履修プロセス

学位授与までの教育プロセスと管理

学位授与は、研究テーマにつき所属教室の指導教員(恒常的指導)と討論し、早い時期に教育コースミーティングでそのテーマの研究背景・目的・発展性などにつき発表して、関連分野の教員からも助言を受ける。研究の進展につれ、必要となった実験技術について、随時、コースでの実験技術指導を受ける。

学生は学位研究のプロセスを教育コースミーティングにおいて発表し、教育コース教員は履修学生の研究進捗状況を把握し、場合よっては、合宿・コロキウムでの外部評価も経験させ、多面的に評価をうける。学位論文の審査は、最終的には研究科で設置される調査委員会で行われるが、その前に、最も専門性の近い教育コースミーティングで徹底した議論を受ける。

京都大学医学研究科における履修プロセス概念図

本医学研究科・医学専攻の教育課程の編成は、上の履修プロセスの概念図に示す通り、所属教室での専門分野教育と大学院教育コースでのコースワーク教育の2本立てで行う。

所属教室での専門分野教育は、論文精読、セミナー、学会への参加・発表などで、専門分野の最新の研究動向、知識、技術が伝授され、研究テーマの選定とそれに沿った徹底した研究指導を行う。それとともに、大学院生は、いずれかの大学院教育コースに登録し、当該分野の自分の研究を発表するとともに、他の大学院生、教員の研究発表を聞き、討議することにより、当該研究分野に関してより幅の広い知識と考え方を得る。

また、共通プログラム導入コースでは、研究の作法とともに、技術原理セミナーとトレーニングを通して、研究技術の発展・開発過程と現在の応用、更に将来の発展性を理解させる。また、研究分野の歴史を学び、基礎的素養を涵養するともに、自分の研究の位置づけを考えさせる。更に、発展コースではキャリア形成の要件を習得させる。これらの多面的な教育により、独自の研究分野を開拓し、国際的な研究を展開するリーダーになりうる人材を育成する。
 

教育方法の工夫

教育コースの導入コース研究入門では、大学院に履修指導を行うと共に、サイエンティストのキャリア形成過程についても講述し、キャリアパス全体が見渡せるようにする。また、上述したように、本研究科の教育課程は、所属研究室による少人数教育に、大学院コースでの複数教員の指導をあわせたものになっている。また、コースでの履修は、講義、実習、実験を組み合わせたものになっている。