京都大学大学院医学研究科・医学部
English
HOME
アクセス サイトマップ コンタクト
Topics
■2013.03.15
 
鍋島陽一名誉教授が日本学士院賞を受賞しました
 
   
 
 
 
 
 
鍋島陽一名誉教授が日本学士院賞に選ばれる
 
     

 

 

■2013.02.19
 
「充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム」第1回公開シンポジウムを開催
 
   
 
 
 
 
 
「充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム」第1回公開シンポジウムを開催
 
     

 

 

■2013.02.19
 
成宮周教授(神経・細胞薬理学・教授)最終講義
 
   
 
 
 
 
  成宮先生最終講義 .pdf  
     

 

 

■2013.02.13
 
芹川忠夫教授(附属動物実験施設長・教授)最終講義
 
   
 
 
 
 
  芹川教授-最終講義の案内.pdf  
     

 

 

■2013.02.13
 
光山正雄教授(微生物感染症学分野)最終講義
 
   
 
 
 
 
  光山教授最終講義のお知らせ.pdf  
     

 

 

■2013.02.13
 
武藤誠教授(医学研究科・遺伝薬理学教室)最終講義
 
   
 
 
 
 
  告知最終(京大HP).pdf  
     

 

 

■2013.02.12
 
第一回「充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム」シンポジウム開催
 
   
 
 
 
 
 
第一回「充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム」シンポジウム
 
     

 

 

■2013.02.06
 
高校生のための医学教室「医学研究はここまで進んだ」
 
   
 
 
 
 
  高校生のための医学教室  
     

 

 

■2013.01.24
 
京都大学臨床研究中核病院構想シンポジウムのご案内
 
   
 
 
 
 
  京都大学臨床研究中核病院構想シンポジウムのご案内 京都大学臨床研究中核病院構想シンポジウムポスター
 
     

 

 

■2013.01.23
 
平成25年 医学研究科新春懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成25年 医学研究科新春懇談会を開催
 
     

 

 

■2013.01.15
 
第17回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
   
 
 
 
 
 
第17回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
     

 

 

■2012.12.27
 
ソウル大学校医科大学と学術・学生交流協定を締結
 
   
 
 
 
 
 
ソウル大学校医科大学と学術・学生交流協定を締結
 
     

 

 

■2012.12.04
 
分子腫瘍学財団研究所(IFOM)と合同シンポジウムを開催
 
   
 
 
 
 
 
分子腫瘍学財団研究所(IFOM)と合同シンポジウムを開催
 
     

 

 

■2012.11.27
 
医学研究科放射線腫瘍学・画像応用治療学 平岡教授 平成24年度京都新聞賞文化学術賞 受賞
 
   
 
 
 
 
 
医学研究科放射線腫瘍学・画像応用治療学 平岡教授 平成24年度京都新聞賞文化学術賞 受賞
 
     

 

 

■2012.11.21
 
平成24年度医学部構内消防訓練(第2回)を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成24年度医学部構内消防訓練(第2回)を実施
 
     

 

 

■2012.11.01
 
第112回京都大学医学部解剖体祭
 
   
 
 
 
 
 
第112回京都大学医学部解剖体祭
 
     

 

 

■2012.10.25
 
平成24年度健康管理講演会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成24年度健康管理講演会を開催
 
     

 

 

■2012.10.16
 
『MD研究者育成プログラム 第2回 4大学学生合同リトリート』を開催
 
   
 
 
 
 
 
『MD研究者育成プログラム 第2回 4大学学生合同リトリート』を開催
 
     

 

 

■2012.10.08
 
山中伸弥 iPS細胞研究所長・教授(医学研究科・初期化制御学)がノーベル生理学・医学賞を受賞
 
   
 
 
 
 
 
山中伸弥 iPS細胞研究所長・教授(医学研究科・初期化制御学)がノーベル生理学・医学賞を受賞
 
     

 

 

■2012.10.05
 
平成24年度「遺骨返還式」を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成24年度「遺骨返還式」を実施
 
     

 

 

■2012.10.04
 
第67回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊について
 
   
 
 
 
 
 
第67回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊について
 
     

 

 

■2012.09.27
 
デニ・ルビアン医学研究科客員教授が本田賞を受賞しました
 
   
 
 
 
 
 
デニ・ルビアン医学研究科客員教授が本田賞を受賞しました
 
     

 

 

■2012.08.20
 
平成24年度 臨床教授等との協議会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成24年度 臨床教授等との協議会を開催
 
     

 

 

■2012.08.10
 
オープンキャンパスが開催されました
 
   
 
 
 
 
 
オープンキャンパスが開催されました
 
     

 

 

■2012.08.10
 
中枢神経系制御薬の基礎・臨床研究プロジェクト(TKプロジェクト)ホームページ開設
 
   
 
 
 
 
 
TKプロジェクト 
 
     

 

 

■2012.07.19
 
本庶佑 医学研究科客員教授がロベルト・コッホ賞を受賞しました。
 
   
 
 
 
 
 
本庶佑 医学研究科客員教授がロベルト・コッホ賞を受賞しました。
 
     

 

 

■2012.07.10
 
平成24年医学研究科懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成24年 医学研究科懇談会を開催
 
     

 

 

■2012.06.28
 
延世大学校医科大学との学術交流協定を締結
 
   
 
 
 
 
 
延世大学校医科大学との学術交流協定を締結
 
     

 

 

■2012.06.12
 
平成24年度医学部構内消防訓練を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成24年度医学部構内消防訓練を実施
 
     

 

 

■2012.06.10
 
武田科学振興財団「第一回医学部博士課程奨学助成認定式」
 
   
 
公益財団法人 武田科学振興財団は、武田医学賞や多くの研究助成制度等を設けて、我が国の科学技術および文化の向上発展に取り組んでおられるところでありますが、2012年度には新たに、我が国の生命科学分野、特に疾病の予防・診断・治療の進歩・発展に貢献するため、医学部医学科出身の基礎医学研究を希望する博士課程の大学院生に奨学金を支給する制度「医学部博士課程奨学助成」が設けられました。

第一回目となる2012年度は、指定校である東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学の計7名の奨学研究者が選出・決定され、各人への奨学助成認定式が5月18日(金)京都センチュリーホテルにおいて執り行われました。

認定式は、武田科学振興財団関係者、各大学医学研究科長をはじめ20名が出席のもと、当財団 横山巌理事長の挨拶で始まり、本学の湊医学研究科長の訓示があり、認定証贈呈のあと、奨学研究者から謝辞と自己紹介に加えて抱負が熱く語られました。

 
   
     

 

 

■2012.06.08
 
浙江大学医学部一行の表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
浙江大学医学部一行の表敬訪問
 
     

 

 

■2012.05.23
 
「政策のための科学ユニット」のご紹介
 
   
 
 
 
 
 
政策のための科学ユニット
 
     

 

 

■2012.05.16
 
文部科学省「平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」に医学研究科より2名選出
 
   
 
 
 
 
 
文部科学省「平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」に医学研究科より2名選出
 
     

 

 

■2012.03.21
 
メディカルイノベーションセンター ホームページ開設
 
   
 
 
 
 
 
メディカルイノベーションセンター 
 
     

 

 

■2012.02.20
 
韓国 嘉泉医科大学一行の訪問
 
   
 
 
 
 
 
韓国 嘉泉医科大学一行の訪問
 
     

 

 

■2012.01.27
 
生命科学系キャリアパス形成ユニット シンポジウムの御案内
 
   
 
「第2回生命科学系キャリアパス形成ユニット・国際共同人材育成機構(ICDO)シンポジウム」を
開催いたします。
ご多忙中のこととは存じますが、多数の皆様にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。


 日時: 平成24年1月31日(火) 10:00〜17:20
          2月 1日(水) 10:00〜11:00

 会場: 芝蘭会館 稲盛ホール

 連絡先:生命科学系キャリアパス形成ユニット・事務室
        T E L: 075-753-9280
        F A X: 075-753-9281
        E-mail: icdooffice.med.kyoto-u.ac.jp
 
   
     

 

 

■2012.01.18
 
第16回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
   
 
 
 
 
 
第16回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
     

 

 

■2012.01.16
 
平成24年 医学研究科新春懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成24年 医学研究科新春懇談会を開催
 
     

 

 

■2011.11.30
 
平成23年度医学部構内消防訓練を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成23年度医学部構内消防訓練を実施
 
     

 

 

■2011.11.25
 
医学研究科遺伝薬理学 武藤誠教授 2011年度日本医師会医学賞を受賞
 
   
 
医学研究科遺伝薬理学 武藤誠教授が、平成23年度日本医師会医学賞を受賞しました。授賞式は、平成23年11月1日(火)日本医師会館(東京都)で行われました。日本医師会医学賞(Medical Award of The Japan Medical Association)は日本医師会会員で、医学上重要な業績をあげた研究者に授与されるもので、毎年1回、基礎医学・社会医学・臨床医学を通じ計3名に授与されます。受賞理由は、「マウスモデルを用いた大腸がんの研究」において、医学の進歩への寄与と人類の福祉への貢献です。同日、同題で武藤教授による記念講演が行われました。
 
   
     

 

 

■2011.11.16
 
延世大学一行の表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
延世大学一行の表敬訪問
 
     

 

 

■2011.10.28
 
中国衛生部中日友好病院との学術交流協定を締結
 
   
 
 
 
 
 
中国衛生部中日友好病院との学術交流協定を締結
 
     

 

 

■2011.10.25
 
第111回京都大学医学部解剖体祭
 
   
 
 
 
 
 
第111回京都大学医学部解剖体祭
 
     

 

 

■2011.10.05
 
第66回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊について
 
   
 
 
 
 
 
第66回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊について
 
     

 

 

■2011.09.30
 
セガレン・ボルドー大学との学術交流協定を更新
 
   
 
 
 
 
 
セガレン・ボルドー大学との学術交流協定を更新
 
     

 

 

■2011.07.19
 
平成23年 医学研究科懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成23年 医学研究科懇談会を開催
 
     

 

 

■2011.06.30
 
中尾一和教授が紫綬褒章を受章
 
   
 
 
 
 
 
中尾一和教授が紫綬褒章を受章
 
     

 

 

■2011.02.24
 
MDアンダーソンがんセンター訪問団の表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
MDアンダーソンがんセンター訪問団の表敬訪問
 
     

 

 

■2011.02.10
 
武田薬品−京都大学の協働によるオープンイノベーション創薬拠点「中枢神経系制御薬の基礎・臨床研究プロジェクト」の実施について(略称:TKプロジェクト)
 
   
 
 
 
 
 
田薬品−京都大学の協働によるオープンイノベーション創薬拠点「中枢神経系制御薬の基礎・臨床研究プロジェクト」の実施について(略称:TKプロジェクト)
 
     

 

 

■2011.02.02
 
サウジアラビア大使館文化部の表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
サウジアラビア大使館文化部の表敬訪問
 
     

 

 

■2011.01.21
 
平成23年 医学研究科新春懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成23年 医学研究科新春懇談会を開催
 
     

 

 

■2011.01.20
 
平成22年度医学部構内消防訓練を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成22年度医学部構内消防訓練を実施
 
     

 

 

■2011.01.19
 
岩田ヒト膜受容体構造プロジェクト 研究成果報告会
 
   
 
 
 
 
  成果報告会プログラム  
     

 

 

■2010.12.13
 
長田重一教授が日本学士院会員に選ばれる
 
   
 
 
 
 
 
長田重一教授が日本学士院会員に選ばれる
 
     

 

 

■2010.11.16
 
鍋島陽一名誉教授が紫綬褒章を受章
 
   
 
 
 
 
 
鍋島陽一名誉教授が紫綬褒章を受章
 
     

 

 

■2010.11.15
 
小泉昭夫教授が「遠山椿吉記念第2回食と環境の科学賞特別賞」を受賞
 
   
 
