What’s New(教務ニュース)

【注意喚起/ Overseas Travel Warning】米国:ハリケーン「マイケル」フロリダ州に上陸に伴う注意情報(2018.10.11):Hurricane Michael: State of Emergency Declared, USA

概  要:
日本アイラックより、米国で発生したハリケーン「マイケル」に関する
注意情報の発出がありましたので、お知らせいたします。
十分な安全対策を行っていただきますようお願いいたします。

Please note that the Japan IR&C Corporation has issued the
following updated risk management information on the Hurricane
Michael, which State of Emergency Declared, USA.
Please make sure to take due cautions for your safety.
For updates:
National Hurricane Center: http://www.nhc.noaa.gov/
Weather channel: https://weather.com/storms/hurricane-central

<日本アイラック 危機管理情報>
米ハリケーンセンターによりますと、現地時間10月10日午後、
メキシコ湾南部で発生した大型ハリケーン「マイケル」が
『カテゴリー4』の勢力を保ったまま米南部フロリダ州に上陸し、
フロリダ州及びアラバマ州で非常事態宣言が発令されています。
また、当局は今後通過が予測される近隣地域(ジョージア州,
サウスカロライナ州,ノースカロライナ州等)に対しても
厳重な警戒を呼び掛けています。

ハリケーン「マイケル」が上陸したフロリダ州、及び進路が
予想される上記地域への渡航者および渡航を予定している方は、
下記ウェブサイト等よりハリケーンの最新情報の入手に努め、
州当局(消防、警察など)を通して避難場所や避難経路の確認を
しておく等安全確保に十分注意してください。

■ハリケーン注意報・警報発令時
・避難ルートを確認し、避難勧告が出たらどこに滞在するか前もって
決めておく。万一に備え、滞在地の第2候補も決めておく。
・重要書類や貴重品の保管場所を確認(貴重品類は安全で直ぐに
取り出せる場所に保管しておく)
・州当局から避難勧告が出たら速やかに指示に従い行動する。
・暴風雨等により被災したり、または危険を感じた場合は、
在外公館に緊急連絡を入れ支援を求める。
・ウェブサイト、テレビ等で最新のハリケーン情報を入手する。

◎ハリケーン関連情報が入手できるウェブサイト
米国ナショナル・ハリケーン・センター:(http://www.nhc.noaa.gov/
ウェザー・チャンネル:(http://www.weather.com/

■ハリケーン通過中
・窓やドアからなるべく離れる。
・暴風雨が止んでもハリケーンの目の中にいる場合があるので、
すぐに外出しない。
・停電したら、故障防止の為、エアコンや電熱器等の電気製品
のスイッチを切る。

■ハリケーン通過後
・National Hurricane Centerや州当局から公式に「All Clear」
と発表されるまで外出しない。
・ハリケーン通過後や洪水時は、様々な危険が隠れているため
不要不急の外出は慎む。どうしても外出する必要がある時は
下記の注意事項を必ず確認する。
*家の近くや行き先付近で電線が切れていないか注意する。

強風によって引き千切られた電線が大変危険。
*道路脇の水路に気をつける。道路まで水が溢れている場合、
特に夜間の場合は、道路と水路の境目が分かりにくいので、
転落しないよう注意する。



○在マイアミ日本国総領事館
住所:Brickell City Tower, Suite 3200, 80 S.W. 8th Street,
Miami, Florida 33130, U.S.A.
電話:(市外局番305)- 530-9090
URL:https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在アトランタ日本国総領事館
電話:(市外局番404)240-4300
URL:https://www.atlanta.us.emb-japan.go.jp/nihongo/index.html

—————————————————————-
【渡航にあたり特に留意・周知いただきたい事項】
・事前に外務省海外安全HPや現地大使館HP等で現地の最新情報を確認し、
安全確保に努めること。
・外務省の渡航登録サービス(「たびレジ」又は「在留届」)へ登録する
こと。
・緊急連絡先(家族・職場・渡航先の大使館/総領事館、警察、救急、関係
機関等)を確認し、家族や大学関係者とも共有すること。
・日本アイラックと契約している部局では、同社システムへの渡航登録者は
専用アプリ『アイ・ファインダー』をダウンロード・インストールする
こと。(部局担当者は、同社ウェブサイト『アイ・サーチ』から安否確認
等を行うことができます)
・(参考)国際交流事務手続き(学内限定)教職員の海外渡航「危機管理」
URL:www.oc.kyoto-u.ac.jp/procedure/tokoryoken/toko-2-2/

