大学院専攻紹介

医学専攻:博士課程(4年一貫制)

医科学専攻:修士課程(2年)・博士後期課程(3年)

社会健康医学系専攻:専門職学位課程(2年)・博士後期課程(3年)

人間健康科学系専攻:修士課程(2年)・博士後期課程(3年)

医学専攻:博士課程(4年一貫制)

21 世紀を迎えて医学生物学の領域では、膨大なゲノム貞応の解明に支えられ巨大なパラダイムシフトを経験しつつあり、医学は薬学・理学・工学分野等と密に融合 し学際的な分野を形成しようとしています。一方、臨床医学にあっては、疾患の原因、診断、治療の研究にとどまらず、臓器移植、体外受精、遺伝子治療など生 命倫理に関わる問題や先端医療の進歩と生命の尊厳との調和、超高齢化社会の到来による疾病構造の変化、患者やQOLを重視した医療などの問題が更に重要な 課題として浮かび上がり、医学・医療を取り巻く環境は大きく変貌しようとしています。

本専攻の研究分野は、基幹講座による67分野と、再生 医科学研究所、ウイルス研究所、放射線生物研究センター、化学研究所、国際融合創造センター、東南アジア研究所、原子炉実験所、保健管理センターの協力講 座による48分野、連携大学院(学外の専門研究機関)による8分野の計123分野からなり、最新の医学に関する幅広い知識を体系的、集中的に教育し、独創 的な研究活動を積極的に推進することにより、国際的レベルの医学分野の研究者、教育者、先進的な医療の担い手を養成しようとしています。

本 専攻では、平成17年10月から、平成17年度文部科学省科学技術振興調整費振興分野人材養成プログラムの採択を受けて、医学研究科、工学研究科、及び再 生医科学研究科等が中心となり京都大学の部局を横断した、ナノテクノロジーとライフサイエンス、並びに医学が融合して初めて実現できる「ナノメディシン」 という新しい先端医工学領域である「ナノメディシン融合教育ユニット」による教育を開始しました。

【 information 】
医学研究科(4年一貫制-博士課程)では従来、生理系、病理系、内科系、外科系、分子医学系、脳統御医科学系の6専攻に分類された研究分野の研究室に学生を配属させ、そこで指導教員によるマンツーマンの個人指導により教育を行ってきました。
平成17年10月1日からは、従来とおりの研究分野における教育に加えて、医学・生命化学分野における科学技術の顕著な進展に伴う医学研究の個別専門領域 の境界を越えた集学的研究の拡大に対応するために設定した12の大学院教育コースにおいて、最新の医学に関する幅広い知識を体系的に、集中的に教育する 「大学院教育コース」による教育を開始しました。また、6専攻を医学専攻1専攻に改組しました。

 

社会医学系専攻は、専門職大学院である社会健康医学系専攻(School of Public Health)の17分野(下表)のうち、医学専攻博士課程(4年一貫制)を提供する以下の8分野から成る。

・医療疫学 ・薬剤疫学 ・医療経済学 ・医療倫理学

・環境衛生学 ・社会疫学 ・健康情報学 ・健康増進・行動学

医科学専攻:修士課程(2年)・博士後期課程(3年)

医科学修士課程は平成12年4月に設置され、医学以外の学部教育を受けた幅広い自然科学分野の知識を有する学生に対して、医学分野の基礎的な知識と医科学研究の基礎トレーニングを行い、優れた医科学研究者を育成しています。
ま た、医科学博士課程は平成17年4月に設置され、従来の伝統的な医学の枠組みを超えた融合領域の創世とそれを担い得る研究者・教育者の養成を行うため、理 学・工学分野等にバックグラウンドを持つ学生に対し、従来と異なる視点に立って医学に関する知識を教育することによって、既存の枠を超え、高度な専門知 識・技術と医学を結んだ新たな医科学者の研究者・教育者を養成しています。
【 information 】
医科学専攻の研究分野は医学専攻の専門分野を参照下さい。

研究分野の紹介ページへ

社会健康医学系専攻:専門職学位課程(2年)・博士後期課程(3年)

社会健康医学系専攻は、医学専攻博士課程(4年一貫制)とは別に、専門職学位課程(1年制・2年制)、博士後期課程(3年制)を提供している(下表)。

名称未設定-2
社会健康医学系専攻ホームページ: http://sph.med.kyoto-u.ac.jp/
 

人間健康科学系専攻:修士課程(2年)・博士後期課程(3年)

本専攻においては人の真の健康を創生するため、医学をはじめとする自然科学並びに人文・社会科学を基盤とし、全人的視野に立って医療・保健・福祉を深く考察した人間健康科学を追究します。その理論を構築し、実践の方法と技術を確立させ、そして実践へと展開してゆきます。
高度先進医療を駆使して疾病をcureに導くとともにcareの理論と実践を追求すること、また高齢化社会における質の高い生活を確立すること、さらにからだとこころの健康を維持・増進することを具体的な目標とします。
これを達成するため、本領域の研究を推進するとともに、看護科学、検査技術科学、リハビリテーション科学の3コースにおいて優れた高度医療専門職の育成と将来の教育・研究者を志す人材を養成します。
hs_ghs_view