本研究科の小泉昭夫教授が、財団法人 東京顕微鏡院より、遠山椿吉記念第2回食
と環境の科学賞 特別賞を授与されました。

この賞は、遠山椿吉の公衆衛生向上と予防医療の分野における業績を記念した顕
彰制度で公衆衛生の領域において、ひとびとの危険を除き、命を守るために、先
駆的かつグローバルな視点で優秀な業績をあげた個人または研究グループを表彰
するものです。
難分解汚染物質について、食事、母乳、血液を用いた長期的monitoringを行い、
環境施策に貢献をするのみならず、大阪府の環境行政を通じて地域環境汚染源対
策を行い、実をあげたことについて小泉教授に授与されました。

授与式は、平成23年2月8日、東京ホテルメトロポリタンエドモントで執り行われ
ます。

 
 
 
 
東京顕微鏡院
 
     

 

 

■2010.11.01
 
2010年度26回 グローバルCOEセミナー
 
   
 
【 日時 】 2010年11月10日(水)  15:00〜16:00
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5階 ルーフテラス
【 演題 】 “From Thymus to Skin”
【 講演者 】 Yann Barrandon, M.D, Ph.D.
         (Professor, Ecole Polytechnique Fédérale Lausanne and
Centre Hospitalier Universitaire Vaudois, Lausanne, CH)
【 概要 】 下記ポスターをご覧ください
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2010.10.28
 
第110回京都大学医学部解剖体祭
 
   
 
 
 
 
 
第110回京都大学医学部解剖体祭
 
     

 

 

■2010.10.02
 
平成22年度「遺骨返還式」を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成22年度「遺骨返還式」を実施
 
     

 

 

■2010.09.17
 
第65回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊の集いを開催
 
   
 
 
 
 
 
第65回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊の集いを開催
 
     

 

 

■2010.09.16
 
復旦大学・留学生の修了証授与
 
   
 
 
 
 
 
復旦大学・留学生の修了証授与
 
     

 

 

■2010.07.12
 
平成22年 医学研究科懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成22年 医学研究科懇談会を開催
 
     

 

 

■2010.06.28
 
タイ・マヒドン大学 Siriraj Hospital 一行の表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
タイ・マヒドン大学 Siriraj Hospital 一行の表敬訪問
 
     

 

 

■2010.04.22
 
上海交通大学医学院一行の表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
上海交通大学医学院一行の表敬訪問
 
     

 

 

■2010.04.14
 
浙江大学医学院一行の表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
浙江大学医学院一行の表敬訪問
 
     

 

 

■2010.02.23
 
乾 賢一医学部附属病院教授最終講義
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2010.02.18
 
シンポジウム「台頭する東アジアにおけるバイオ・メディカル産業の現状と今後の動向」
 
   
 
昨年、平成21年度文部科学省の産官学連携戦略展開事業の一環として、京都大学産官学連携センターにBio Incubation Partners(以下、BIP)が創設されました。BIPの使命は、京都大学のバイオ・メディカル分野における研究シーズの分析・評価、事業化計画の立案、そして大学発バイオ・ベンチャーの設立・経営支援を行うことです。
 この度、BIPの創立記念として、発展の著しい東アジアに注目し、同地域で台頭するバイオ・メディカル産業における産官学連携やベンチャー振興策について、各国の学識・実務経験者からご講演を賜る機会を得ることができました。
 この機会に、皆様とご一緒に日本と東アジア諸国とのバイオ・メディカル分野における産学連携について議論させていただきたく、ご多用中誠に恐れいりますが、ご出席いただければ幸甚に存じます。

                                              以上
                     
京都大学
産官学連携センター
Bio Incubation Partners
特任教授 室田 浩司
 
   
     

 

 

■2010.02.02
 
中西重忠名誉教授が日本学士院会員に選ばれる
 
   
 
 
 
 
 
中西重忠名誉教授が日本学士院会員に選ばれる
 
     

 

 

■2010.01.21
 
平成22年 医学研究科新春懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成22年 医学研究科新春懇談会を開催
 
     

 

 

■2010.01.21
 
鍋島陽一医学研究科教授最終講義
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2010.01.15
 
第14回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
   
 
 
 
 
 
第14回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
     

 

 

■2009.12.04
 
黒田伸之技術専門職員 医学教育等関係業務功労者として表彰
 
   
 
文部科学省は、医学又は歯学に関する教育・研究もしくは患者診療等の業務に関し、
顕著な功労のあった方々を対象に毎年表彰を行っていますが、このたび附属総合解剖センター
技術専門専職員 黒田伸之氏 が全国の大学から推薦された多くの候補者の中から
今年度の表彰者に選出されました。

 同氏は、長年にわたり医学研究科、医学部附属総合解剖センターで献体業務、
解剖実習補助業務に携わり、解剖実習の教育基盤を支え、医学の進展に陰の力として
多大な貢献を行ってこられました。また、同氏は、後進の技術者、若手研究者に
遺体防腐処置、遺体管理並びに解剖技術を指導し、多くの熟練者を生み出し、この分野の
研究・教育に多大な貢献をされ、医学の発展に寄与されました。

 これらの功績が認められ、今回表彰されることとなり、平成21年11月25日(水)
ホテルフロラシオン青山(東京都港区)にて表彰式が挙行されました。
 
   
     

 

 

■2009.11.27
 
中尾一和教授 2009年度武田医学賞受賞
 
   
 
 
 
 
 
中尾一和教授 2009年度武田医学賞受賞
 
     

 

 

■2009.11.16
 
復旦大学・留学生の修了証授与
 
   
 
 
 
 
 
復旦大学・留学生の修了証授与
 
     

 

 

■2009.11.12
 
平成21年度消防訓練を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成21年度消防訓練を実施
 
     

 

 

■2009.10.23
 
第109回京都大学医学部解剖体祭
 
   
 
 
 
 
 
第109回京都大学医学部解剖体祭
 
     

 

 

■2009.10.07
 
がんプロフェッショナル養成プラン乳腺コース講演会「生体内分子イメージングの最前線」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.10.05
 
がん専門薬剤師インテンシブコース〜がん治療における薬剤師の役割と新しい展開〜
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.09.30
 
平成21年度「遺骨返還式」を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成21年度「遺骨返還式」を実施
 
     

 

 

■2009.09.25
 
医学研究科社会健康医学系専攻・公開シンポジウム2009
 
   
 
 京都大学医学研究科社会健康医学系専攻では、来る10月10日(土曜日)13時から、京都大学医学部芝蘭会館稲盛ホールにて、公開シンポジウム「環境異変とヒトの生存−安全、安心、健康を求めて」を開催いたします。

 ご興味のある方は奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

日時
平成21年10月10日(土曜日) 13時〜16時30分

会場
京都大学医学部 芝蘭会館 稲盛ホール
(京都市左京区聖護院吉田近衛町、京都大学医学部構内)

ホームページ
http://www.pbh.med.kyoto-u.ac.jp/symposium2009/

主催:京都大学医学研究科社会健康医学系専攻

問い合わせ先
京都大学医学研究科環境衛生学分野
〒606-8501京都市左京区吉田近衛町
Tel: 075-753-4490
Fax: 075-753-4458
 
 
 
 
ホームページ
 
     

 

 

■2009.09.18
 
がんプロフェッショナル養成プラン「Palliative Care Network System in Australia」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.09.18
 
がんリハビリテーション特別講演会
 
   
 
 
 
 
  がんリハビリテーション特別講演会  
     

 

 

■2009.09.18
 
市民公開講座「進化するがん放射線治療」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.09.15
 
第64回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊について
 
   
 
 
 
 
 
第64回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊について
 
     

 

 

■2009.09.14
 
医学研究科・医学部・グローバルCOE「生命原理の解明を基とする医学研究教育拠点」日米医学医療交流セミナー「京都で医学留学を感じよう」
 
   
 
 京都大学医学研究科・医学部・グローバルCOE「生命原理の解明を基とする医学研究教育拠点」では、(財)日米医学医療交流財団及び(社)芝蘭会と共催で来る11月14日(土曜日)12時から、京都大学医学部芝蘭会館 稲盛ホールにて、日米医学医療交流セミナー「京都で医学留学を感じよう」を開催いたします。

 ご興味のある方は奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

日時
平成21年11月14日(土曜日) 12時〜20時

会場
京都大学医学部 芝蘭会館 稲盛ホール(京都市左京区聖護院吉田近衛町、京都大学医学部構内)

講演者
藤吉朗(滋賀医科大学 大学院)
島本健(京都大学 大学院)
前田亜里紗(福井大学 3回生)
大嶋園子(京都大学 6回生)
神廣憲記(京都大学 6回生)
木村信彦(京都府立医科大学 6回生)
森本剛(京都大学 講師)
吉富秀幸(千葉大学 助教)

ホームページ
http://www.janamef.or.jp/

申し込み・問い合わせ先
(財)日米医学医療交流財団
〒113-0033東京都文京区本郷3-27-12
E-mail: janamef1988-info*janamef.or.jp(*を@に変えてください)
Tel: 03-6801-9777
Fax: 03-6801-9778

主催:(財)日米医学医療交流財団
共催:京都大学大学院医学研究科・医学部・(社)芝蘭会・グローバルCOE(生命原理の解明を基とする医学研究教育拠点)
 
 
 
  ポスター
ホームページ
 
     

 

 

■2009.09.11
 
鍋島陽一教授が岡本国際賞を受賞
 
   
 
本研究科の鍋島陽一教授が、財団法人 成人血管病研究振興財団より、平成21年度岡本国際賞を
授与されました。

岡本国際賞は、高血圧、動脈硬化、糖尿病など、成人血管病に関する「基礎的研究」において
顕著な研究業績をあげ国際的評価の高い国内国外の研究者に対し贈呈されるものです。

授与式は、平成21年9月4日、東京で開催の第45阿高血圧関連疾患モデル学会学術総会会場に
おいて執り行われました。
 
 
 
 
腫瘍生物学
 
     

 

 

■2009.07.24
 
ドイツ・ハイデルベルク大学医学部助教授の表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
ドイツ・ハイデルベルク大学医学部助教授の表敬訪問
 
     

 

 

■2009.07.14
 
平成21年 医学研究科懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成21年 医学研究科懇談会を開催
 
     

 

 

■2009.07.03
 
CINAHL + Nursing@Ovid 講習会について
 
   
 
CINAHLとNursing@Ovidの講習会を、
7月22日(水)16:30-18:30にB棟3階の基礎第一講堂で開催いたします。
予約不要ですので、直接ご来場ください。

詳細については、医学図書館トップページの「お知らせ」をご覧ください。
 
 
 
 
医学図書館
 
     

 

 

■2009.06.26
 
スーパー特区連携シンポジウム「我が国の先端医療開発の推進」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.06.12
 
がんプロフェッショナル養成プラン「リンパ浮腫ケア技術者研修」
 
   
 
 
 
 
 
がんプロフェッショナル養成プラン
 
     

 

 

■2009.04.07
 
がんプロフェッショナル養成プラン「尿路上皮がんフォーラム」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.04.06
 
がんプロフェッショナル養成プラン 全国医科大学腫瘍内科連携協議会設立記念シンポジウム「腫瘍内科とは何か」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.03.25
 
テキサス大学MDアンダーソンがんセンターと姉妹機関協定を締結
 
   
 
 
 
 
 
テキサス大学MDアンダーソンがんセンターと姉妹機関協定を締結
 
     

 

 

■2009.03.11
 
がんプロフェッショナル養成プラン「リンパ浮腫ケア最前線」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.03.09
 
がんプロフェッショナル養成プラン特別講義 "How to write a scientific paper to be published"
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.02.23
 
第2回 医療フォーラム -がん医療専門職教育教育の実践-
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.02.23
 
医学研究科主催国際シンポジウム「MD ANDERSON CANCER CENTER & Kyoto Univ. Grad. School of Medicine International Symposium 2009」
 
   
 
Date: March 22, 2009 (Sun) 9:00 〜 17:30

Venue: Kyodai- Kaikan Room 210 (京大会館210号室)
http://www.kyodaikaikan.jp/access.html
*Please come directly to the venue. (Admission free)

