本庶 佑名誉教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されました(2018年10月1日)

京都大学医学部出身で元医学研究科長でいらっしゃる本庶佑先生がノーベル生理学・医学賞を受賞されましたこと、心からお祝い申し上げます。
このたびの本庶先生の受賞は、先生が源流を見いだされ大きく発展された研究が、多くのがんに苦しむ人たちに福音をもたらされたことが高く評価されての受賞であり、大変素晴らしく存じ上げます。
また、研究者の興味に基づく基礎研究の成果が花開いた、世界中のすべての基礎研究者にとって励みとなる素晴らしい受賞だと思います。

私ども医学研究科・医学部の構成員にとりましても本当に栄誉なことでございます。私ども医学研究科に集う若い研究者が基礎医学分野に興味を持って研究を推進し、本庶先生のあとに続くことができますことを期待しています。

2018年10月1日
医学研究科長・医学部長
岩井一宏

本庶佑 高等研究院副院長・特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞(2018年10月1日)(京大HP)



医学研究科での受賞を祝した花束贈呈の様子



受賞のお祝いを述べられる岩井医学研究科長


受賞の挨拶をされる本庶先生


本庶先生を囲む医学研究科教授たち




京都大学総合博物館での「本庶先生ノーベル賞受賞速報展」の様子