社会貢献

第30回健康科学市民公開講座開催報告

学術委員会委員長 検査技術科学コース 教授 精山明敏

 平成29年11月18日(土)に第30回健康科学市民公開講座を開催いたしました。今回取り上げたテーマは「ITが医療を変える-地域完結型医療の現在と未来」です。科学技術が身近なものになってきた現代、医療が大きく変わろうとしています。人工知能(AI)や情報技術(IT)が これからの地域医療をどのように変えていくのか、ビッグデータ医療や医療情報技術の現在と未来をテーマに、今後の社会・医療のあり方を考えることを目的として企画いたしました。
当日は雨で今シーズン一番の冷え込みにもかかわらず、107名の方にご参加いただきました。医学研究科長上本伸二教授、人間健康科学系専攻長足立壯一教授の開会挨拶に引き続き、4名の講師の先生にご講演いただきました。

 第1講では、京都大学医学研究科人間健康科学系専攻(ビッグデータ医科学分野)の奥野恭史教授から「人工知能・スーパーコンピュータが拓く医療の未来」と題してご講演いただきました。本講演では、奥野教授のグループが現在取り組まれている、京都大学医学部附属病院の実臨床データを用いた医療ビッグデータ解析・医療シミュレーションのほか、スーパーコンピュータを用いた創薬シミュレーション・ビッグデータ創薬の新たな方法論開発や今後の医療応用への展望についてお話しいただきました。

 

第2講では、立命館大学サステイナビリティ学研究センター教授、京都大学医学研究科客員研究員であるとともに、スリランカ国総理大臣上席補佐官(科学技術担当)を兼務されているモンテ・カセム教授に「ビッグデータと医療:患者を中心軸にした情報融合がもたらす先端性―脳卒中・脳梗塞の医療現場からの教訓」と題してご講演いただきました。情報を敏感に収集するセンサーの多様化やインターフェースの使いやすさによって大量にリアルタイム情報が我々の日常的判断を支えてくれるようになったビッグデータの時代に、患者を中心軸に置いた医療とはどのようなものか、また、医療現場がどのように対応すれば良いかについて、ロンドン大学キングスカレッジ病院で開発運用されてきた「TACMIS(トータルアクセス介護医療情報システム)」をもとにお話しいただきました。

 第3講では、京都大学医学部附属病院・医療情報企画部長・病院長補佐、医学研究科・医療情報学分野および情報学研究科・医療情報学講座を兼務されている黒田知宏教授から「医療情報技術が拓く近未来の医療」と題してご講演いただきました。情報通信技術(ICT : Information and Communication Technology)の急速な発達にともなう医療現場の情報化への取り組みを、京都大学医学部附属病院におけるこれまでの取組事例や、今後の展望も含めて、特に、今話題の「モノのインターネット(IoT : Internet of Things)を使った、人に優しい情報サービスを提供するシステム(ユビキタス情報システム)への取組を中心に、未来の医療の姿についてお話しいただきました。

 第4講では、滋賀県病院事業庁・庁長のほか滋賀県立成人病センター・特別顧問を兼務されている笹田昌孝京都大学名誉教授に「2025年問題をクリアする-医療現場のIT活用-」と題してご講演いただきました。2025年を8年後にひかえ、予測される多くの課題に対して有効な具体策をすみやかにスタートさせるために、ITが担う役割とその具体例について医療現場から提案いただきました。また、今回の市民公開講座のキーワードの「情報」は、施設・システム・人材いずれの構築にも不可欠であり、医療情報技術の活用は地域で生活する人々が、三世代が揃って日々健康的な生活を送ることを目標とするためにあることをお話しいただきました。

今回の健康科学市民公開講座のアンケート(回収率84%)については、「大変よかった」53、「よかった」26、「ふつう」1、「良くなかった」1、「無回答」9という集計結果でした。個別のコメントとしては「社会的価値創出に対する具体的な施策をわかりやすく説明頂けた」、「対症療法医療環境のAIによる革新だけでなく予防医療の知見も得られた」などの内容へのご意見の他、「今、大変注目されているテーマだから」、「過去のテーマ一覧を見、今年は格段に時代に即した画期的なテーマと思った」、「社会の中で注目され、話題として挙げられている」など今回のテーマについても大変好意的なご意見を多数いただきました。
次回以降の希望テーマについても沢山のご意見をいただきましたので次回へ引き継ぎたいと思います。