Language: English (No translation)

Please see the below poster for details.
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.02.02
 
がんプロフェッショナル養成プラン「高度がん医療を先導する人材養成拠点の形成」乳腺専門医コース講演会
 
   
 
 
 
 
 
がんプロフェッショナル養成プランホームページ
 
     

 

 

■2009.01.28
 
平成21年 医学研究科新春懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成21年 医学研究科新春懇談会を開催
 
     

 

 

■2009.01.28
 
京都大学「医学領域」産学連携推進機構 講演会「創造から活用へ 〜 欧州における技術移転の成功事例に学ぶ 〜 」
 
   
 
 
 
 
  ポスター
京都大学「医学領域」産学連携推進機構 講演会「創造から活用へ 〜 欧州における技術移転の成功事例に学ぶ 〜 」
 
     

 

 

■2009.01.19
 
京都大学グローバルCOEプログラム 生命原理の解明を基とする医学研究教育拠点ホームページを開設しました
 
   
 
 
 
 
 
京都大学グローバルCOEプログラム 生命原理の解明を基とする医学研究教育拠点ホームページ
 
     

 

 

■2009.01.14
 
京大病院医薬分業研修会
 
   
 
日 時:平成21年2月8日(日)午後1時〜午後4時

場 所:京都大学医学部附属病院 臨床第一講堂

テーマ:がん薬物療法における薬薬連携の強化に向けて


講演1
「京大病院におけるTS-1の処方状況と外来化学療法部での服薬指導」
   京都大学医学部附属病院薬剤部   田上裕美

講演2
「TS-1処方の薬薬連携:メーカーの立場から」
   大鵬薬品工業株式会社       学術担当者

講演3
「院外処方されたタルセバへの京大病院薬剤部の取り組み」
   京都大学医学部附属病院薬剤部   古俵孝明


総合討論

担 当:寺田智祐
連絡先:京都市左京区聖護院川原町54 京都大学医学部附属病院薬剤部
    TEL: 075-751-4675; E-mail: tomohirokuhp.kyoto-u.ac.jp
共 催:がんプロフェッショナル養成プラン がん専門薬剤師コース
京都府薬剤師会

(駐車場は準備できません。電車・バス等でご来場願います。)
 
 
 
 
がんプロフェッショナル養成プランホームページ
 
     

 

 

■2009.01.09
 
京都大学スーパー特区連携シンポジウム
 
   
 
日時:平成21年1月15日(木)10時〜12時半
場所:京都大学医学部 芝蘭会館 稲盛ホール

詳細は以下ポスターをご覧ください。
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2009.01.05
 
第13回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
   
 
 
 
 
 
第13回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
     

 

 

■2008.11.28
 
上海崋山病院・復旦大学一行表敬訪問の受入れ
 
   
 
 
 
 
 
上海崋山病院・復旦大学一行表敬訪問の受入れ
 
     

 

 

■2008.11.28
 
がんプロフェッショナル養成プラン「専門看護師コース開設に向けての勉強会」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.11.27
 
第3回ウエルネスシンポジウム「生きる力に出会うために」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.11.21
 
がん看護セミナー「看護過程を用いたがん患者の看護実践」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.11.20
 
中島一男技術専門職員 医学教育等関係業務功労者として表彰
 
   
 
 文部科学省は、医学又は歯学に関する教育・研究もしくは患者診療等の業務に関し、顕著な功労のあった方々を対象に毎年表彰をおこなっていますが、このたび附属動物実験施設 技術専門職員 中島一男氏が全国の大学から推薦された多くの候補者の中から今年度の表彰者に選出されました。

 同氏は、長年にわたり医学研究科、医学部において、実験動物の維持、繁殖、並びに動物実験施設の清掃環境維持業務に携わり、動物実験の研究基盤の支えとなってこられました。また同氏は後進技術者や大学院生などの若手研究者に実験用マウス、ラットの取扱いに係る技術指導を行うなど、実験小動物に係る専門技術の伝承にも努められ、その結果優れた研究成果発表の陰の力となり、この分野の研究及び教育に多大な貢献をされ、医学の発展に寄与されました。
これらの功績が認められ今回表彰されることになりました。

 表彰式は平成20年11月28日(金)ホテルフロラシオン青山(東京都港区)にて挙行されます。
 
   
     

 

 

■2008.11.18
 
Lipid peroxidation 2008にてYoung Investigator Award受賞
 
   
 
Lipid peroxidation 2008にて、本学M.D./Ph.D.コース所属の永井裕崇さんがYoung Investigator Award
を受賞しました。
 
 
 
  Young Investigator Award
Lipid peroxidation 2008 HP
 
     

 

 

■2008.11.18
 
第97回日本病理学会総会 学生ポスター部門優秀賞受賞
 
   
 
第97回日本病理学会総会における学生ポスター発表コーナーにて、本学M.D./Ph.D.コース所属の永井裕崇さんが優秀賞を受賞されました。
 
 
 
  表彰状  
     

 

 

■2008.11.14
 
川崎和男先生(工業デザイナー・医学博士)特別講演会 「デザイン医工学の定義」
 
   
 
2008年の4月に京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻に開講された、医学コミュニケーション学講座では「医療・医学と社会のコミュニケーション」を考えていく一環として、以下の特別講演を計画しました。

講師の川崎先生は、人工心臓、コンピューター、伝統工芸品、車椅子、グッドデザイン賞審査員、最近ではアメリカ共和党副代表候補だった、サラ・ペイリン氏のスタイリッシュなメガネのデザイナーとして、メディアから多くの取材を受けてこられました。

医学コミュニケーション学初年度の締めくくりにふさわしい方をお迎えできることをうれしく思いつつ、皆様方のご参加をお待ちしております。

演題: 「デザイン医工学の定義」

概要: 今、医療環境は社会的・時代的に厳しい状況下にある。
しかし、人間は生老病死に対して、医学を基軸に、その生涯を生き抜いていかなければならない。
そこで、医療・医学・周辺状況での問題解決として、
「デザインという実務学の導入」が不可欠となってきている。
デザイナーとしての実務経験と医学博士という立場から、
「デザイン医工学」という学際的領域を提示する。
それは、単なる医工学連携ではなく、
「先端的な医学的な問題解決手法」として
「デザイン」を実務研究・開発・実現事例を通して
講義するものとなる。

講師: 川崎和男・大阪大学大学院・川崎和男先端デザイン研究室

開催日: 2008年12月9日(16:30~18:00)

会場: 京都大学医学部構内G棟2階 Seminar A(232号室)

募集人数: 100名(先着順・事前申込要)※定員になり次第締め切ります

参加費用: 無料

申込方法: 氏名・連絡先(e-mail・電話いづれでも可)を下記のメールアドレスまで送信
         m.saoripbh.med.kyoto-u.ac.jp

問合せ先: 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医学コミュニケーション学分野
〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
TEL:075-753-4662(火・木曜日AM9:00〜PM16:00の間にお願いします)
e-mail: m.saoripbh.med.kyoto-u.ac.jp
 
   
     

 

 

■2008.11.10
 
がんプロフェッショナル養成プラン「Oncology Seminar」開催
 
   
 
 
 
 
  がんプロフェッショナル養成プラン「Oncology Seminar」開催  
     

 

 

■2008.11.05
 
がんプロフェッショナル養成プラン「専門看護師コース開設に向けての勉強会」
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.10.23
 
「第11回京都大学国際シンポジウム」を開催
 
   
 
 
 
 
 
「第11回京都大学国際シンポジウム」を開催
 
     

 

 

■2008.10.22
 
第108回京都大学医学部解剖体祭
 
   
 
 
 
 
 
第108回京都大学医学部解剖体祭
 
     

 

 

■2008.10.22
 
インキュベーション・プラザ 企業相談会及び第4回公募説明会
 
   
 
 
 
 
  説明会プログラム.doc ポスター
 
     

 

 

■2008.10.22
 
インキュベーション・プラザ起業相談会
 
   
 
インキュベーション・プラザでは、2008年秋より下記の日程で、医学領域に関係する
起業をお考えの方を対象として、起業相談会を開催いたします。下記日程で行います
ので、ふらっとお立ち寄りいただいても結構ですが、アイデアをお持ちの方は、事前
にご予約いただければ、充分な対応も可能となりますので、できるだけご予約お願い
申しあげます。また下記日程でご都合のつかない方はご連絡いただければ別の日にお
越しいただいても結構です。ご参加をお待ち申しあげております。


                記

日時:2008年11月 5日(水)14:00〜17:00
2008年11月 18日(火)15:00〜17:00
2008年12月 4日(木)14:00〜17:00
2008年12月 16日(火)15:00〜17:00

場所:芝蘭会館第2会議室

対象:京都大学「医学領域」の職員、研究員、院生、学生

相談に必要な条件:
・ 現時点で研究成果物(特許・データ・有体物等)を持っているか、
もしくはこれから出す予定のかた。
(特許があれば万全です。また学会未発表データがあると尚良です。)

動機として、たとえば:
・ 起業のノウハウが分からないので詳しく知りたい。
(御自分の研究成果物が、起業に結びつくかどうか分からない方も、
一度ご相談下さい。ベンチャーキャピタル側から見れば結びつくかもしれません。)
・ 起業の事業化構想を持っており、そのサポートが必要。
(ある程度の構想をお持ちでも、それを実現化するための要領が分からない方もご相談ください。)
・ 起業を考えているが、資金面について相談したい。
(科研費の様な研究資金ではありません。あくまでも起業することが目的です。)
・ 事業計画書の書き方を、知りたい。
(プロのキャピタリストが、アドバイスさせていただきます。)
・ 大学の規程との調整について相談したい。
(兼業申請、利益相反、特許のライセンス等についてのご相談を受け付けております。)


京都大学「医学領域」産学連携推進機構
インキュベーション・プラザ
TEL:075-753-9461 FAX:075-753-9464
e-mail:incubation_poffice.med.kyoto-u.ac.jp
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.10.22
 
インキュベーションプログラム第4回公募ご案内
 
   
 
 
 
 
  第4回募集要項.doc 第4回公募申請書.doc
HTSAssay説明図.pdf
 
     

 

 

■2008.10.16
 
日英国際シンポジウム「卒後医学教育の新たな発展にむけて−Work Based Learningからのチャレンジ−」〜ロンドン厚生局・ロンドン大学教育研究所のチャレンジから学ぶ〜
 
   
 
《シンポジウム》*要申込
 日時 2008年11月13日(木) 13:00 〜 17:00
 場所 京都大学芝蘭会館 稲盛ホール
 参加費 無料
《プレシンポジウム ワークショップ》*要申込
  「卒後医学教育を現場で推進するために」
 日時 2008年11月13日(木) 10:00 〜 12:00
 場所 京都大学芝蘭会館 山内ホール
 参加費 無料
 
*申込み方法:ポスター参照

問合せ・申込み先:京都大学医学研究科 医学教育推進センター 
TEL 753−9338 FAX 753-9339 E-mail cme_kyoto yahoo.co.jp
         http://plaza.umin.ac.jp/~cme/
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.10.10
 
How to make a scientific presentation〜 個別トレーニングの会 〜
 
   
 
講師:Neal Nathanson, MD
    Associate Dean, Global Health Programs,
    University of Pennsylvania, School of Medicine

日時:10月29日(水)15:00〜17:00
   10月31日(金)15:00〜17:00
場所: 医学部 D棟 107号室

この会は、希望者をあらかじめ登録の上行います。参加者は、現在行っているリサーチの内容や以前行った国際学会の発表内容などを、 Nathanson先生の前で英語でコンパクトにプレゼンテーションしていただきます。プレゼンテーションのやり方について個別アドバイスをいただく貴重な機会です。
参加希望の方は、@氏名 A所属、身分 B連絡先をご記入の上、FAX(753-9339)またはメール(cme_kyotoyahoo.co.jp)にてお申込ください。 
※医学部、薬学部の院生、研修医、学生などを想定していますが、以前は教員の方もご参加いただいております。参加資格は特に限定いたしません。無料です。
締め切り: 10月24日(金)
問い合わせ先:京都大学医学研究科 医学教育推進センター 
TEL753−9338 E-mail cme_kyotoyahoo.co.jp
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.10.09
 
