プレスリリース・広報

京都大学の全学部1~4回生が胸骨圧迫とAEDの使い方を学びました!!

平成27年度から始まった新入生への救命講習会。今年も平成30年4月3日(火)から4月5日(木)、全学機構ガイダンスで、新入生2,961人を対象に実施しました。今年はこの取り組みが始まって4年目、つまり今年で全学部の1~4回生すべてに対し、胸骨圧迫とAEDの使い方を指導することができたということになります。

40分間という短時間で、新入生全員が、心肺蘇生のトレーニングキット「あっぱくん®」を使って、胸骨圧迫とAED(自動体外式除細動器)の使い方について実技練習をしながら、救命救急の意義と具体的な方法を学びました。90%の学生が、「講習会は有意義であった」と述べており、「AEDの使い方や重要性について楽しく学ぶことができてよかった」「自分の行動で救われる人がいるかもしれないということを実感しました」などの感想を寄せてくれていました。この講習会には、人間健康科学系専攻の教員を中心に、医学部附属病院救急部、国際高等教育院などのべ180人以上もの教員がサポートスタッフとして参加しています。参加している私たち教員は、京都大学に入学してきた学生が、困っている人を見かけたら、自ら進んで助けられる心優しい人間になり京都大学を巣立っていくことを、心から願って毎年オリエンテーションでこの「いのち」の教育を行っています。
今回の講習会は、京大広報にも掲載され(page 5051)、その様子が表紙を飾りました。また、今回の講習会の報告書は こちら です。講習会を受講した学生の「声」や準備などの手順書が報告書には含まれておりますので、是非ご覧ください。



 

平成30年度新入生3000名への救命講習会実施報告書

京大広報(平成30年5月号)

Kyoto University School of Public Health (KUSPH) invites ​all you to the 2018 special lecture series on “Research Integrity: Telling the truth and exposing lies” by Professor Ian Roberts from London School of Hygiene & Tropical Medicine.

Kyoto University School of Public Health (KUSPH) invites ​all you  to the 2018 special lecture series on “Research Integrity: Telling the truth and exposing lies” by Professor Ian Roberts from London School of Hygiene & Tropical Medicine.

Date: July 31-August 6, 2018

Details as attached.

Please register in the link below by July 15th:
https://goo.gl/forms/UDl3OVeQ3l3q6Nhz1

Thank you and we look forward to your participation!

Best regards,
KUSPH-SGU international office

【2018年7月2日開催】2018産学連携セミナーのご案内

この度、Innovative Medicine Initiative(IMI)よりExecutive DirectorのPierre Muelien博士をお迎えして、IMIにおける創薬活動についてご講演いただきます。
皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2018年7月2日(月)10時00分〜12時20分(開場 9時30分)

場所:医薬系総合研究棟3階セミナー室
(アクセス:http://www.ihk.med.kyoto-u.ac.jp/access

事前申込み:要
mi@kumbl.med.kyoto-u.ac.jpに氏名、所属/職位、メールアドレスをご連絡の上お申込みください。
6月25日(月)17時締め切り)

問い合わせ先:「医学領域」産学連携推進機構
Mail: mi@kumbl.med.kyoto-u.ac.jp
Tel: 075-366-7421