医学部長メッセージ


医学部長 岩井 一宏

京都大学医学部は、1899年(明治32年)に京都帝国大学医科大学として創立されて以来、百有余年の歴史と伝統をもつ医学部です。京都大学の校風である「自由の学風」を慕って全国各地から高い志を胸に秘めた気鋭の若者が集い、京都の地で日々切磋琢磨することで、幾多の日本・世界をリードする医学者・医学研究者を輩出するとともに、多くの独創的な医療や研究成果を発信してきました。

疾患で苦しんでおられる多くの人たちに福音をもたらすことができるよう、疾患の克服に誠心誠意尽力すること、それらに資する人材を育成すること、それは京都大学医学部が目指していることです。そのためには医学・医療の最先端の知識と技術を体得することは言うまでもなく必須ですが、それだけでは不十分で広範な分野にわたる教養と技術の習得も不可欠です。それらの素養を総動員して、高い知的好奇心を持った鋭い観察、その観察を踏まえた実践、深い洞察を経て未知なる命題を解明して、オリジナルな新たな価値観を創造できる人材の育成を目指しています。真摯な姿勢で失敗にもめげず、根気強く、信念を持って未知の問題の究明に立ち向かうことも必要であろうと思います。

京都大学医学部は医学者・医師を養成する医学科と看護師などを養成する人間健康科学科から構成されていますが、学風・伝統を大切にしつつ、現代・未来の医学・医療を担う人材の育成を目指して、両学科ともに教育カリキュラムの大変革を行いました。医学科では医学・医療人として身につけるべき必修科目である、基礎医学・臨床医学のカリキュラム73週の参加型臨床実習に加え、国際化を視野に英語で医学を学べる講義などを準備しました。さらに、いくつかの独自の教育プログラムとして、1回生時から本研究科に所属する多様な研究室で研究に従事するMD研究者育成プログラムや、4回生時には夏期休暇を含めれば4ヶ月近くの期間、様々な自主研鑽(研究室での研究、海外研究施設への短期留学など)を行うことのできるマイコース・プログラム、さらに進んで高度な研究への熱意を有する学生さんにはMD・PhDコースを用意しています。同コースには、4回生終了時に直ちに大学院へ進学し学位を取得した後、再度臨床研修に戻り医師資格を取得するコースと、6年間の学部生の間にMD研究者育成プログラムを修めた学生が引き続き大学院に進学する、2種のコースが準備されています。2016年度からは研究志向の高い学生さんに向けた推薦型の特色入試も始めております。これまで京都大学医学部では学生の自主性を重んじ、学生が講義の合間を縫って自由に興味のある研究室に出入りし、セミナーや研究に参加することを奨励してきました。これらのプログラムはこの伝統を踏まえたものであり、学生さんが各々の興味や関心に従って自主的に履修するプログラムです。

人間健康科学科は、これまで看護師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師などの国家資格を有する医療人を養成してきました。しかし、近年の医療の急速な発展を踏まえ、それら国家資格を持つ医療従事者のみではなく、現代・未来の医療に不可欠な人材の育成を目指して、先端看護科学コース、先端リハビリテーション科学コース、総合医療科学コースの3コースに改組しました。入学試験は、コース別ではなく学科として一括で行い、入学後、それぞれの仕事に実際に触れてから自分の希望するコースを選択できます。ただし、既に看護師、理学療法士、作業療法士になりたいと決めておられる場合は、特色入試を受験することで希望のコースに入学することができます。総合医療科学コースでは、4回生の研究室配属でiPS細胞研究所を始め、医学研究科に所属する研究室で研究に従事することが可能です。

京都大学医学部の最も重要な使命は、京都大学らしく学生さんたちの自由を尊重しつつ、多くの世界をリードする国際的な医学研究者・医療人を育て輩出していくことです。京都大学医学部に集う学生さんたちは、自ら進んで教員にアクセスして、自らを高め、世界をリードする人材に育っていただきたいと思っています。私たち京都大学医学部の構成員はそのような学生さんたちへの支援は惜しみません。それが京都大学医学部の長い歴史と伝統です。

(平成30年10月1日)