第6回国際再生リハビリテーションシンポジウム

再生医療技術は急速に発展しており、関連するリハビリテーションの発展が急務となっています。しかし、その重要性は認識されているものの、再生医療において適切なリハビリテーションを展開するために必要となる基礎的な知見の集積や、その理論構築へ向けた体系的な取り組みは始まったばかりです。

本国際シンポジウムでは、多岐に渡る研究者および臨床家を一堂に会し、この新しい再生医療の安全性・有効性・経済性を高め、困難な疾患を患った方の治癒および社会復帰を目標に討議します。


開催日 2017年11月01日 水曜日 〜 2017年11月03日 金曜日
時間 11月1日: 18時30分~21時00分
11月2日: 8時30分~20時00分
11月3日: 8時30分~13時30分
 開催地  Wyndham Grand Pittsburgh Downtown, Pittsburgh, PA
 Location  http://www.ar3t.pitt.edu/symposium2017/location.html
 対象  研究者、臨床従事者、大学院生
 詳細等 プログラムの詳細については、以下のURLをご確認ください。
http://www.ar3t.pitt.edu/symposium2017/agenda.html
 申し込み 以下のWebサイトからお申し込みください。
http://www.ar3t.pitt.edu/symposium2017/registration.html
 申し込み締切日 2017年10月31日 火曜日
 問い合わせ Katy Wharton(担当)
McGowan Institute for Regenerative Medicine.
450 Technology Drive, Suite 300, Pittsburgh, PA 15219
E-mail: rehabmtg*pitt.edu (*を@に変えてください)
Tel: 412-624-5293
Fax: 412-624-5228
 関連リンク  http://www.ar3t.pitt.edu/symposium2017/2017symposium.html
備考(その他) 主催、共催: 京都大学、ピッツバーグ大学(University of Pittsburgh)
 

第30回(2017年)健康科学市民公開講座(終了しました)

第30回(2017年)健康科学市民公開講座

ITが医療を変える – 地域完結型医療の現在と未来 –

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

科学技術が身近なものになってきた現代、医療が大きく変わろうとしています。今回は、人工知能や IT がこれからの地域医療をどのように変えていくのか、ビッグデータ医療や医療情報技術の現在と未来をテーマに、今後の社会・医療のあり方を探りたいと思います。皆様方の多数のご参加をお待ちしています。

日時:平成29年11月18日(土) 13:30~16:50(開場13:00)
会場:京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 第9講義室(5階)

時間 題目 講師
13:30 開会の挨拶 人間健康科学系専攻長 足立 壮一
13:40 人工知能 ・スーパーコンピュータが拓く医療の未来 人間健康科学系専攻教授
(ビッグデータ医科学分野)
奥野 恭史
14:20 ビッグデータと医療:
患者を中心軸にした情報融合がもたらす先端性
-脳卒中・脳梗塞の医療現場からの教訓-
立命館大学政策科学部教授
立命館アジア太平洋大学元学長
 モンテ カセム
15:00 休  憩
15:10 医療情報技術が拓く近未来の医療 京都大学医学部附属病院
医療情報企画部長
 黒田 知宏
15:50 2025年問題をクリアする
-医療の知財集積と先導-
滋賀県病院事業庁・庁長
京都大学名誉教授
笹田 昌孝
16:30 質疑応答   講 師 全 員
16:45 閉会の挨拶 人間健康科学系専攻教授 精山 明敏
アクセス:市バス「熊野神社前」または「丸太町京阪前」下車、または京阪「神宮丸太町駅」下車、徒歩5分。
※駐車場がございませんので、自家用車での来学はご遠慮ください。hs_csr 受講資格:制限は特にありません。
定   員:200名(申込先着順)
※定員に達した場合のみ、折り返し連絡いたします。
受講料:無料
申込方法:平成29年11月2日(木)までにハガキまたはメールにて、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、電話番号、年齢を明記の上、下記宛にお申込みください。
〒606-8501
京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科総務掛
TEL:075-753-4339
mail:ningensoumu#mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
(送信の際は#を@に変換願います)

