ニュース

「京都大学技術イノベーション事業化コース(実践ワークショップ)」2017年後期受講生募集のご案内

産官学連携本部では、本学の知・研究成果(シーズ)の事業化を目的として、前期に東京オフィスで実施した若手事業推進者のための「京都大学技術イノベーション事業化コース(実践ワークショップ)」を後期は吉田キャンパスにて開催します。

このコースでは、受講生が取り組むテーマについて検討し、それぞれのテーマ(4~5件を想定)と本学の研究成果とのマッチングを行ったうえで事業化プランの作成を行います。

詳細・申込みは、以下をご覧ください。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/events_news/department/sankangaku/news/2017/170929_1.html

【お問い合わせ先】
産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門
E-mail:venture@saci.kyoto-u.ac.jp

第6回国際再生リハビリテーションシンポジウム

再生医療技術は急速に発展しており、関連するリハビリテーションの発展が急務となっています。しかし、その重要性は認識されているものの、再生医療において適切なリハビリテーションを展開するために必要となる基礎的な知見の集積や、その理論構築へ向けた体系的な取り組みは始まったばかりです。

本国際シンポジウムでは、多岐に渡る研究者および臨床家を一堂に会し、この新しい再生医療の安全性・有効性・経済性を高め、困難な疾患を患った方の治癒および社会復帰を目標に討議します。


開催日 2017年11月01日 水曜日 〜 2017年11月03日 金曜日
時間 11月1日: 18時30分~21時00分
11月2日: 8時30分~20時00分
11月3日: 8時30分~13時30分
 開催地  Wyndham Grand Pittsburgh Downtown, Pittsburgh, PA
 Location  http://www.ar3t.pitt.edu/symposium2017/location.html
 対象  研究者、臨床従事者、大学院生
 詳細等 プログラムの詳細については、以下のURLをご確認ください。
http://www.ar3t.pitt.edu/symposium2017/agenda.html
 申し込み 以下のWebサイトからお申し込みください。
http://www.ar3t.pitt.edu/symposium2017/registration.html
 申し込み締切日 2017年10月31日 火曜日
 問い合わせ Katy Wharton(担当)
McGowan Institute for Regenerative Medicine.
450 Technology Drive, Suite 300, Pittsburgh, PA 15219
E-mail: rehabmtg*pitt.edu (*を@に変えてください)
Tel: 412-624-5293
Fax: 412-624-5228
 関連リンク  http://www.ar3t.pitt.edu/symposium2017/2017symposium.html
備考(その他) 主催、共催: 京都大学、ピッツバーグ大学(University of Pittsburgh)