※全学教職員グループウェアにも掲載しています。
※注意情報は近日中にKULASISにも掲示予定であることを申し添えます。
URL: https://www.k.kyoto-u.ac.jp/internal/top

Points to Note before Traveling Abroad
– If you are currently abroad or scheduled to travel abroad,
please be sure to take appropriate measures based on the
updated information. Please also advice all other faculty
members, staff members, and students to confirm the overseas
travel warning information as well.
– Please check the updated information issued by your home
country’s embassy or other diplomatic offices in the
country of destination.
– Be sure to confirm your emergency contact numbers (family
members, staff members at your workplace, pertinent embassy
or consulate, police, ambulance, related institution in
the country of your destination) and share them with your
family and staff members at your workplace.
– If your department has a contract with the Japan IR&C
Corporation, be sure to download and install the
“Eye Finder” application, which is provided to all
registered persons. (The application enables your
department’s staff to confirm your safety on the company’s
“i-search” website.)

Note: This warning information will also be posted on Kyoto
University’s Liberal Arts Syllabus Information System (KULASIS)
URL: https://www.k.kyoto-u.ac.jp/internal/top
(Only accessible on-campus)
———————————————————–
以上

【12/18〆切】2019年度国際ゾンタ京都Ⅱクラブ奨学生候補者の募集について

京都Ⅱゾンタクラブの奨学金制度は、京都の大学院や研究室に在籍する優秀な女子学生で、外国留学を希望するも、経済的理由で海外留学が困難なものに対して奨学生候補者を募集しています。

推薦希望者は募集要項を熟読の上、必要書類を期限までに提出して下さい。

国際ゾンタ京都Ⅱクラブ奨学生 募集要項

国際ゾンタ京都Ⅱクラブ奨学生 申込書・確約書

提出期限:平成30年12月18日(火)正午

提出先:医学研究科教務掛(B棟1階)

 

【10/24〆切】文理融合ジョイントリサーチ研修 ~オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学募集開始について

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学(UNSW)の文理融合ジョイントリサーチプログラム(3週間)の募集を開始します。

学内応募に当たっては、応募者本人が必要書類を揃えて吉田本部構内教育推進・学生支援部国際教育交流課へ直接提出下さい。

締切日等:2018年10月24日(水)正午
問合先または提出先:教育推進・学生支援部国際教育交流課海外留学掛 担当:青木 (E-mail: koryusien@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)

UNSW募集パンフ

UNSWプログラム案内

 

 

 

 

 

 

【11/20〆切】公益財団法人堀田育英財団平成31年度奨学生募集について

標記について、公益財団法人堀田育英財団より、別紙のとおり案内がありましたのでお知らせします。希望者は募集要項を熟読の上、期限までに申し込んでください。

対  象:平成31年3月に大学を卒業し、欧州の大学もしくはこれらと同程度の学校に留学予定の、財団の趣旨に見合った日本人学生。(※服飾・美術・建築等の芸術文化の分野)
提出書類:募集要項のとおり(※7.-(1)-②は指導教員等によるものとする)
提出先 :医学研究科教務掛(B棟1階)
提出期限:平成30年11月20日(火)正午

堀田育英財団 募集要項

堀田育英財団 願書

 

 

 

 

【10/16〆切】一般財団法人大蔵共助会海外留学生支援の募集について

標記について一般財団法人大蔵共助会より案内がありましたのでお知らせします。

提出書類:募集要項のとおり
提出先 :医学研究科教務掛
提出期限:平成30年10月16日(火)正午
応募資格:募集要項及び以下の補足事項を参照のこと

■補足事項■
・留学期間が1学期以上であれば半年に満たなくても応募可
・大阪府に住民票がある者は大阪府在住でなくても応募可
・在籍大学を休学して留学する者も応募可
・他の奨学金との併給可
・本学からの推薦可能人数は2~3名
・部局からの推薦人数に制限はなし

応募希望者は、募集要項を熟読のうえ、必要書類を10月16日(火)正午までに教務課あて提出してください。

大蔵共助会 募集要項

大蔵共助会 応募用紙