分野別11コース

発生・細胞生物学・システム生物学コース

免疫・アレルギー・感染コース

腫瘍学コース

ゲノム・オミックス統計解析コース

神経科学コース

生活習慣病・老化・代謝医学コース

再生医療・臓器再建医学コース

病理形態・病態医学コース

臨床研究コース

社会健康医学コース

医工情報学連携コース

免疫・アレルギー・感染コース

概要

系統的演習と実習により、学生に基礎免疫学の概念と基本的技術を十全に習得させるとともに、感染症、アレルギー、自己免疫疾患、移植や腫瘍免疫、白血病やリンパ腫などの多様な領域における臨床・応用免疫学の最新の知識と研究の動向を理解させ、これらの総合的理解に基づき基礎および臨床免疫関連分野における独自の研究を展開しうる広い視点と技術をもった学生の養成をはかる。

構成

分野名等 教授 准教授 講師 助教
免疫細胞生物学 濱崎 洋子 瀬海 美穂
微生物感染症学  中川 一路 丸山 史人 野澤 孝志
相川 知宏
消化器内科学  妹尾 浩 松浦 稔

山本 修司
臨床免疫学 ○三森 経世  大村 浩一郎 吉藤 元
中嶋 蘭    村上 孝作
(寄)リウマチ性疾患制御学講座  田中 真生

(特定)
 橋本 求

(特定)
皮膚科学  椛島 健治  本田 哲也

鬼頭 昭彦

大日 輝記
大塚 篤司

中島 沙恵子

中嶋 千紗

江川 形平
臨床病態検査学 一山 智
(寄)免疫ゲノム医学講座 本庶 佑(特任) 小林 牧
Nasim Begum
 茶本 健司
社会疫学 木原 正博 木原 雅子
探索医療センター 清水 章
発達小児科学  西小森 隆太
血液・腫瘍内科学 高折 晃史 北脇 年雄

白川 康太郎

進藤 岳郎
婦人科学・産科学 吉岡 弓子
集中治療部 瀬川 一
(ウ再)再生免疫学分野 河本 宏  宮崎 正輝  増田 喬子
(ウ再)組織再生応用分野 吉富 啓之
(ウ再)再生実験動物施設 廣田 圭司
(ウ再)細胞制御研究分野 杉田 昌彦 森田 大輔

水谷 龍明
(ウ再)生体防御研究分野 ★生田 宏一  原 崇裕

崔 広為
(ウ再)感染防御研究分野  竹内 理 三野 享史

植畑 拓也(特定)

 
(ウ再)霊長類モデル研究領域 三浦 智行
(ウ再)ウイルス病態研究領域 小柳 義夫  佐藤 佳
(ウ再)ヒトがんウイルス研究分野 朝長 啓造  堀江 真行(特定)  

牧野 晶子     (特定)
★:オーガナイザー   ○:サブオーガナイザー
(寄):寄附講座
(ウ再):ウイルス・再生医科学研究所

内容

1. 演習:4単位


  1. 基礎免疫生物学概論(担当:湊、本庶、清水)
  2. 感染症学の基礎と臨床、感染症の社会学(担当:一山、木原、非常勤)
  3. アレルギー・免疫疾患の成因と病態(担当:三森)
  4. 応用免疫学と探索研究-移植と癌(担当:湊、清水、非常勤)

2. 実習:2単位
本コース所属大学院生は、本コースに所属する各研究室において、下記より希望する技術の修得が可能


  1. 免疫学の基礎技術
    (遺伝子、抗体、リンパ球、動物取扱、移植実験、免疫組織学、ヒト検体、血液細胞)
    2ヶ月(担当:湊、本庶、清水各研究室)
  2. 細菌学の基礎技術
    (細菌取扱、細菌培養、感染実験、感染疫学)
    2ヶ月(担当:一山研究室)
  3. アレルギー学・臨床免疫学の基礎技術
    (分子薬理学、アレルゲン、自己抗体、免疫病理学)
    2ヶ月(担当:三森各研究室)
*コースミーティング第一日程:毎月第二水曜日

取得目標

(考え方)


  • 生体防御の全体像の理解
  • 生体防御の宿主要因(免疫応答の機構)と感染要因(微生物の基礎知識)のストラテジーの理解
  • 免疫病の発症機構と病態の理解

( 技術 )


  • モノクローナル抗体の作成技術
  • 各種免疫組織染色技術
  • 多変量フローサイトメトリーによる細胞解析と分離技術
  • 免疫沈降、イムノブロット、 ELIZAなどの免疫生化学技術
  • 骨髄移植、皮膚移植などの生体移植技術
  • 各種サイトカインの測定技術
  • 各種リンパ球の機能解析技術
  • 微生物の培養と遺伝子取扱技術
  • 各種自己抗体の測定技術
  • 実験動物を用いた感染実験の技術
//