プレスリリース・広報

HiDEP特別シンポジウム/イノベーションハブ京都交流会 「最先端AIが変革する医療の世界」

近年のAI(人工知能)技術の飛躍的な進歩により、ビッグデータ解析、診断・治療の革新的支援など医療分野に大きな変革をもたらしつつあります。世界に目を向けると、米国、中国を中心に激烈な研究開発競争が展開されており、わが国においても医学、情報工学等の密接な連携の下、AIの社会実装が強く求められています。
今回のシンポジウムでは、医療分野におけるAI研究開発の第一線でご活躍されておられる4名の先生方をお招きし、それぞれの視点で最先端AIが変革する医療についてご講演いただきます。

【日時】2019年9月13日(金)14時00分~18時30分

【場所】京都大学 医薬系総合研究棟 1階 藤多記念ホール

【アクセス】http://www.ihk.med.kyoto-u.ac.jp/access

【主催】京都大学大学院 医学研究科「医学領域」産学連携推進機構

【共催】京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センター、(社)芝蘭会

【参加費】一般2,000円 学生1,000円(学生証提示) 懇親会:1,000円

【定員】250名

【参加申込】https://forms.gle/Zv17x6RiGw8NRK5d6

【締め切り】9月6日(金)(締め切り前であっても、定員に達ししだい締め切り)

【プログラム】
14:00-14:05
開会挨拶 岩井 一宏 京都大学大学院医学研究科 医学研究科長/「医学領域」産学連携推進機構 機構長

14:05-14:15
医療ヘルスケア・イノベーション起業家人材育成プログラム「HiDEPについて」 山口太郎 京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 特定助教

14:15-14:55
「社会実装を志向したAI搭載医療機器の開発」 浜本 隆二 (社)日本メディカルAI学会 代表理事

14:55-15:35
「医療・予防医療におけるAIの開発と活用に向けて」 瀬々 潤 株)ヒューマノーム研究所 代表取締役社長

15:35-15:50
コーヒーブレイク/名刺交換会

15:50-16:30
「深層学習の医療・創薬への応用」 石谷 隆一郎 (株)Preferred Networks リサーチャー/東京大学大学院理学系研究科 特任教授

16:30-17:10
「(仮)AIを用いた医療機器の承認審査の考え方」 加藤 健太郎 (独)医薬品医療機器総合機構(PMDA) 医療機器審査第一部 審査専門員

17:10-17:15
閉会挨拶 寺西 豊 京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 副機構長

17:15-18:30
懇親会/名刺交換会

【お問い合わせ先】
京都大学大学院 医学研究科「医学領域」産学連携推進機構
TEL:075-753-4387 E-mail:mail@ihk.med.kyoto-u.ac.jp

令和元年度 大倉辰三郎・喜美奨学金奨学生認定式を実施

京都大学医学部では、令和元年度大倉辰三郎・喜美奨学金制度による奨学生認定式を医学部小会議室において執り行いました。

本奨学金は、本学医学部を昭和10年にご卒業、名古屋市内で開業医をされていた大倉辰三郎先生並びに喜美ご夫妻のご遺志による寄附を受けて、医学部医学科生への奨学支援を目的に、平成25年度に創設されたものです。

認定式では、岩井学部長より奨学生に対し、奨学生証の授与が行われ、大倉先生のご遺志を勉学に役立て、研究者や医師等となって社会へ還元することへの期待が述べられ、また大森学務委員会委員長より奨学生としての自覚をもって勉学に励むよう激励の言葉がありました。

 

Kyoto University School of Public Health (KUSPH) invites its you to the special classes on “Exploring the Intersection between Policy, Technology and Global Health from a Multidisciplinary Perspective” and “Basic Publications Strategies”

Kyoto University School of Public Health (KUSPH) invites its you to the special classes on “Exploring the Intersection between Policy, Technology and Global Health from a Multidisciplinary Perspective” and “Basic Publications Strategies”

by Associate Professor Tim K. Mackey, UC San Diego (UCSD), the Director of GHPi, an Associate Professor of Anesthesiology and Global Public Health at UCSD School of Medicine, and is the Associate Director for the UCSD MAS Program in Health Policy & Law. He is currently the Section Editor of Global Health, BMC Public Health and the Editorial board of Global Health Governance, Blockchain in Healthcare Today, Medicine Access @ Point of Care, and BMC Medicine.

Date: Aug 22, 2019

Details as attached with this email.

Walk-ins are welcomed also, although, we prefer that you register so we can prepare enough handouts for you. Please register in the link below by Aug 20:
https://forms.gle/njiY8mNGjGUf62tN6

We look forward to your participation!

Best regards,
KUSPH-SGU international office