※取得しました個人情報は、公開講座の連絡以外の目的には使用しません。

 

 

 

3年目に突入!新入生オリエンテーションで約3000人への救命講習会を行いました

平成27年度から始まった全新入生への救命講習会も、今年で3年目に突入しました。平成29年4月4日(火)から4月6日(木)、学部の新入生に対して行われた全学機構ガイダンスで、新入生2,930人全員を対象とした救命講習会を実施しました。
この講習会では、新入生全員が、心肺蘇生のトレーニングキット「あっぱくん®」を使って、心肺蘇生とAED(自動体外式除細動器)の使い方を体験しながら救命救急の意義と具体的な方法を学びました。医学研究科人間健康科学系専攻の教員を中心に、医学部附属病院救急部、国際高等教育院などのべ180人以上の教員がサポートスタッフとして参加しています。参加している私たち教員は、京都大学に入学してきた学生が、困っている人を見かけたら、自ら進んで助けられる心優しい人間になり京都大学を巣立っていくことを、心から願って毎年オリエンテーションでこの「いのち」の教育を行っています。
なお、本専攻では、授業時間を中心に、種々の機会に継続的に救命講習を実施していく予定をしています。
今回の講習会は、京大広報にも掲載されています。講習会を受講した学生の「声」が報告書には含まれておりますので、是非ご覧ください。



平成29年度新入生3000名への救命講習会実施報告書

京大広報(平成29年5月号)

第29回健康科学市民公開講座開催報告

委員長:鈴木 真知子
委員:笹山哲、上久保靖彦、古田真里枝、山田純栄、大畑光司

平成28年11月5日(土)に「みんなの笑顔と社会・医療の課題」をテーマに第29回健康科学市民公開講座を、杉浦ホールで開催致しました。今回は、周産期メンタルヘルスなどでご活躍中の広尾レディース院長、宗田聡先生を東京からお迎えし、お母さんやお父さんになる人たち、あかちゃんなどの子どもをめぐる現状から、特に社会的に大きな課題になっている障がい児のことや、不妊症、産後うつと虐待について、それぞれの講師からお話しいただき、今後の社会・医療のあり方を探る機会として企画致しました。特に、公開講座のチラシは、テーマに関心をもっていただくために、24時間の人工呼吸管理を自宅で行っている脊髄性筋委縮症のお子様に視線でパソコンを操作し、可愛らしい色合いのイラストや子どもの気持ちを書いていただきました。

当日は快晴に恵まれ、建物の中にいるのが「もったいない」天候でした。小児に関連したテーマは、参加者が少ないという前評判から参加状況を心配していましたが、70名の市民の方々、公開講座担当教員と職員10名に加え、学内から学生や教員の参加もあり、会場はほぼ満席となるご来場がありました。

専攻長の開会挨拶では、本専攻の改組への取り組みの紹介と共に、少子化問題をはじめとする周産期に関する話題がいかに重要であるかが述べられました。

続いて、本公開講座の企画・運営責任者より、少子化のその一方では、医療的なケアを必要とする重度の障がいを有する子どもの数が増加しており、最近では、新たな課題として、重症心身障害児ではなく、高度医療依存児という「歩けて話せる超重症児」の増加が認められており、小児在宅医療のさらなる進展が求められているという説明がありました。

p1020847_s

次に、少子化にも関連する話題として、講演1.では、本専攻家族看護学講座教授による「不妊症をめぐる課題」について、不妊治療の新たな展開である未受精卵凍結保存や卵子バンク、子宮移植の現状などが分かりやすく解説されました。子どもが得られないご夫婦には、大きな希望につながる研究の方向性と医療技術の進歩を知ることができました。
講演2.では、宗田先生より、母児関係と産後のメンタルヘルス、子ども虐待のリスク要因と予防、産後うつの定義、早期発見、予防対策などを、分かりやすくまた、身近な問題として解説していただきました。それらより、妊娠期から始める早期育児支援と共に、妊娠前から妊娠と精神疾患について啓蒙していくことの重要性、他業種や地域との常日頃からの連携、産後の継続的な支援と、望む人が産みやすく育てやすい社会環境を整えることの大切さに人々が関心を向けるように社会を変えていくこと、地域の人々が支え合うコミュニティ作りの大切さを再認識できました。

