を自ら設定できること、これまでの実績等を総合的に加味し、評価判定する。


人間健康科学系専攻修士課程

わが国の医学・医療はめざましい進歩を遂げつつありますが、今後ともこれを発展させることが必要です。京都大学大学院医学研究科は高度先進医療を推し進め、さらにこれからの日本にふさわしい保健・医療・福祉を構築するため、新しい科学「人間健康科学」を提唱し発展させてきました。人間健康科学系専攻は目標とする「健康」を理論的に体系化し、そしてこれを実現するための方法の確立と実践を目指します。このような理念の基に、望ましい医療を確実に患者さんへ届けられる高い臨床能力と豊かな人間性を備えた医療専門職を育成し、そして基礎と臨床の融合、及び異なる領域との連携など京都大学の知材を活用して新たな展開を担う教育・研究者を育成します。これからの医療を支えていこうという熱意を持った皆さんの入学を歓迎します。


人間健康科学系専攻博士後期課程

本学は医学の研究を通して疾病の予防や治療に大きな役割を果たしてきましたが、今後とも疾病の克服に向けた展開を追求するとともに、さらに真の健康を創生するための新しい学、人間健康科学の理論を確立し、実践へ展開すべく人間健康科学系専攻に博士後期課程を発足させました。  医学・医療の分野において本領域の指導的役割を果たすためには、自らの専門分野のみならず多領域にわたって包括的な管理・運営する能力が求められます。そこで従来の専門分野別コースに加え、医・工・薬・理ならびに人文社会系学問の融合により心身の診断・治療・健康増進の理論を構築し、これを実践する方法と技術を確立するため、「近未来型人間健康科学融合ユニット」を設置しました。  健康創生に向けたこのような新しい視点に立ち人間健康科学の発展とこれを担う人材育成を目ざして医学・医療の領域のみならず産・公からも広く人材を求め、そして産・公・学へ広く人材を輩出する計画です。意欲ある皆さんの参画を心より期待します。