What’s New(教務ニュース)

平成30年度大倉辰三郎・喜美奨学金にかかる奨学生募集について

医学部医学科生 各位

平成30年度「大倉辰三郎・喜美奨学金」の奨学生を募集します。

本奨学金は、昭和10年京都大学医学部卒業生、故 大倉辰三郎氏のご遺志に基づく寄付金により、京都大学医学部医学科に在籍する学生への経済奨学援助を目的として、平成25年度に創設されました。

※ 「大倉辰三郎・喜美奨学金募集要項」に記載の「申請資格」に該当する学生が対象となります。

※ 詳細については募集要項を熟読のうえ、対象者で申請を希望する者は、申請書および必要書類を所定の期間内【厳守】に教務課学部教務掛窓口へ提出してください。

申請受付期間:平成30年5月7日(月)~5月18日(金)午後5時まで【厳守】

申請場所:京都大学医学研究科 教務課学部教務掛(医学部B棟1階)

「大倉辰三郎・喜美奨学金」募集要項(PDF)

申請書(様式)(Excel)

【参考】
採択された者は、年度末に報告書を提出すること。

報告書(様式)(Word)

京都大学医学研究科 教務課学部教務掛

注意喚起/ ラマダン期間のテロ注意情報(2018.04.12)

日本アイラックからの危機管理情報の発出がありましたので、海外渡航に際しての下記留意事項を改めて確認いただき、十分な対策を講じて頂きますよう、お願いいたします。

○テロ発生リスクに対する注意情報⑳ ラマダン期間のテロ注意情報(2018.04.12)

来月、イスラム教の断食月「ラマダン」が始まります。
ラマダン期間中、及びその前後(ラマダン明け祭り期間を含む)は、
毎年テロ発生リスクが高くなりますので注意が必要です。

◆2018年のラマダン期間: 5月15日~6月14日

◆参考:ラマダン前後に発生した主なテロ事件
【2016年ラマダン6/6→7/5】
6/7 トルコ・イスタンブールで警察車両を狙った爆弾テロ
6/9 イラク・バグダットと周辺での自爆テロ
6/12 アメリカ・オーランドのナイトクラブでの銃撃事件
6/28 トルコ・イスタンブール国際空港での自爆テロ
7/1 バングラデシュ・ダッカでのレストラン襲撃事件
7/3 イラク・バグダッド繁華街でのトラック爆弾テロ
7/4 サウジアラビア・メディナなど3都市での自爆テロ
7/14 フランス・ニースでのトラック突入テロ

【2017年ラマダン5/26→6/24】
5/22 イギリス・マンチェスターのイベント会場での自爆テロ
5/24 インドネシア・ジャカルタのバス停での自爆テロ
5/26 エジプト・中部ミニヤでのバス襲撃事件
6/3 イギリス・ロンドン橋での車突入と襲撃事件
6/7 イラン・テヘランの国会議事堂への襲撃事件
6/19 フランス・パリでの警察車両への車突入事件
6/21 アメリカ・ミシガン州の国際空港で男が警官を襲撃
6/23 パキスタン・各地で爆弾テロが発生
6/25 インドネシア・メダンでの警察署襲撃事件

最近の傾向として、西側諸国では、組織に繋がりを持たない個人が
社会に対する不満や経済的困窮等からイスラム過激派の主張に共鳴し、
車両突入や銃撃などの犯行に及ぶ、いわゆるローンウルフ型(または
ホームグロウン型)の犯行が多く発生しています。

各国の治安機関は摘発の手を緩めておらず一定の成果も挙げていますが、
組織につながりを持たない個人による犯行を完全に防ぐのは困難です。
(一方で、大規模なテロは一部の発展途上国を除いて減少しています)

以上のことから、海外へ学生や教職員を派遣されている大学、及び
これから派遣される予定の大学は、ラマダン前後は各地でテロの脅威が
高まることを踏まえ、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう
自ら最新情報の入手に努めることや、緊急連絡先を確認するなど案内
されることをおすすめします。

また、これから出発する学生に対しては、事前に適切な安全指導を
徹底されることを合わせておすすめします。

■渡航者向けの注意情報
①国や地域によって起こりうるテロのリスクは異なるため、
渡航先のテロに関する情報を予め自身でも把握する。
外務省海外安全HP:http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

②滞在中、公共交通機関を利用する場合は周囲の状況や
安全確保に十分注意を払う。

③イスラム過激派等によるテロの標的となりやすい宗教関連
施設(寺院、教会など)、軍や警察関係施設にはできる限り
近づかない。これらの施設を訪問(利用)する場合は
極力長時間留まらない。また、主要なホテルの入口や
フロント等の不特定多数の人が立ち入る場所にもできる
だけ長時間留まらない。
国によってはショッピング・モールや市場などの不特定
多数が集まる場所も注意が必要な場合がある。

※欧米の大使館や、欧米系ホテルチェーン・商業施設・エンター
テイメント施設・コンサート会場・イベント・デモや集会、
などでは引き続き注意が必要。

④空港及び駅では、テロを防止するため監視パトロールや
セキュリティが強化され、これに伴い空港到着までの幹線
道路や鉄道駅などでの検問、空港到着後のセキュリティ・
チェック(荷物、身体検査)の実施が予想されるため、
利用予定航空便などに乗り遅れることがないよう、出発
時刻の3時間以上前までに空港に到着するなど、余裕を
もった行動を心掛ける。

