プレスリリース・広報

第75回京都大学原爆災害綜合研究調査班遭難者の慰霊について

令和2年9月12日(土)に、広島県廿日市市宮浜温泉において、第75回京都大学原爆災害綜合研究調査班遭難者の慰霊を行いました。本年は5年に1度の式典を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応として、例年より規模を縮小した自由参拝形式にて執り行いました。当日はご遺族、名誉教授、廿日市市長、同市議会議長、市役所関係者、廿日市市大野支所長、広島市関係者、広島京大会関係者、芝蘭会広島支部関係者、京都大学からは、岩井研究科長はじめ副研究科長・副病院長・医学研究科職員、芝蘭会事務局等30名の参拝者があり無事慰霊を執り行うことができました。

(京都大学原爆災害綜合研究調査班)
京都大学原爆災害綜合研究調査班は、1945(昭和20)年8月6日に原子爆弾が投下された広島にいち早く赴き、被爆者の診療及び調査研究を行っていましたが、同年9月17日に西日本を襲った枕崎台風により、滞在先の大野陸軍病院が山津波に見舞われました。この時、理学部、医学部の教官と学生ら約50人で編成された調査班の班員のうち、11名が多くの患者とともに犠牲となりました。

        松本廿日市市長                岩井研究科長

京都大学医学研究科がん免疫総合研究センター緊急シンポジウム
「新型コロナウイルス感染対策におけるPCR検査の利点と課題」〜感染制御と社会経済を両立した健康で豊かな社会を取り戻すために〜 を2020年10月5日に開催いたします。

本年1月にSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の日本で最初の感染が報告され、同1月28日に感染症法に基づく指定感染症に指定されるとともに、行政検査による感染対策が始まりました。
しかしながら、検査機関や医療機関における感染検査体制の整備が遅れたため必要な数の検査の実施が出来ず、また医療機関における感染者の受け入れや診療の体制を含めた危機管理の脆弱さが露呈するなど、多くの課題が明らかになりました。
感染検査の拡大は、水面下の感染者の特定と隔離による公衆衛生上の感染制御、医療機関における通常の診療業務や社会経済活動の再開の観点から不可欠なことは共通の認識であると思います。しかしながら、最も有効な方法であるPCR検査の意義と利用目的については、政府、地方自治体、医療機関、産業界等において様々な意見があります。
本シンポジウムではPCR 検査の利点と課題を明確にし、感染制御と社会経済を両立した国民の健康で豊かな社会を取り戻すための方法論と提言に向けた本質的な議論をパネルディスカッション形式で行いたいと考えています。
多数のご参加をお待ちしております。

【詳細ならびに事前申込について】
https://www.ccii.med.kyoto-u.ac.jp/news/20200915.html

【問合せ先】
京都大学大学院医学研究科附属がん免疫総合研究センター事務局
060office-ccii@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

「本庶佑先生 ノーベル生理学・医学賞 受賞記念モニュメント」を設置しました(2020年9月16日)

京都大学大学院医学研究科は、このたび、医学研究科附属がん免疫総合研究センター長である本庶佑先生が、2018年ノーベル生理学・医学賞を受賞されたことを末永く称え、本庶先生の研究に対する志や研究成果を広く学内外の方々、特に未来の医学研究を志す若い方々へ永続的に引き継いでいくため、医学部構内に記念モニュメントを設置しました。

2020年9月16日(水)に、モニュメントの全体デザインを行った安藤忠雄氏、山極壽一京都大学総長及び湊長博京都大学プロボスト・理事を迎え、本研究科からは本庶先生、岩井一宏研究科長が出席して、モニュメントの除幕式を執り行いました。

除幕式では、萩原正敏教授の司会進行のもと、岩井研究科長の挨拶に続き、除幕が行われ、最後に本庶先生の挨拶がありました。モニュメントの前で記念撮影も行われるなど、終始和やかな雰囲気で、記念のお披露目となりました。

モニュメント設置場所:
京都大学医学部構内(医学部構内正門西側)


記念モニュメント

   
挨拶する本庶先生(左) 岩井研究科長(右)