がん臨床研究成果発表会〜標準的リンパ浮腫診療の実践〜
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.10.01
 
日本学術会議シンポジウム「私はなぜ生命科学研究者になったのか。細胞生物学の魅力」のご案内
 
   
 
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.09.26
 
第2回がん看護専門看護師コースフォーラムを開催
 
   
 
 
 
 
  第2回がん看護専門看護師コースフォーラムを開催  
     

 

 

■2008.09.25
 
学術講演会 〜音楽と人工内耳〜
 
   
 
<演  題>  音楽と人工内耳

<講 演 者>  Kate Gfeller, Ph.D.アイオワ大学教授

<日   時>  平成20年9月29日(月)17:30〜18:15

<場  所>  京都大学医学部附属病院第2臨床研究棟6階 
        耳鼻咽喉科・頭頸部外科 セミナー室(6313号室)

<主  催>  耳鼻咽喉科・頭頸部外科
        http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~ent/
 
   
     

 

 

■2008.09.24
 
第7回京滋外来化学療法懇話会のご案内
 
   
 
 
 
 
  第7回京滋外来化学療法懇話会のご案内  
     

 

 

■2008.09.24
 
第7回北野緩和医療研究会のご案内
 
   
 
 
 
 
  第7回北野緩和医療研究会のご案内  
     

 

 

■2008.09.19
 
平成20年度「遺骨返還式」を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成20年度「遺骨返還式」を実施
 
     

 

 

■2008.09.08
 
がん専門薬剤師インテンシブコース〜抗がん剤関連業務の基盤整備と均てん化に向けて〜
 
   
 
 
 
 
  がん専門薬剤師インテンシブコースポスター.pdf  
     

 

 

■2008.09.03
 
がんリハビリテーション特別講演会開催
 
   
 
 
 
 
  がんリハビリテーション特別講演会  
     

 

 

■2008.08.22
 
第2回京都大学再生医科学研究所・医学研究科 共催 ヒトES 細胞倫理研修会
 
   
 
各分野等 御中

「第2回京都大学再生医科学研究所・医学研究科共催 ヒトES細胞倫理研修会」
を添付のとおり開催いたします。

参加申し込みは、添付の申し込み書にて分野ごとまとめて倫理委員会事務局宛
に9月1日(月)までにEメールにて送信下さい。

尚、参加者へは医学研究科長の受講証を発行致しますが、遅刻及び途中退出
をされますと発行されない可能性がございますのでご留意下さい。


京都大学大学院医学研究科・医学部医の倫理委員会
委員長 小杉 眞司
 
 
 
  プログラム 第2回ヒトES細胞倫理研修会参加申込み
 
     

 

 

■2008.07.25
 
第11回京都大学国際シンポジウム「現代医学におけるバイオサイエンスの潮流」
 
   
 
 
 
 
 
第11回京都大学国際シンポジウム「現代医学におけるバイオサイエンスの潮流」
 
     

 

 

■2008.07.22
 
平成20年 医学研究科懇親会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成20年 医学研究科懇親会を開催
 
     

 

 

■2008.07.01
 
研修医のためのがんセミナー(4回シリーズ)開催
 
   
 
 
 
 
 
がんプロフェッショナル養成プランホームページ
 
     

 

 

■2008.06.19
 
平岡 真寛教授(医学研究科)が、産学官連携功労者表彰 経済産業大臣賞を受賞
 
   
 
 
 
 
 
平岡 真寛教授(医学研究科)が、産学官連携功労者表彰 経済産業大臣賞を受賞
 
     

 

 

■2008.06.19
 
近藤科江特定教授(医学研究科)が、女性科学者の会奨励賞を受賞
 
   
 
 
 
 
 
近藤科江特定教授(医学研究科)が、女性科学者の会奨励賞を受賞
 
     

 

 

■2008.06.13
 
市民公開講座「男性と女性の泌尿器の病気」開催
 
   
 
 
 
 
  ポスター 参加表
 
     

 

 

■2008.06.12
 
「がんプロフェッショナル養成プラン」説明会を開催
 
   
 
現在、後期研修中の研修医の皆さんへ

京都大学大学院医学研究科「がんプロフェッショナル養成プラン」のご案内

詳細は、以下添付ファイルをご覧ください。
 
 
 
  「がんプロフェッショナル養成プラン」説明会を開催  
     

 

 

■2008.06.12
 
がん看護専門看護師コースフォーラムを開催
 
   
 
 
 
 
 
がんプロフェッショナル養成プランホームページ
 
     

 

 

■2008.06.06
 
北京大学医学部と学術交流協定を締結
 
   
 
 
 
 
 
北京大学医学部と学術交流協定を締結
 
     

 

 

■2008.05.09
 
医療と教育を考える勉強会特別講演「実践!インストラクショナルデザイン」
 
   
 
講演者 内田 実 先生
     独立行政法人メディア教育開発センター
     特定特任教授

日 時 平成20年5月20日(火)18:30〜

場 所 百周年時計台記念会館 会議室U

費 用 無料

申込み方法 @所属A氏名B連絡先をご記入の上、メールにてお申込みください。
      E-mail:cme_kyotoyahoo.co.jp

主 催 医学教育推進センター(753-9454)
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.04.25
 
中華人民共和国華中科技大学同済医学院一行が表敬訪問
 
   
 
 
 
 
 
中華人民共和国華中科技大学同済医学院一行が表敬訪問
 
     

 

 

■2008.04.21
 
生命科学系キャリアパス形成ユニットのホームページが公開
 
   
 
若手研究者が生命科学分野における先端的かつ独創的な研究を行うための組織
「生命科学系キャリアパス形成ユニット」のページが公開されました。
 
 
 
 
生命科学系キャリアパス形成ユニット
 
     

 

 

■2008.04.11
 
京大「医学領域」発の創薬系ベンチャー、株式会社 京都コンステラ・テクノロジーズ設立
 
   
 
 
 
 
 
京大「医学領域」発の創薬系ベンチャー、株式会社 京都コンステラ・テクノロジーズ設立
 
     

 

 

■2008.04.03
 
中尾一和教授、川根公樹助教が科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞
 
   
 
 
 
 
 
中尾一和教授、川根公樹助教が科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞
 
     

 

 

■2008.03.28
 
寄附講座「呼吸管理睡眠制御学講座」開設
 
   
 
寄附講座「呼吸管理睡眠制御学講座」を開設いたしました。
 
 
 
 
呼吸管理睡眠制御学講座
 
     

 

 

■2008.03.26
 
特別講演会 がん6回人生全快 −16年のがん闘病で考えたこと−
 
   
 
【講演者】 関原 健夫
鞄本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー 
代表取締役社長

【内 容】 本学、法学部のご卒業です。1984年大腸がん手術を受けられ、
その後、転位巣に対して、何度か手術を経験されています。16年間の経験
から、闘病記を出版され、さまざまな審議会の委員もされています。研究
科長のご推薦で、ご講演をお願いいたしました。ご講演は学会でも知られ
ています。あらゆる方のご参加をお待ちしております。

【日 時】 平成20年4月14日(月)18:00〜
【場 所】 芝蘭会館 稲盛ホール
【主 催】 医学教育推進センター
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.03.25
 
平成19年度医学部医学科卒業式
 
   
 
 
 
 
 
平成19年度医学部医学科卒業式
 
     

 

 

■2008.03.14
 
大学院教育コースホームページを作成
 
   
 
 
 
 
 
大学院教育コースホームページ
 
     

 

 

■2008.03.14
 
京都がん薬剤業務連携協議会研修会を開催
 
   
 
 
 
 
 
京都がん薬剤業務連携協議会研修会を開催
 
     

 

 

■2008.03.12
 
第2回 京都大学臨床研究ワークショップ「データマネジメントのしくみ・ノウハウとITの活用」
 
   
 
日時:2008年3月26日(水)17:30〜19:30

場所:京都大学医学部芝蘭会館稲盛ホール

主催:京都大学医学部附属病院探索医療検証部(大学院医学研究科臨床試験管理学分野)

参加費無料、事前申込不要

開会の挨拶 探索医療検証部 福島 雅典 (17:30〜17:35)

1.データマネジメントとは? 探索医療検証部 多田 春江 (17:35〜17:50)

2.京大病院における臨床研究データマネジメント
探索医療検証部 新美 三由紀(17:50〜18:20)

コーヒーブレイク(軽食付)

3.医者にはつらかったデータマネジメント 消化管外科 肥田 侯矢 (18:40〜19:00)

4.電子カルテの二次利用 〜現状と今後の方向性〜
探索医療検証部 山本 景一 (19:00〜19:20)

閉会の挨拶 探索医療検証部 手良向 聡 (19:20〜19:25)

<問い合わせ先>
京都大学医学部附属病院探索医療検証部(担当:多田)
TEL: 075-751-3397
E-mail: infokutrc.org
URL: http://www.kutrc.org
 
 
 
 
京都大学医学部附属病院探索医療検証部
 
     

 

 

■2008.03.11
 
知的財産経営学コース成果報告書を掲載
 
   
 
社会健康医学系専攻知的財産経営学コース
「先端医学領域知的財産ディレクター養成講座」成果報告書を掲載しました。
 
 
 
 
各種評価結果・報告書
 
     

 

 

■2008.02.27
 
がんプロフェッショナル養成プラン「緩和医療研修会」を開催
 
   
 
 
 
 
 
緩和医療研修会を開催
 
     

 

 

■2008.02.25
 
がんプロフェッショナル養成プラン「高度がん医療を先導する人材養成拠点の形成」医療フォーラム−がん医療専門職教育の現状と課題−
 
   
 
●趣 旨●
本フォーラムでは主に医療関係従事者、研究者、学生を対象に、がん治療専門職
の養成にあたり、今日直面している問題を教育・臨床の観点から有識者にお話し
いただき、討論を通じて検証を進めます。

●挨 拶●
13:30〜 塩 田 浩 平 京都大学医学研究科長

●セッション1●13:35〜15:05
「大学および連携機関におけるがん医療の実情と専門職養成の方向性」
13:35〜13:50 「専門職養成の場としての京大がんセンター」
京都大学医学研究科 教授 平岡眞寛
13:50〜14:05 「三重大学病院がんセンターにおけるチーム医療の実践」
三重大学医学系研究科 准教授 中瀬一則
14:05〜14:20 「大阪医大化学療法センターにおけるチーム医療の実践」
大阪医科大学化学療法センター長/准教授 瀧内比呂也
14:20〜14:35 「本学の悪性腫瘍に対する取組-教育・組織・地域連携・先進医療」
滋賀医科大学医学部医学科 教授 谷 徹
14:35〜14:50 「短期間のがん診療連携相談支援センター立ち上げとチームの育成」
財団法人田附興風会 北野病院 看護部長 松月みどり
14:50〜15:05 討論「がん専門職養成における機関連携」(座長・京都大学医学研究科 教授 小川修)

●セッション2●15:15〜16:30
「各専門職からみたがん専門職養成の問題点と解決法」
15:15〜15:30 「がん薬物療法医の視点から」
京都大学医学研究科 准教授 柳原一広
15:30〜15:45 「放射線治療医の立場から」
京都大学医学研究科 講師 光森通英
15:45〜16:00 「がん看護師の養成の立場から」
三重大学医学部看護学科長/教授 大西和子
16:00〜16:15 「がん専門薬剤師の養成」
京都大学医学研究科 教授 乾 賢一
16:15〜16:30 討論「チーム医療とがん専門職の養成」(座長・京都大学医学研究科 教授 小川修)

