ニュース

Kyoto University School of Public Health (KUSPH) invites its students and staff to the special short course on “Participatory Action Research” by 2 leading experts

Kyoto University School of Public Health (KUSPH) invites its students and staff to the special short course on “Participatory Action Research” by 2 leading experts:

Prof. Pranee Liamputtong, Western Sydney University, the editor of “Participatory Qualitative Research Methodologies in Health”, and also the author of over 300 books, book chapters, and publications.
Assistant Prof. Alicia Renedo, Lead Researcher of Dialogue, Evidence, Participation and Translation for Health (DEPTH), London School of Hygiene & Tropical Medicine.

This Short Course will cover basic theory and methods of participatory action research, together with demonstration of case studies. We are expecting active participation, discussions, and group works. The Short Course will be conducted in English.

Date: November 21 and 22, 2019

Walk-ins are welcomed also, although, we prefer that you register so we can prepare enough handouts for you.
Please register in the link below by November 19 https://forms.gle/bYhvK68p1wbKwGyL8

Thank you and we look forward to your participation!

Best regards,
KUSPH-SGU International Office

医学研究科人間健康科学系専攻看護科学コース(人間健康科学系)准教授・講師候補者 募集

医学研究科人間健康科学系専攻看護科学コース(人間健康科学系)准教授・講師候補者 募集

提出書類・記載要領はこちらからダウンロードしてください

第119回京都大学医学部解剖体祭

◆2019年10月16日(水)
第119回京都大学医学部解剖体祭

京都大学医学部では、令和元年10月16日(水)京都市左京区 くろ谷 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)において「京都大学医学部解剖体祭」を執り行いました。

解剖体祭は昨年の合祀以降令和元年7月31日までの間に、京都大学医学部並びに関連の病院において解剖(系統・病理・法医)の承諾を賜りました212位を合祀させていただくとともに、諸霊位、並びにご遺族の皆様方に心からの感謝と敬意を表すもので119回目を迎えました。

式典にはご遺族199名、来賓20名、医学部教職員等66名、学生130名、白菊会会員146名 計561名の出席があり、本堂での法要につづき、隣接する納骨塔において大塔婆を建立しました。

また、「解剖体祭」終了後、同寺の大方丈において京大白菊会(ご献体を登録された方々の任意篤志団体)総会が開催されました。

令和元年度 遺骨返還式を実施致しました

◆2019年9月20日
令和元年度 遺骨返還式

京都大学医学部では、令和元年度の解剖実習終了に際し、火葬を終えた27柱のご遺骨をご遺族に返還する「遺骨返還式」を解剖センター基礎第三講堂において執り行いました。
遺骨返還式には、ご遺族をはじめ関係教職員、関係学生など約200名が出席、はじめに、尊いご遺体を提供いただいた27柱の御霊に対し黙祷を捧げた後、岩井 一宏医学部長、生態構造医学講座 萩原 正敏教授、京大白菊会 内藤 洋理事長からの挨拶、関係学生を代表して医学部医学科2回生 木山 珠希さんより医学の教育と研究のために尊いご遺体をご寄贈いただいた方々とご遺族に対して、深い感謝の意と今後の医学への精進が述べられました。
引き続き、出席者全員による献花が行われた後、ご遺族へ文部科学大臣の感謝状の伝達とご遺骨が返還されました。