p1020863_s

ご来場者からは、1. 将来、男性のみで子孫を残せる可能性があるのか、2. 自然妊娠と人工授精で妊娠した子どもの将来に健康面での違いはないのか、など不妊治療の進歩への期待と不安に基づく質問と意見交換がなされ、瞬く間に時間が過ぎ、閉会となりました。

p1020864_s
アンケートでは、56名から回答をいただき、良かったと回答した方が、50名と大半を占めていました。その理由は、「知らなかった最近の知見を得ることができた」「私が将来子供を産むときの勉強になった」「関心のあるテーマ」「とてもわかりやすい解説で、知らなかったことを知ることができた」「これからの私にとって、とても大切なこと」などが多く、本テーマを取り上げた意義が確認できました。このことは、今後要望するテーマ;不妊治療の日本と他国の現状、再生医療、高齢出産、視覚や聴覚に障害のある方の住みやすい街づくり、などからも窺えました。このような状況を受け、今後の企画として、小児在宅医療や周産期医療に関連したテーマも積極的に組み入れて検討するよう、次期公開講座を担当する委員に引き継いでいきたいと思います。

p1020880_s

第29回(2016年)健康科学市民公開講座(終了しました)

第29回(2016年)健康科学市民公開講座

– みんなの笑顔と社会・医療の課題 –

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

今回は、周産期メンタルヘルスなどでご活躍中の宗田聡先生を東京からお迎えし、お母さんやお父さんになる人たち、あかちゃんなどの子どもをめぐる現状から、特に社会的に大きな課題になっている不妊症、産後うつと虐待、障がい児について、それぞれの講師からお話しいただき、今後の社会・医療のあり方を探りたいと思います。皆様方の多数のご参加をお待ちしています。

日時:平成28年11月5日(土) 13:30~16:30(開場13:00)
会場:京都大学大学院医学研究科人間健康科学科 杉浦ホール

時間 題目 講師
13:30 本年の公開講座について 当専攻教授
鈴木 真知子
13:35 開会の挨拶 専攻長
足立 壮一
13:40 少子社会から生じた新たな課題 当専攻教授
鈴木 真知子
14:00 不妊症をめぐる課題
講演1 不妊治療の新たな課題
~今、現場では何が起こっているのか
当専攻教授
菅沼 信彦
14:50 休憩
15:00 周産期をめぐる課題
講演2 母児関係と産後のメンタルヘルス
広尾レディース院長
宗田 聡
16:00 総合討論
アクセス:市バス「熊野神社前」または「丸太町京阪前」下車、または京阪「神宮丸太町駅」下車、徒歩5分。
※駐車場がございませんので、自家用車での来学はご遠慮ください。hs_20131001_csr
受講資格:制限は特にありません。
定   員:100名(申込先着順)
※定員に達した場合のみ、折り返し連絡いたします。
受講料:無料
申込方法:平成28年10月7日(金)までにハガキまたはメールにて、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、電話番号、年齢を明記の上、下記宛にお申込みください。
〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町53
京都大学大学院医学研究科
人間健康科学系専攻総務掛
TEL:075-751-3905
mail:ningensoumu#mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
(送信の際は#を@に変換願います)

※取得しました個人情報は、公開講座の連絡以外の目的には使用しません。
※会場は2階ですが、エレベータが設置されておりませんので、悪しからずご了承願います。


 

 

京都大学 平成28年度全新入生3000人への救命講習会の報告

今年も、新入生オリエンテーションで約3000人への救命講習会を無事に成功させました!!