●とき●
2008 年3 月7 日(金)
開 場 13:00
開催時間 13:30〜16:30
入場無料、定員150 名

●ところ●
京都大学医学部創立百周年記念施設
芝蘭会館 稲盛ホール
京都市左京区吉田近衛町
※ご来場の際は公共交通機関をご利用願います。
<交通のご案内>
@JR京都駅から:京都駅前バスターミナルD2 乗り場
から市バス206 系統「東山通 北大路通バスターミナル」
行き乗車約40 分「京大正門前」下車、徒歩2 分
A阪急河原町駅から:市バス201 系統「祇園・百万遍」
行き、31 系統「熊野・岩倉」行き乗車約20 分「京大
正門前」下車、徒歩2 分

●申込方法●
下記申込先にメール、FAX、又は往復ハガキ
にてお申し込み願います。
受付完了後、確認のメール、FAX又は返信ハガキ
にて確認票をお送りします。フォーラム当日に必ず
ご持参下さい。電話での申込受付はいたしません。

●照会先●
京都大学医学研究科企画・戦略室
〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
TEL 075(753)4326(電話申込不可)
FAX 075(753)4348
E-mail kikaku-soffice.med.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.med.kyoto-u.ac.jp/ganpro/

●主 催●
京都大学医学研究科、三重大学医学系研究科、
滋賀医科大学、大阪医科大学
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2008.02.04
 
知的財産経営学コース 研究成果報告・講演会「先端医学領域における技術経営を担う人材の育成:その成果と展望」
 
   
 
【京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 知的財産経営学コース 研究成果報告・講演会
「先端医学領域における技術経営を担う人材の育成:その成果と展望」

【日時】 平成20年2月29日(金)14:00〜18:10
【場所】 芝蘭会館本館 稲盛ホール(京都大学医学部構内)
       ※地図 http://office.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm
【主催】 京都大学大学院医学研究科

【内容】
◆挨拶   (14:00〜14:20)
  開会挨拶 
    医学研究科長・医学部長 塩田浩平
  来賓挨拶
    文部科学省 科学技術・学術政策局 科学技術・学術戦略官 生川浩史
  京都大学挨拶
    理事・副学長(研究担当) 松本紘 
◆成果報告(14:20〜15:20)
 (1)教育の実績  知的財産経営学コース 教授  寺西豊
 (2)研究の実績  知的財産経営学コース 准教授 田中秀穂
 (3)卒業生体験報告  エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社 水本尚宏
◆講演  (15:30〜18:00)
 (1)知的社会における新しいリーダー人材
     日本知的財産協会 専務理事 宗定勇
 (2)先端医学領域における技術経営人材育成〜ベンチャーキャピタルの立場から〜
     株式会社バイオフロンティアパートナーズ 代表取締役社長 大滝義博
 (3)キャンバス社の軌跡〜知財・経営的観点から〜
     株式会社キャンバス 代表取締役社長 河邊拓己
 (4)大学と製薬企業の連携を担う人材
     武田薬品工業株式会社 医薬研究本部長 大川滋紀
◆閉会挨拶(18:00〜18:10)

【参加費】 無料
【お申込】 事前申込制(申込締切:2月27日(水))
  ※誠にお手数ではございますが、参加をご希望の場合には、「お名前、ご所属、電話番号、E-mailアドレス又はFAX番号」をご記入の上、2月27日までに下記問い合わせ先までお知らせ頂きますようお願い申し上げます。

【講演会に関するお問い合わせ】
 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 知的財産経営学コース(担当:仲里)
 〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部構内
 TEL: 075−753−4671(内線:4671)
 FAX: 075−753−9333
 E-mail: motkyotopbh.med.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.motkyoto.com
 
 
 
  ポスター
知的財産経営学コースホームページ
 
     

 

 

■2008.01.31
 
がんプロフェッショナル養成プラン「高度がん医療を先導する人材養成拠点の形成」 パンフレットを掲載
 
   
 
 
 
 
 
がんプロフェッショナル養成プラン「高度がん医療を先導する人材養成拠点の形成」 ページ
 
     

 

 

■2008.01.29
 
がんプロフェッショナル養成プラン 「緩和医療研修会」を開催
 
   
 
 
 
 
 
緩和医療研修会を開催
 
     

 

 

■2008.01.29
 
平成20年 新春懇談会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成20年 新春懇談会を開催
 
     

 

 

■2008.01.22
 
平成19年度第2回京都がん薬剤業務連携協議会研修会を開催
 
   
 
 
 
 
 
平成19年度第2回京都がん薬剤業務連携協議会研修会
 
     

 

 

■2008.01.22
 
市民公開講座「府民とともに考える京都のがん医療」を開催
 
   
 
 
 
 
 
市民公開講座「府民とともに考える京都のがん医療」を開催
 
     

 

 

■2008.01.16
 
第12回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
   
 
 
 
 
 
第12回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
     

 

 

■2008.01.07
 
第1回医学教育学セミナー医療コミュニケーション研究の方法論と臨床・教育への応用
 
   
 
講師:滋賀医科大学 医療文化学講座 行動科学
      准教授 石川 ひろの 先生

場所:医学部A棟 103号

日時:2008年1月25日(金)16:00〜

問合せ:医学教育推進センター(TEL:075-753-9454)
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2007.12.17
 
講演会/一般公開授業「身体診察のartとscience」
 
   
 
講演者:聖路加国際病院理事長 日野原 重明 先生

場所:京都大学医学部 芝欄会館 稲盛ホール

日時:2008年1月10日(木)13:00〜

※この講演は3回生I診断治療学総論の授業です。
聴講希望者多数の場合、別室にてビデオ中継による遠隔講義になります。
ご了承ください。

※事前申込みは不要です。
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2007.12.10
 
大学院共通導入教育コース「ライフサイエンスの潮流」シリーズ・レクチャー
 
   
 
 
 
 
  京都大学医学研究科大学院共通導入教育コース「ライフサイエンスの潮流」シリーズ・レクチャー  
     

 

 

■2007.12.04
 
鍋島陽一教授 2007年度武田医学賞受賞
 
   
 
 
 
 
 
鍋島陽一教授 2007年度武田医学賞受賞
 
     

 

 

■2007.11.30
 
京都大学医学領域 産学連携セミナー2007〜成功する医学領域の産学連携を考える〜
 
   
 
日時:平成19年12月7日( 金)15時30分〜18時
於:芝蘭会館 本館 稲盛ホール(京都大学医学部構内)
事前申込制・参加無料


< 問い合わせ先>
京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻
知的財産経営学コース(担当:仲里)
〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部構内
Tel :075-753-4671(内線4671)
E-mail:motkyotopbh.med.kyoto-u.ac.jp
URL  :http://www.motkyoto.com/
Fax  :075-753-9333


講演詳細は以下、ポスターをご覧ください。
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2007.11.27
 
第四軍医大学との学術交流協定を更新
 
   
 
 
 
 
 
第四軍医大学との学術交流協定を更新
 
     

 

 

■2007.11.27
 
ハノイ医科大学と学術交流協定を締結
 
   
 
 
 
 
 
ハノイ医科大学と学術交流協定を締結
 
     

 

 

■2007.11.12
 
高度がん医療を先導する人材養成拠点の形成サイトを開設しました
 
   
 
 
 
 
 
高度がん医療を先導する人材養成拠点の形成
 
     

 

 

■2007.11.02
 
平成19年度から実施 医学部医学科一回生の医療ボランティア実習について
 
   
 
 
 
 
  京都新聞 記事  
     

 

 

■2007.10.29
 
小岸克美技術専門職員、医学教育等関係業務功労者として表彰
 
   
 
文部科学省では、医学又は歯学に関する教育、研究もしくは患者診療等の業務に関し、顕著な功労のあった方々を毎年表彰しておりますが、このたび附属動物実験施設 技術専門職員 小岸克美氏が全国の大学から推薦された多くの候補者の中から今年度の表彰者に選ばれました。

同氏は、医学部衛生学教室の実験補助から始まり、京都大学純系動物飼育センターにおける医学部をはじめ京都大学全部局を対象にした実験用マウス・ラットの供給事業、医学部(現医学研究科)附属動物実験施設における先端的医学研究を支える実験用マウス胚に係る業務や動物飼育ケージ類の滅菌消毒、並びに空調管理の中心として、40年以上もの長期にわたって、動物実験の基盤を支え、医学の発展に多大の貢献を行ってこられました。

また、医学研究を開始した大学院生らに対して親身に実験用マウスの胚移植や外部機関からのマウスの導入に助言を与えるなどして、医学研究を支えていただきました。

さらに、医学部技術部(旧)の技術長として後継技術者の育成と技術開発(飼育機器改良の特許取得)についても熱心であり、京都大学技術職員研修においても講師を務めるなど、この分野の研究教育活動に大きく貢献していただいたことが認められ、表彰されることとなりました。

 表彰式は、11月30日(金)ホテルフロラシオン青山(東京都港区)にて挙行されます。
 
   
     

 

 

■2007.10.25
 
「魅力ある大学院教育」イニシアティブ(平成17年度採択教育プログラム)の事後評価結果について
 
   
 
平成17年10月より、文部科学省「魅力ある大学院教育」イニシアティブ(平成17年度採択教育プログラム)の支援を受けて実施していた「医学研究科大学院教育コース」について、文部科学省(「魅力ある大学院教育」イニシアティブ委員会)による事後評価が実施され、評価結果が公表されました。

 本研究科で実施した「医学研究科大学院教育コース」は目的が充分に達成されたとの評価結果を得ました。
 
 
 
  事後評価結果
文部科学省-魅力ある大学院教育」イニシアティブ(平成17年度採択教育プログラム)事後評価について-
 
     

 

 

■2007.10.22
 
第107回京都大学医学部解剖体祭
 
   
 
 
 
 
 
第107回京都大学医学部解剖体祭
 
     

 

 

■2007.10.18
 
京大・アステラス製薬 「創薬医学融合拠点」開所式を挙行
 
   
 
 
 
 
 
京大・アステラス製薬 「創薬医学融合拠点」開所式を挙行
 
     

 

 

■2007.10.16
 
中国復旦大学医学院と学術交流協定を締結
 
   
 
 
 
 
 
中国復旦大学医学院と学術交流協定を締結
 
     

 

 

■2007.10.01
 
平成19年度「遺骨返還式」を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成19年度「遺骨返還式」を実施
 
     

 

 

■2007.09.27
 
京都大学21世紀COEプログラム「融合的移植再生治療を目指す国際拠点形成」公開シンポジウム「再生医療と生命倫理2」プログラム
 
   
 
日 時: 平成19年10月6日(土)13:00〜16:20

会 場: 京都大学医学部創立百周年記念施設 芝蘭会館 稲盛ホール
(京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部構内)

主 催: 21世紀COEプログラム「融合的移植再生治療を目指す国際拠点形成」
(京都大学大学院医学研究科、医学部附属病院、再生医科学研究所)

シンポジウムの様子はインターネットでライブ放映予定です。
放映はシンポジウム当日のみ視聴できます。

プログラム等、詳細は以下リンク先をご覧ください。

問い合わせ先:
京都大学医学部附属病院 経理・調達課産学経理掛 
TEL: 075-751-4880
FAX: 075-751-3069
E-Mail: coe_jim@kuhp.kyoto-u.ac.jp
COE-HP:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~coe/index.html
所在地: 〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町54
 
 
 
 
プログラム ポスター
 
     

 

 

■2007.09.25
 
京都大学「細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト」第4回国際シンポジウムのご案内
 
   
 
標記のことにつきまして、開催のご案内を申し上げます。
詳細は下記URLをご参照下さい。
ご周知いただき、多数のご参加を心よりお待ち申し上げます。

                       医学研究科・教授  野間 昭典

◆シンポジウムURL: http://www.biosim.med.kyoto-u.ac.jp/4thsimposium/index.html
 プロジェクトHP: http://www.biosim.med.kyoto-u.ac.jp/

◆日 時:平成19年11月12日(月)〜13日(火)
◆会 場:京都大学 芝蘭会館 2F 稲盛ホール
◆参加費:無料(懇親会除く)

