理学療法学専攻

専攻紹介   特徴   資格について   進路   写真  

専攻紹介

理学療法とは、医学的リハビリテーションの一分野です。リハビリテーションとは、障害を持つことになった人々が、障害を持ちながらも生き甲斐のある充実した生活を送れるようにと、医学的・教育的・社会的・職業的な面から、あらゆる可能性を引き出すことです。医学的リハビリテーションではこの理念に基づいて、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・臨床検査技師・臨床心理士などによるチームアプローチによって、全人的な医療がなされます。
その中で理学療法は、日常生活の中で基本となる移動や歩行能力を獲得させるという、身体障害の改善のための有効な治療法を提供しています。理学療法士は、その専門性を生かし、医師と共同して、運動療法、日常生活動作訓練などを進めます。
理学療法士は、病院・リハビリテーションセンター・小児施設・老人施設・在宅・スポーツ関係など、障害を持ったあらゆる年齢層の人々を対象とし、さまざまな分野で活躍しています。今後は、医療機器開発関係、福祉関係、研究施設等へと、その活躍の場を広げていくことが期待されます。理学療法士の果していく役割は、ますます大きなものになっていくことが予想されます。

特徴

本専攻の最大の特徴は、附属病院で実践される先端医療を目の辺りにした臨床教育に学生が自ら参画できる環境にあるということです。また本専攻の教育目標のひとつは、科学的な根拠のある医療(Evidence Based Medicine:EBM)に基づいた判断ができる理学療法士を育てることにあります。このため、基礎教育科目やセミナー、卒業研究などを通して科学的なものの見方を養い、臨床教育により実践的な問題解決能力をそれぞれ育成します。本専攻の卒業生の中から、将来学問としての理学療法学の飛躍的発展に寄与する人材が輩出されるものと期待されます。

資格について

当専攻を卒業した者、卒業見込み者には、理学療法士の国家試験受験資格が与えられます。この国家試験に合格すると理学療法士の資格を得ることができます。

進路

近年、理学療法士養成施設は急増していますが、高度先端医療などの高い専門性が求められる現場においても対応できるように、大学で高度な専門教育を学んだ理学療法士の需要は今後ますます向上していくと考えられます。

リハビリテーションセンター,国公立病院,私立病院,老人保健施設,肢体不自由児施設,通所リハビリテーション施設,大学院進学,行政機関,教育機関,研究機関など

 

写真1 写真2 写真3

     運動能力測定の実習                機器を用いた運動の分析