プレスリリース・広報

“The 6th Kyoto Course on Bioinformatics for Genomic Medicine: Course on Computational Genomics and International Symposium on Disease Genomics”を開催します。

2018年10月2日(火)から6日(土)の5日間にわたり、 “The 6th Kyoto Course on Bioinformatics for Genomic Medicine: Course on Computational Genomics and International Symposium on Disease Genomics” を開催します。

本会議は、今後のゲノム医学をリードする人材の育成を目的として、内外の一流講師陣による実践的なトレーニングコースと世界的ゲノム医学者によるシンポジウムを併せて開催するものです。

10月2日から5日まで開催するトレーニングコースでは、世界有数の研究機関から講師を招聘し、ヒトゲノム・オミックス解析に必要な最先端のデータ処理技術、解析手法に関する講義、実習を行います。
トレーニングコースは参加人数を限定した集中講義、実習となりますので、参加ご希望の方は、まずはウェブサイトのApplication Form にてお申し込みください。(申し込み締め切り:9月10日)
https://www.genome.med.kyoto-u.ac.jp/NgsCourse/

10月6日には、世界的ゲノム医学者の最新の知見に触れる公開シンポジウムを開催します。今回は、疾患遺伝学に焦点をあてた内容になる予定です。
シンポジウムは、どなたでも無料でご参加いただけます。

多数のご参加をお待ちしています。

The Kyoto Course on Bioinformatics for Genomic Medicine 組織委員会
委員長 松田 文彦

事務局
京都大学医学研究科附属ゲノム医学センター
〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町53 南部総合研究1号館5F
Phone: 075-751-4157 Fax: 075-751-4167
Email: ngs_course@genome.med.kyoto-u.ac.jp

平成30年度 大倉辰三郎・喜美奨学金認定式を実施

◆2018年 7月25日(水)
平成30年度 大倉辰三郎・喜美奨学金認定式を実施

京都大学医学部では、平成30年度大倉辰三郎(おおくら たつさぶろう)・喜美奨学金制度による認定式を医学部小会議室において執り行いました。

本奨学金は、本学医学部を昭和10年にご卒業、名古屋市内で開業医をされていた大倉辰三郎先生並びに喜美ご夫妻のご遺志による寄附を受けて、医学部医学科生への奨学支援を目的に、平成25年度に創設されたものです。

認定式では、上本研究科長より奨学生に対し、奨学生証の授与が行われ、大倉先生のご遺志を勉学に役立て、研究者や医師等となって社会へ還元することの期待が述べられました。