◆ご案内:
2003年4月より開始いたしました、文部科学省リーディングプロジェクト
「細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト」は最終年度を迎えました。
京都大学拠点においては、多くの方々の支援のもと、着実な成果を
得ることができました。
この度、5年間の成果報告および世界におけるシステム生物学研究の
最前線を紹介することを目的に、
第4回国際シンポジウム〜Medical Systems Biology of the Heart〜を
開催する運びとなりました。今回は、ヒト心臓・膜興奮・シグナル伝達・
血液循環等をテーマに心臓および関連領域においてシステム生物学研究を
リードする国内外の研究者に、最前線の研究成果を紹介していただきます。
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。
 
 
 
 
シンポジウムURL プロジェクトHP
 
     

 

 

■2007.09.20
 
講演会「卒前におけるジェネラリスト教育」
 
   
 
○特別講演○
「英国卒前医学教育でのGP教育」(抄訳付)
Dr. Anne Stephenson
Senior Lecturer in General Practice & Director of Community Education Department of General Practice and Primary Care King's College London

○講演○
「慈恵医大での地域医療教育(在宅ケア実習と家庭医実習)」
福島 統
東京慈恵会医科大学 教育開発室 教授

「洛和会音羽病院総合診療科におけるクリニカル・クラークシップ」
松村 理司
洛和会音羽病院 院長

「京都大学での学生ボランティア実習」
平出 敦
京都大学大学院医学研究科医学教育推進センター 教授

○総合討論○

※場所:医学部A棟103号室

※日時:2007年10月31日(水)17:00〜

○主催・問い合わせ先○
医学教育推進センター(075-753-9338)
 
 
 
  ポスター  
     

 

 

■2007.09.07
 
マウス未分化型精原細胞の精巣内ニッシェと分化に伴う移動を解明
 
   
 
 
 
 
 
マウス未分化型精原細胞の精巣内ニッシェと分化に伴う移動を解明
 
     

 

 

■2007.09.04
 
社会健康医学系専攻 7周年記念シンポジウム 『臨床研究イノベーション』
 
   
 
<日時> 平成19年9月25日(火曜日)
     13時30分〜17時40分(受付開始13時00分)
<場所> 京都大学医学部芝蘭会館 稲盛ホール
     (京都市左京区吉田近衛町京都大学医学部構内)
<主催> 京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻

詳細は、下記リンク先をご参照ください。
 
 
 
 
社会健康医学系専攻 7周年記念シンポジウム 『臨床研究イノベーション』
 
     

 

 

■2007.09.01
 
次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点ホームページ開設
 
   
 
 
 
 
 
次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点
 
     

 

 

■2007.08.03
 
医学部卒業生の皆様へ(注意)
 
   
 
最近、医学部卒業生の実家に、芝蘭会や医学部の事務室を名乗って卒業生の個人情報を聞き出そうとする電話がある、との報告が寄せられています。

芝蘭会や本学部事務室では、電話で卒業生の方の個人情報を尋ねることは一切ありませんので、ご注意くださいますようお願いいたします。
 
   
     

 

 

■2007.07.31
 
第8回日本呼吸器学会近畿支部 『肺の日』記念市民公開講座
 
   
 
本公開講座は、盛況に終了いたしました。
多くの方々のご参加、どうもありがとうございました。
 
 
 
  第8回日本呼吸器学会近畿支部 『肺の日』記念市民公開講座ポスター  
     

 

 

■2007.07.23
 
先端領域融合による開放型医学研究拠点形成 成果報告書を公開
 
   
 
先端領域融合による開放型医学研究拠点形成 成果報告書(PDFファイル)を公開しました。
 
 
 
 
先端領域融合による開放型医学研究拠点形成
 
     

 

 

■2007.07.04
 
京大とアステラス製薬の連携による我が国初の長期・大型創薬医学融合拠点
 
   
 
京都大学とアステラス製薬株式会社は、我が国では初めてとなるアカデミアと製薬企業との
長期・大型の本格的な創薬のための連携融合拠点を医学部構内のB棟に設置し、7月1日から
研究開発をスタートさせました。
本拠点は、平成19年度の文部科学省科学技術振興調整費「先端融合領域イノベーション創出
拠点の形成」プログラムの支援を得て実施(採択課題名称:「次世代免疫制御を目指す創薬
医学融合拠点」)するもので、アトピー、喘息、花粉症などのアレルギー疾患、関節リウマ
チやクローン病などの免疫難病、さらに、がんや、肝炎などの慢性感染症を対象とした創薬
と、移植・再生医療など次世代医療の確立のための安全な免疫抑制技術を目指すものです。
 
 
 
  新聞記事.pdf 写真1.jpg
写真2.jpg 説明資料1.doc
説明資料2.ppt
拠点ホームページ
 
     

 

 

■2007.06.25
 
インセルム研究ユニットU.852看板上掲式・開所式・調印式を実施
 
   
 
 
 
 
 
インセルム研究ユニットU.852看板上掲式・開所式・調印式を実施
 
     

 

 

■2007.06.15
 
寄附講座設置感謝状授与式
 
   
 
 
 
 
 
寄附講座設置感謝状授与式
 
     

 

 

■2007.06.12
 
21世紀COEプログラム「病態解明を目指す基礎医学研究拠点」国際シンポジウム開催報告
 
   
 
 
 
 
 
21世紀COEプログラム「病態解明を目指す基礎医学研究拠点」国際シンポジウム開催報告
 
     

 

 

■2007.05.24
 
「人間健康科学系専攻」看板上掲式及び開設記念行事を実施
 
   
 
 
 
 
 
「人間健康科学系専攻」看板上掲式及び開設記念行事を実施
 
     

 

 

■2007.05.21
 
長浜市0次予防健康づくり推進事業」の共同実施に関する協定書締結
 
   
 
 
 
 
 
長浜市0次予防健康づくり推進事業」の共同実施に関する協定書締結
 
     

 

 

■2007.04.19
 
京都大学と葛椏sレメディス間の膵島移植に関する共同研究契約締結について
 
   
 
 
 
 
 
京都大学と葛椏sレメディス間の膵島移植に関する共同研究契約締結について
 
     

 

 

■2007.04.17
 
医学研究科人間健康科学系専攻開設記念講演会
 
   
 
大学院人間健康科学系専攻開設記念の行事として、講演会を開催します。
詳細は以下添付ファイルをご覧ください。
 
 
 
  医学研究科人間健康科学系専攻開設記念講演会ポスター  
     

 

 

■2007.04.13
 
石崎敏理助教、文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞
 
   
 
科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞は、萌芽的な研究あるいは、独創的視点に
立った研究等、高い研究開発能力を示す顕著な研究業績を挙げた若手研究者個人(平成
19年4月1日現在において40歳未満の研究者)に授与される賞です。
 医学研究科からは、高次脳科学講座神経・細胞薬理学分野 石崎敏理助教の「低分子量
G蛋白質Rhoの標的蛋白質の同定と機能解析の研究」が認められ、受賞されることとなり
ました。
 表彰式は、4月17日(火)虎ノ門パストラル(東京都港区)にて挙行されます。
 
 
 
  受賞対象となった研究業績
神経・細胞薬理学のページへ
 
     

 

 

■2007.04.02
 
医学研究科・医学部における取り組み
 
   
 
医学研究科は、平成19年度から次の取り組みを行います。

医学研究科 「人間健康科学系専攻(修士課程)」の設置

 近年の研究進展が著しい移植医療、再生医療、遺伝子治療、医用工学分野などの
研究を基盤とした高度先進医療への対応を可能とする『高度医療専門職(高度実践
指導者としての看護師、助産師、保健師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士
等)』の育成に必要な教育・研究を行うこととしています。


医学研究科 「集学的がん診療学講座」の設置

 がん治療においては、新規の分子標的薬、免疫療法、科学的治療法、放射線療法
などが創成され、集学的治療が標準化されつつあるが、個々の患者にとって最良と
なる治療法の確定、標準化に至っているものは少ない。
 このため本寄付講座においては、学際的な医学研究に基づくがんの新規集学的治
療法の開発・研究や、医学部附属病院の診療科・診療部を横断した集学的がん診療
システムの研究等を行うこととしています。
 
 
 
 
人間健康科学系専攻一覧 人間健康科学系分野一覧
寄附講座一覧
 
     

 

 

■2007.04.01
 
寄附講座「集学的がん診療学講座」開設
 
   
 
寄附講座「集学的がん診療学講座」を開設いたしました。
 
 
 
 
集学的がん診療学講座
 
     

 

 

■2007.04.01
 
生命科学系キャリアパス形成ユニットを設置
 
   
 
 平成19年4月1日付けで「生命科学系キャリアパス形成ユニット」を設置しました。
ユニットの目的は、若手研究者に独立した研究スペースと実験設備、研究費、人的サポートを行い、自立的に研究を推進する機会を与え、生命科学分野での先端的・横断的融合研究を推進する若手研究者を養成することをめざしています。
 本ユニットは、医学研究科をはじめとする本学の生命科学に関係する8部局が(理学研究科、薬学研究科、農学研究科、生命科学研究科、再生医科学研究所、ウイルス研究所、放射線生物研究センター)が協力して運営します。

研究場所:生命科学系キャリアパス形成ユニット棟
                 (現:医学研究科E棟)
ユニット長:鍋島陽一 教授(医学研究科)
 
   
     

 

 

■2007.03.27
 
平成18年度 医学部医学科卒業式
 
   
 
平成18年度医学部医学科卒業式を3月26日 午前11時30分から
芝蘭会館 稲森ホールで取り行いました。今年度の医学部卒業生は105名でした。
 
 
 
  成宮学部長式辞「畏れをもって人生に臨め」  
     

 

 

■2007.03.08
 
「先端領域融合医学研究機構」終了シンポジウム
 
   
 
 
 
 
 
「先端領域融合医学研究機構」終了シンポジウム
 
     

 

 

■2007.03.05
 
医学研究科長のフランス訪問;INSERM 京大ユニット開設促進にむけて合意
 
   
 
 
 
 
 
INSERM 京大ユニット開設促進にむけて合意
 
     

 

 

■2007.01.09
 
第11回京都大学医学教育ワークショップを開催いたしました
 
   
 
 
 
 
 
第11回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
     

 

 

■2006.12.06
 
Strategies for Industry and Academia Partnership in Drug Development−創薬共同開発における長期大型の産学連携戦略−が開催されました
 
   
 
 
 
 
 
Strategies for Industry and Academia Partnership in Drug Development−創薬共同開発における長期大型の産学連携戦略−
 
     

 

 

■2006.11.14
 
中尾一和教授(内科学講座内分泌代謝内科学分野)が日本肥満学会学会賞を受賞
 
   
 
中尾一和教授(内科学講座内分泌代謝内科学分野)は平成18年10月28日、肥満症とその心臓血管合併症に関する臨床研究において、日本肥満学会学会賞を受賞いたしました。

詳細は下記ファイルをご参照ください。
 
 
 
  日本肥満学界プログラム及び賞状
内科学講座 内分泌代謝内科学分野
 
     

 

 

■2006.10.27
 
中西重忠名誉教授(元医学専攻生体情報科学(生体情報科学)講座(兼任))が文化功労者に選ばれました
 
   
 
中西重忠名誉教授(元医学専攻生体情報科学(生体情報科学)講座(兼任))は、「神経伝達の基本的なメカニズムと脳・神経機能制御の分子メカニズムを世界に先駆けて明らかにした」ことにより、平成18年10月27日、文化功労者に選ばれました。
 
 
 
  産経新聞平成18年10.27掲載記事  
     

 

 

■2006.10.23
 
第106回京都大学医学部解剖体祭を開催
 
   
 
 
 
 
 
第106回京都大学医学部解剖体祭
 
     

 

 

■2006.10.03
 
平成18年度「遺骨返還式」を実施
 
   
 
 
 
 
 
平成18年度「遺骨返還式」を実施
 
     

 

 

■2006.09.29
 
財団法人先端医療振興財団理事長(医学研究科名誉教授)井村裕夫氏が名誉大英勲章CBEを授与されました
 
   
 