⑤万が一テロ等の不測の事態が発生した場合に備え、家族や
大学(担当者)との間での緊急連絡先を再確認しておく。
【参考情報】
・迅速に海外派遣留学生の安否が確認できるよう、弊社危機
管理サービスの登録に付帯する安否確認アプリ
『アイ・ファインダー』(無料)の設定をするようご案内
ください。予め設定されれば、緊急時にクラウドの専用
サイトから大学担当者からも安否確認が実施可能です。

⑥テロ事件等に遭遇した場合には、現地の日本国大使館又は
総領事館に至急連絡を入れる。
不測の事態に遭遇した際には、大使館からの緊急連絡・
指示を受けることができるよう準備しておく。
そのために渡航前に外務省の「たびレジ」または「在留届」
を必ず登録する。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

⑦テロ事件発生後は政府当局により治安の強化が図られ、
不用意な行動が治安当局に誤解を招く恐れがあるため、
夜間の外出や単独行動を極力しないよう行動に十分注意する。

【日本アイラックから発砲や爆発に遭遇した場合の基本行動】
1.発砲音や爆発音が聞こえたらすぐに伏せる
→ 伏せずに移動すると銃撃の標的になる等のリスクあり
2.伏せたまま頑丈な壁などの陰に移動し隠れる
→ その後周囲の状況を確認する
→ パニックに巻き込まれないように
3.移動しても危険が無いことが確認できたら、速やかにその場を
離れて安全な場所に移動する

【滞在場所を管轄する在外公館を確認】
〇外務省の在外公館リスト(国別)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/index.html
※渡航先を管轄している在外公館を必ず確認して下さい。
※外国籍の方は国籍に応じ渡航先の在外公館をご自身で確認下さい。

 

サマー・プログラム「CHINA-JAPAN-KOREA SERVE INITIATIVE 2018」参加者募集について

このたび、下記のとおり、サマー・プログラムの参加学生の募集が開始されますのでお知らせいたします。

募集要項

申請書

1.プログラム実施期間:平成30年8月4日(土)〜18日(土)(14日間)
2.募集人数:10名
3.申請方法:別添の申請書をメール添付または持込にて提出
4.申請受付期間:平成30年4月16日(月)〜5月10日(木)
5.書類審査結果通知:平成30年5月下旬頃に教務企画課より応募者へメール通知
6.その他:KULASIS掲載予定

(本件問合せ先)
教育推進・学生支援部教務企画課教育プロジェクト推進室 濱田・杉本
内線:7499/82395 E-mail:ksui-kkikaku-kyom02(at)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (at)を@に変えて送信のこと。

【注意喚起】廃棄物分別徹底のお願い

学生各位

医学部構内の廃棄物集積場所の一般廃棄物置場に回収できない紙類・プラスチック製品が数多くだされており、業者に回収を断られる事態が頻発しております。

学生サークルがだされたと思われるごみも大量にあり、ほとんどが回収できない状態でした。非常に高額な費用をかけて処分することになりますので以下十分に注意して分別回収に努めて下さい。

また、京都市の処分場において医学研究科から排出された一般廃棄物に雑がみ、廃プラスチックが多数混入していると指導を受けたため4月末に立ち入り調査が入ることになっております。

日ごろからご協力いただいてはおりますが、特に下記の事項にご注意いただきますよう改めてお願いたします。

※紙類は分別して、古紙の収集日に各建物の集積場所に出すこと。
医学部構内の廃棄物集積場所には古紙置場はありません。
空き箱・シュレッダーくずは古紙です。一般ごみにまぜないこと。

※弁当ガラや梱包材等のプラスチック類、プラスチック製品を一般廃棄物でださないこと。
実験用のチューブ等の包装物のような紙とプラスチックが混在しており分離が難しいものについては、廃プラスチック(産業廃棄物)です。

平成30年度静岡県医学修学研修資金「大学特別枠」貸与希望者の応募について

標記について、学部生および大学院生向けに案内がありましたのでお知らせします。
京都大学医学研究科・医学部は、当修学研修資金の「大学特別枠」の対象となっております。
申請を希望される方は、下記募集期間に教務課学部教務掛へ必要書類を提出してください。

募集期間:平成30年 4月16日(月)から 5月11日(金)17時まで
募集要項・申請様式:教務課学部教務掛窓口で配付しています。
もしくは、こちらからダウンロードしてください。→募集要項・様式

※参考※ 静岡県募集案内ホームページ http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-450/igakushougakukin.html

【内容に関する問い合わせ先】
静岡県地域医療課 chiikiiryou@pref.shizuoka.lg.jp
054-221-2868

学生海外研究活動助成金について International research purpose travel support

本プログラムは年度内に出発する概ね10日間以上の海外での研究活動に対する支援です。
大学院正規生が対象です。

1.募集期間:
2018年4月11日(水)~6月7日(木)12:00

2. 採択数と奨学金:
20件程度/1件につき20万円

3.応募方法:オンライン申請にて海外渡航計画書(兼推薦書)をアップロード。オンライン申請後に印刷した参加申込書に自署したもの及び、海外渡航計画書(兼推薦書)に指導教員の自署又は記名押印したものを国際教育交流課へ提出。(オンライン申請方法・海外渡航計画書(兼推薦書)のダウンロードはKULASIS に掲載済)

募集要項

4.書類審査結果通知:
2018年7月6日(金)に国際教育交流課より応募者へメールにて通知

(本件についての問い合わせ先)
教育推進・学生支援部国際教育交流課交流支援掛
内線:2561
E-mail: koryusien(at)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (at)を@に変えて送信

To know more about support, please ask your supervisor to assit you as the guideline and application form in only in Japanese.