HOME > 拠点リーダーの挨拶(概要)
拠点リーダーの挨拶
生命原理の解明から新たな医療の創造へ;我々の挑戦
拠点リーダー 成宮 周 教授

現在の医学は、生物学との融合が益々進み、医学は個体レベルの生物学の究極であると考えられます。いまや、病気の成因、病態の機構を生物学の言葉で語ることが可能ですし、また、基礎医学と臨床医学の垣根も無くなり、基礎研究の成果をヒトへ臨床応用する道筋も整備されてきました。

私たちは、「今の段階の医学に要求されるのは、ゲノム塩基配列の決定に象徴されるような分子的要素の解明に基づき、生命を生命たらしめ、人間を人間たらしめている個体で働く様々な作動原理を解明し、これをもとにヒトの生理と病気・病態を理解し、新たな医療を創造することだ」と、考えます。

このような認識のもと、本拠点では、生命原理を解明する基礎医学から、疾患の病因、病態を理解し、治療法を開発する臨床医学を一連の学問的営みとして俯瞰的に理解し、基礎医学者と臨床医学者が双方向性に相互作用して一体となった研究活動を行います。

また、英語を公用語として、海外の研究者、研究機関との一層の連携をはかり、この場において、今後の医学研究の優れた担い手となる独創性ある国際的若手研究者を養成することを目標としています。