財団法人先端医療振興財団理事長(医学研究科名誉教授)井村裕夫氏が、名誉大英勲章CBEを授与されました。

名誉大英勲章(The Most Excellent Order of the British Empire)は、英国人以外の人々に授与される勲章です。

英国の名誉勲章につきましては、下記添付ファイルをご参照ください。
 
 
 
  英国の名誉勲章  
     

 

 

■2006.09.16
 
第61回 京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊について
 
   
 
 
 
 
 
第61回京都大学原爆災害総合研究調査班遭難者の慰霊について
 
     

 

 

■2006.09.14
 
知的財産を管理運用する学外組織設立を検討
 
   
 
京都大学医学領域産学連携推進機構(KUMBL)は、医学分野の知的財産(知財)を管理活用する学外組織を設立検討いたします。
 
 
 
  京都新聞掲載記事(H18.9.13)
KUMBLホームページ
 
     

 

 

■2006.07.27
 
臓器機能保存学講座を8月1日付で開設予定
 
   
 
名  称:   「臓器機能保存学講座」(Department of Organ Preservation Technology)
寄 附 者:   株式会社大塚製薬工場
設置期間:   平成18年8月1日〜平成23年7月31日
担当教員:  寄附講座助教授  板 東   徹
         寄附講座講師   中 村 隆 之
         寄附講座助手   藤 永 卓 司

研究目的:   体外環境下に置かれた臓器、組織、細胞の機能低下ないし機能喪失の
         現象を科学的に解析し、その機序を明らかにする。また、自然界に存在する
         細胞機能を保持する現象の分析を通じて、臓器、組織、細胞機能を保存・維
         持する機序を研究する。

研究内容: 臓器機能保存学の確立と発展、移植医療、再生医学の臨床に役立つ知識を開発する。

研究課題: ・細胞レベルにおける機能低下・喪失機序に関する基礎研究
        ・組織・臓器レベルにおける機能低下・喪失機序に関する基礎研究
        ・Ex vivo モデル、移植モデルなどを用いた体外環境下における臓器・組織・細胞機能
         保存に関する基礎研究
        ・自然界に存在する環境耐性機構に関する研究と応用
        ・臓器・組織・細胞機能保存に関する臨床研究
 
 
 
 
臓器機能保存学講座分野ページ
 
     

 

 

■2006.07.19
 
フランス国立医学研究機構(Inserm)が附属ゲノム医学センターに国際共同研究事業の研究ユニットを新設
 
   
 
  フランス国立医学研究機構(Inserm)は、松田文彦 医学研究科教授(附属ゲノム医学センター)をリサーチディレクターとして、比較ゲノム疫学の国際共同研究のための独立研究ユニットをゲノム医学センターに設置することを決定した。

Insermは近年、国際研究協力を最も重要な課題として、海外に現在3カ所の独立研究ユニットを持つが、欧米以外に独立研究ユニットが設置されるのは今回がはじめて。
 
 松田教授の研究室は、2005年度より文部科学省の特別教育研究事業の支援を受けて「ポストゲノム研究の国際共同研究事業」を実施している。また2003年度より科学技術振興機構(JST)から、「日仏共同体制での多人種間の比較ゲノム解析」で支援を受けている。これらの事業は、生活慣習病の原因解明と医療への応用をめざして、その遺伝素因をフランス国ジェノタイピングセンター (CNG)との国際協力で多人種間での比較解析で明らかにし、病気に関連する遺伝子群の単一塩基型(SNP)の標準カタログを作成することを目的としている。

今回、Insermユニットが設置されることによって、フランスとの国際共同研究に対する研究費の支援を含めフランス側の積極的取り組みがより明確になり、従来のCNGとの研究協力体制の補完・拡充に加え、日仏間の新たな共同研究の開始が計画されており、多人種間での比較解析がその成功の鍵を握るポストゲノム研究において期待されるところは大きい。

 Insermユニットは、本年中に京都大学とInsermの間で調印を行った後、2007年1月1日に設置される見込みである。
 
 
 
 
Inserm 医学研究科附属ゲノム医学センター
 
     

 

 

■2006.06.26
 
本庶佑客員教授が総合科学技術会議議員に選出
 
   
 
前大阪大学長岸本忠三議員の「健康上の理由」による辞任に伴い、本庶佑客員教授が、6月26日、総合科学技術会議議員に選出された。

 総合科学技術会議は、内閣総理大臣及び内閣を補佐する「知恵の場」として、我が国全体の科学技術を俯瞰し、各省より一段高い立場から、総合的・基本的な科学技術政策の企画立案及び総合調整を行うことを目的とし、平成13年1月、内閣府設置法に基づき、「重要政策に関する会議」の一つとして内閣府に設置された会議であり、京都大学からは、平成13年1月井村裕夫元総長が選出されている。
 
 
 
 
総合科学技術会議
 
     

 

 

■2006.05.29
 
池田正之名誉教授、小泉昭夫教授が「環境賞(優秀賞)」を受賞
 
   
 
 「環境賞」は、環境への負荷の少ない持続的発展が可能な研究・開発・調査で画期的な成果を上げるか、その成果が期待される個人や企業・団体を表彰することを通じて、環境保全の一層の発展を図ることを目的に、当時の環境庁の後援を得て(財)日立環境財団と日刊工業新聞社の共催により昭和49年に設けられたものです。第33回環境賞には、優秀賞3件、優良賞2件が選考されました。
 京都大学人体試料バンク研究班(池田名誉教授、小泉教授)による「環境汚染物質のリスク評価に向けた人体試料バンクの創設」の業績が認められ「優秀賞」を受賞することとなりました。表彰式は6月7日(水)11時30分より東京・芝公園の東京プリンスホテルで行われます。

業績概要(不破審査委員長による審査概評より)
 「環境汚染物質のリスク評価に向けた人体試料バンクの創設」は、離分解性のために自然界に蓄積していく環境汚染物質の人体に与える影響を調査するため1970年代から日本全国で収集した血液・母乳などの検体を基にして作られたサンプル・バンクである。これらのサンプル収集には個人情報が関連するため、特別な配慮が必要だが、それだけに貴重なデータとなっている。長期にわたってこのような試料を採取しバンク化することは国際的な比較指標にもつながり、これからの環境行政、リスク管理に役立つ情報として極めて重要である。
 
 
 
 
環境衛生学のページへ
 
     

 

 

■2006.04.11
 
村松正道COE助教授、松岡俊行助手が文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞
 
   
 
 科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞は、萌芽的な研究あるいは,独創的視点に立った研究等,高い研究開発能力を示す顕著な研究業績を挙げた若手研究者個人(2006年4月1日現在において40歳未満の研究者)に授与される賞です。

 村松正道 COE助教授の「免疫学分野におけるAIDの単離と機能解析の研究」及び、松岡俊行 助手の「免疫・アレルギー分野におけるプロスタノイドの役割の研究」の業績が認められ、平成18年度の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞となりました。表彰式は4月18日(火)12時より、虎ノ門パストラル(東京都港区)において挙行されます。
 
 
 
  受賞対象となった研究業績
免疫ゲノム医学のページへ(村松助教授) 神経・細胞薬理学のページへ(松岡助手)
 
     

 

 

■2006.04.01
 
医学研究科・医学部における改組・取り組み
 
   
 
 医学研究科は、新年度から次の改組・取り組みを行います。

『医学研究科 医学専攻の設置』
 4年制一貫の博士課程の生理系専攻、病理系専攻、内科系専攻、外科系専攻、分子医学系専攻、脳統御医科学系専攻の6専攻を医学専攻の1専攻に統合・改組し、近年の医学・生命科学の急速な進展に対応した学際的・総合的な教育・研究を行うこととしています。

『大学院教育コースの本格実施』
 医学専攻の設置を前提に、本年1月から大学院の専攻・講座・分野を横断した12の大学院教育コースを設置し、基礎・臨床・社会医学の各領域を超えた大学院教育を開始していて、18年度生から本格始動します。

『遺伝カウンセラー・コーディネータユニット』
 医学研究科社会健康医学系専攻専門職学位課程に、平成17年度科学技術振興調整費振興分野人材養成プログラムの採択を受けて、遺伝カウンセラー臨床研究コーディネータユニットを設置しました。このユニットは、遺伝医療とゲノム研究を支え研究成果を真に患者・家族に還元するための人的基盤として、総合的な支援職の専門家である遺伝カウンセラー臨床研究コーディネータを養成します。


 また、医学研究科 医学専攻の講座・分野について次のように改組しました。

  内科系 臨床疫学 → 内科系 初期診療・救急医学

  外科系    移植免疫医学                ・消化管外科学
  外科系    消化器外科学  ⇒  外科系  ⇒  ・肝胆膵・移植外科学
  分子医学系 腫瘍外科学                 ・乳腺外科学
 
 
 
 
医学研究科 医学専攻 大学院教育コース
遺伝カウンセラー・コーディネータユニット
 
     

 

 

■2006.03.24
 
平成17年度 医学部医学科卒業式
 
   
 
 平成17年度の医学部卒業式が本日(3月24日)午前11時30分から芝蘭会館 稲森ホールで行われました。今年度の医学部卒業生は107名でした。
 
 
 
  成宮学部長式辞 卒業式写真
卒業式写真 卒業式写真
 
     

 

 

■2006.03.22
 
平成18年度 医学部入学者選抜学力試験(後期日程)合格者の発表
 
   
 
 3月21日正午に、平成18年度医学部入学者選抜学力試験(後期日程)の合格者を発表しました。
 医学科と保健学科の各専攻別合格者数は添付ファイルをご覧ください。
 
 
 
  医学部合格者  
     

 

 

■2006.03.14
 
成宮教授が学士院賞・恩賜賞を受賞
 
   
 
 成宮 周 医学研究科教授・医学研究科長が、日本学士院賞・恩賜賞を受賞しました。

 同賞は、学術上特にすぐれた論文、著書その他の研究業績に対して授賞されるもので、今回、成宮教授の「プロスタグランジン受容体の研究」が評価されたものです。
 
 
 
  京都新聞掲載記事(H18.3.14朝刊) 朝日新聞掲載記事(H18.3.14朝刊)
産経新聞掲載記事(H18.3.14朝刊) 毎日新聞掲載記事(H18.3.14朝刊)
読売新聞掲載記事(H18.3.14朝刊)
日本学士院HP 神経・細胞薬理学のページへ
 
     

 

 

■2006.03.09
 
平成18年度 医学部入学者選抜学力試験(前期日程)合格者の発表
 
   
 
 3月8日正午に、平成18年度医学部入学者選抜学力試験(前期日程)の合格者を発表しました。
 医学科と保健学科の各専攻別合格者数は添付ファイルをご覧ください。
 
 
 
  医学部合格者 写真
 
     

 

 

■2006.02.24
 
臓器移植で最大の難関となっている拒絶反応を抑える新治療法を開発
 
   
 
 医学研究科先端領域融合医学研究機構の小柴貴明 特任助教授と、再生医科学研究所の坂口志文 教授らで構成するチームは、臓器移植で最大の難関となっている拒絶反応を抑制することができる新治療法を開発しました。
 この新たな治療法は、臓器への免疫細胞の攻撃を抑える「制御性T細胞」を患者自身の血液から採取して増やし、臓器移植にあわせ投与することで、拒絶反応が起きない「免疫寛容」の状態に導くもので、3年以内の臨床試験の実施を目指し、動物実験を今春から始めることとしています。
 
 
 
  京都新聞掲載記事(H18.2.23)
先端領域融合医学研究機構のページへ
 
     

 

 

■2006.02.07
 
鍋島陽一教授が上原賞を受賞
 
   
 
 優れた生命科学研究に贈られる上原賞の平成17年度の受賞者に、本研究科の鍋島陽一教授が決まりました。
 3月10日(金)大正製薬株式会社本社2号館 上原記念ホールで贈呈式が行われます。