平成28年4月4日(月)から4月6日(水)、学部の新入生に対して行われた全学機構ガイダンスで、昨年度に引き続き新入生2,997人全員を対象とした救命講習会を実施しました。

今年は、なんと去年よりも時間が拡大され40分間の講習会となりました。この講習会では、新入生全員が、心肺蘇生のトレーニングキット「あっぱくん®」を使って、心肺蘇生とAED(自動体外式除細動器)操作を体験しながら救命救急の意義と具体的な方法を学びました。医学研究科人間健康科学系専攻の教員を中心に、医学部附属病院救急部、国際高等教育院などのべ170人以上の教員がサポートスタッフとして参加しています。参加している私たち教員は、新入生たちが実際に心肺停止に遭遇したときに、躊躇なく救命行動ができる人になって欲しいと願ってこの講習会を実施しています。継続して今年度も、将来の社会を主導することが期待される京都大学の新入生に対して、この講習会を実施できたことは、大学として重要な社会的責任を果たしていると思っています。本専攻では、授業時間を中心に、種々の機会に継続的に救命講習を実施していく予定をしています。

hs_h28kyuumeikousyuukai3000r2

今回の講習会の報告書ならびに準備手順書は こちら です。講習会を受講した学生の「声」が報告書には含まれておりますので、是非ご覧ください。

 

第28回健康科学市民公開講座開催報告

学術委員会委員長 リハビリテーション科学コース 教授 十一 元三

平成27年11月21日(土)に「発達症(発達障害)とこれからの社会・医療」をテーマに第28回健康科学市民公開講座を開催しました。今回は発達症のなかでもとりわけ社会的注目度の高い「自閉スペクトラム症」に焦点を当て、平成26年度に当専攻に設置された発達障害支援医学講座(寄附講座) の紹介と活動報告に加え、自閉スペクトラム症の支援の第一線で活躍しておられる専門家を交えて今後の社会・医療の在り方を探る機会として企画致しました。
定員を上回る230名余りの方々から事前申込を頂き、当日もほぼ満席となる199名のご来場がありました。専攻長の開会挨拶では、自閉スペクトラム症という問題が医療にとどまらず、いかに万人に関わる身近なテーマであるかが述べられました。続いて、発達障害支援医学講座の運営委員長より同講座の概要について、自閉スペクトラム症の研究、専門的人材の育成、社会啓発・貢献の3つの柱を趣旨とするという説明がありました。

hs_csr2015_p02s
講座の第一部は、発達障害支援医学講座の教員による講演からなり、佐藤弥特定准教授による「臨床脳科学と発達症」、魚野翔太特定助教による「対人認知の心理学と発達症」の2演題のお話がありました。この2講演から、自閉スペクトラム症の脳基盤および認知処理のメカニズムの解明が進んでいる状況がうかがわれました。

 

hs_csr2015_p01s
第二部のシンポジウムでは、発達障害支援医学講座の特定助教で児童精神科医の義村さや香先生の座長のもと、発達症をめぐる社会・医療の現状について、異なる領域の専門家にお集まり頂いて議論を交わしました。シンポジストとして、京都府発達障害者支援センター(センター長)の竹村忠憲氏、滋賀県心の教育センター(チーフカウンセラー)の生天目聖子氏、当専攻の加藤寿宏准教授(作業療法士、発達領域)および山田純栄講師(作業療法士、精神科領域)の4名にご登壇頂き、義村さや香先生による総論説明に続いて、幼児から成人にわたる支援の現状と問題点を論じて頂きました。そこから、現在の社会における自閉スペクトラム症への支援ニーズは、あらゆるライフステージと生活領域に及んでいることが明確に分かりました。

hs_csr2015_p03sシンポジウム後半では、会場との質疑も合わせた総合討議が行われましたが、ご来場者からの質問を含め、非常に活発な質疑ならびに意見交換のうちに瞬く間に時間が過ぎ、予定より30分ほど延長して閉会に至りました。アンケートでは、テーマについて回答が得られた118名のうち、「大変良かった」が65、「良かった」が45、「ふつう」が7、「良くなかった」が1 という良好な結果でした。また、個別のコメントとして“もっと時間を十分とってほしい”、“各テーマを掘り下げてほしい”という趣旨のものが多く、本テーマへの要望度が高いことが窺われました。このことは、今後要望するテーマへの回答にも表れており、発達症に関するものが29件と他のテーマを大きく上回っていました。このような状況を受け、今後の企画として、発達症についてより特化した内容をテーマの候補として検討するよう、次期学術委員会に引き継いでいきたいと思います。