◎受賞対象となった研究業績
【動物個体の発生、成熟、恒常性維持機構の研究】
「筋収縮蛋白遺伝子の解析によるAlternative Splicing機構の発見から、筋分化を制御するMyoDファミリーの機能解析と筋肉における転写制御機構の解明、骨髄間質細胞から筋細胞を誘導するシステムの開発」に至る筋肉に関する研究、「神経幹細胞の不等分裂を制御する分子機構・興奮神経と抑制神経の発生を仕分ける仕組みの発見、神経細胞移動、脳の層構造形成の分子機構の解明」の神経系の形成に関する研究、並びに「Klotho変異マウスの発見と原因遺伝子の同定、Klothoに結合する蛋白の同定とその複合体がカルシウム輸送を制御するシステムの解明、PTH分泌制御におけるKlotho蛋白の役割、Klotho、βKlothoと循環するFGF群の協調作用によって制御される生体恒常性維持機構」のKlothoに関する一連の研究等の独創的基礎研究業績。
 
 
 
 
腫瘍生物学のページへ
 
     

 

 

■2006.02.07
 
遺伝カウンセラー・コーディネータユニット合同イントロダクトリーセミナーを開催
 
   
 
 医学研究科の芝蘭会館山内ホールにおいて、遺伝カウンセラー・コーディネータユニット合同イントロダクトリーセミナーが開催されました。
 本セミナーは、平成17年度科学技術振興調整費振興分野人材養成プログラムの採択を受けて、遺伝医療とゲノム研究を支え研究成果を真に患者・家族に還元するための人的基盤として、総合的な支援職の専門家である遺伝カウンセラー臨床研究コーディネータを養成する教育ユニットが医学研究科社会健康医学系専攻専門職学位課程の中に設けられ、平成18年4月から本ユニットでの教育を開始するにあたって、本ユニットにおける教育内容等を広く紹介するために開催されました。
 セミナー第一日目は、成宮周 京都大学大学院医学研究科長、山下博之 JST科学技術振興調整費プログラムオフィサーの挨拶にはじまり、小杉眞司 本ユニットコースディレクタによるユニットの紹介、藤川和夫 近畿大学遺伝カウンセラー養成課程コースディレクタによる近畿大学との合同プログラムの紹介等があったほか、第二・三日目は、遺伝カウンセラー、臨床研究コーディネータという新しい職業分野に求められる役割や、研究内容について紹介されました。
 遺伝カウンセラー及び臨床研究コーディネータは、今後広い分野での活躍が期待される専門職であり、本ユニットから優れた人材が輩出されることが期待されています。
 
 
 
  セミナーの様子1 セミナーの様子2
セミナーの様子3
遺伝カウンセラー・コーディネータユニット合同イントロダクトリーセミナー詳細 遺伝カウンセラー・コーディネータユニットのホームページへ
 
     

 

 

■2006.02.01
 
ガンの原因についての新説を発表
 
   
 
 医学研究科の協力講座である粒子線生物学分野 渡邉正己教授(本務:原子炉実験所放射線生命科学部門)は、1月31日(火)京都大学原子炉実験所の学術講演会において、がんの原因が「遺伝子の突然変異が積み重なることから起きる」とする通説に対し、「細胞内の酸化によるたんぱく質の損傷の影響で、がんに関連した遺伝子が変異して、増殖や転移が起こる。」とした新説を発表しました。
 
 
 
  読売新聞記事(H18.2.1朝刊)
粒子線生物学研究室サイト内「放射線発がんの標的はDNAでない可能性が高い」 粒子線生物学(原子炉実験所)
 
     

 

 

■2006.01.30
 
0次予防健康づくり推進フォーラムを開催
 
   
 
 1月28日(土)長浜市内のホテルにおいて、「0次予防健康づくり推進フォーラム」が開催されました。
 このフォーラムは、昨年12月に、長浜市と京都大学大学院医学研究科が取り交わした「0次予防健康づくり推進事業の計画策定に関する覚書」に基づき、市民の理解を得るために医学研究科が長浜市と共同して主催したもので、笹田医学部保健学科長と小杉医学研究科社会健康医学系専攻長による「長浜市における健康都市構想への提言」の後、琴浦長浜市立病院長の司会でパネルディスカッションが行われ、医学研究科が提案する「0次予防健康づくり」について意見交換が行われました。
 最後に、フォラームの締め括りとして、滋賀県の湖北地域振興局地域健康福祉部 角野部長からは、「0次予防健康づくり」の活動は市民主導型が望まれること、市民にとってプラスとなる具体的提案であること、 実現に向けて議論が必要なことなどの感想が述べられ、司会の琴浦病院長から、今後も引き続き市民の賛同が得られるようフォーラムを開催していきたい旨のことばがあり終了しました。

【0(ぜろ)次予防健康づくり推進事業】とは、遺伝子分析を含む疫学調査から得られる医学研究成果を科学的根拠とし、生活習慣病予防に活かしてオーダーメイドの疾病予防などの新しい提案ができる未来型健康づくりを推進しようとするものです。
 
 
 
  0次予防健康づくりに係る資料 宮腰長浜市長挨拶の写真
成宮研究科長挨拶の写真 笹田保健学科長共同講演の写真
パネルディスカッションの写真
 
     

 

 

■2006.01.27
 
社会健康医学系専攻の学生が近畿経済産業局長賞を受賞
 
   
 
 キャンパスベンチャーグランプリ大阪実行委員会主催の第7回キャンパスベンチャーグランプリ2005大阪において、医学研究科社会健康医学系専攻の三原華子さん(博士課程2年)、水本尚宏くん(専門職学位課程1年)のグループによる「ジェネリック医薬普及のためのシステム構築」が特別賞である近畿経済産業局長賞を受賞し、1月26日(木)日刊工業新聞社において表彰式が行われました。

【キャンパスベンチャーグランプリ2005大阪】
 21世紀は「知価社会」の到来と言われ、産業界においても「知恵と創造性の発揮」が求められています。大学が有する知的財産を産業に生かすため「大学発ベンチャー」も活発に展開されています。
  そうした時代のニーズに即して、新鮮な発想、ユニークなアイデア、独創的な技術、情熱あふれる若者の挑戦に期待して、学生によるベンチャービジネスのアイデア・事業プランを競い合う場を設けました。
 キャンパスベンチャーグランプリ(略称CVG、愛称キャベツ・プラン)は、新事業の提案コンペを通じて、日本の次代を担う若者の人材育成と新産業の創造を目的としています。事業家精神を養い、問題・課題解決型の人材を育成する教育事業プロジェクトとして位置づけています。
                (主催)キャンパスベンチャーグランプリ大阪(CVG大阪)実行委員会
 
 
 
  日刊工業新聞掲載記事(H18.1.26)
 
     

 

 

■2006.01.23
 
平成18年医学研究科新春懇談会を開催
 
   
 
 医学研究科は平成18年1月19日(木)、市内ホテルにて新春懇談会を開催しました。この懇談会は医学研究科の名誉教授と現役教授が一同に会し、率直な意見交換を行う数少ない機会となっており、例年高い参加率を誇っています。今年は名誉教授・現役教授等約70名が参加しました。
 成宮研究科長の開会の挨拶に続き、合計6人の名誉教授・現役教授がスピーチを行いました。それぞれのスピーチからは名誉教授の健在ぶり、現役教授の奮闘ぶりがありありと伝わってきました。
 懇談会中は、普段顔を合わす事の少ない名誉教授・現役教授が互いに旧交を温め、あるいは新たな交友を広げる姿が見られました。中には、懇談会が終わった後もロビーにとどまり、なごやかに交流を深める先生方のお姿もありました。
 
 
 
  新春懇親会の様子 開会の挨拶をする研究科長
 
     

 

 

■2006.01.20
 
大学院教育コース 初のコースミーティングを実施
 
   
 
 平成18年1月16日(月)午後5時から午後8時までの間、基礎第二講堂において、医学研究科大学院教育コースとしては初めてになるコースミーティングが開催されました。
 開催したのは平成17年10月に大学院教育改革の一貫として設置された12の大学院教育コースのうち、湊 長博教授がコースオーガナイザー、光山 正雄教授がサブオーガナイザーを務める「免疫・アレルギー・感染コース」で、大学院生37名、教員23名 合計60名の参加を得て、研究発表を中心に日頃、顔を合わすことのない他分野間の研究交流・コミュニケーションが行われました。
 大学院教育コースは、医学研究科が進める大学院教育改革の一貫で、従来、生理系専攻、病理系専攻、内科系専攻、外科系専攻、分子医学系専攻、脳統御医科学系専攻の六専攻に分かれて、個々の研究室でマンツーマンの個人教育で行われていた大学院教育に加え、専攻・講座及び分野の垣根を超えて、より大きな枠組みでの大学院教育を実施するため100を超える分野が参加・協力して基礎・臨床・社会医学などの諸分野を横断して大学院教育を行うため、平成17年10月に大学院医学研究科に新たに設置された大学院の教育課程です。
 今後、各コースのコースミーティングやコロキウムが定期的に行われることにより、各コースが医学研究科における「研究サロン」となり、伝統となることが期待されます。
 
 
 
  コースミーティングの様子1 コースミーティングの様子2
 
     

 

 

■2006.01.20
 
本庶佑教授が日本学士院会員に選ばれました
 
   
 
 
 
 
 
本庶佑教授が日本学士院会員に選ばれる
 
     

 

 

■2006.01.18
 
「がんの悪性化や転移における野生型(正常型)N-ras遺伝子の働き」を解明
 
   
 
 rasとよばれる一群の遺伝子に突然変異が生じると、異常に活性化した蛋白質がつくられ、膵臓がんをはじめとする消化器がん、甲状腺がん、造血系がんや肺がんの原因となる(突然変異によってがん遺伝子になるこのような遺伝子は「プロトがん遺伝子」と呼ばれる)。
 医学研究科 21世紀COEプログラム病態解明を目指す基礎医学研究拠点(多重遺伝子異変による病態解明)の 高橋智聡 COE特任助教授の研究グループは、正常のras遺伝子、なかでもN-rasには、組織によって、逆にがんの悪性化や転移を抑える働きがあることを、多重遺伝子変異マウスを用いて証明した。
 N-ras遺伝子はヒトの特定のがんで欠損していることが示唆されており、今回の発見は、新しい癌治療の戦略を拓くものと期待されている。

 この研究成果は、Nature Genetics 12月19日午後3時 電子版に発表されました。
 
 
 
  研究成果 読売新聞掲載記事(H18.1.18)

病態解明を目指す基礎医学研究拠点(多重遺伝子異変による病態解明)
 
     

 

 

■2006.01.05
 
第10回京都大学医学教育ワークショップを開催
 
   
 
 医学研究科は、平成17年12月29日(木)市内ホテルにおいて、京都大学医学教育ワークショップを開催しました。
 本ワークショップは医学研究科医学教授会の構成員が日常の教育・研究・診療の業務から離れ、終日集中して卒前、卒後の医学教育について集中討論するために開催されるもので、平成17年度で10回目を迎えました。
 本年度のワークショップは、午前中に卒前学部教育の改善状況について、午後は卒後臨床研修のあり方と平成18年度から本格実施する大学院教育コースの取組状況が報告されました。
 
 
 
  第10回京都大学医学教育ワークショップ  
     

 

 

■2006.01.04
 
長浜市と0次予防健康づくり推進事業の計画策定に関する各署に覚書に調印
 
   
 
 京都大学大学院医学研究科は、長浜市と連携して、健康都市構想『0次予防健康づくり推進事業』に取り組むため、覚書の調印を行いました。

 『0(ぜろ)次予防健康づくり推進事業』とは、遺伝子分析を含む疫学調査から得られる医学研究成果を科学的根拠とし、生活習慣病予防に活かしてオーダーメイドの疾病予防などの新しい提案ができる未来型健康づくりを推進するものです。

 事業期間を当面10年間としています。
 
 
 
  握手を交わす宮腰市長と成宮研究科長 集合写真
『0次予防健康づくり推進事業』(ながはまプロジェクト)の実施と京都大学大学院医学研究科の考え方
 
     

 

 

↑top

 

 

Copyright 2006  Graduate School of Medicine Kyoto University. All rights reserved.