HOME > イベント > 運営委員会・領域連携
運営委員会・領域連携イベント
終了したイベント

2012年度 第43回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月29日(金) 13:30~15:30
【 場所 】 京都大学医学研究科 芝蘭会館 稲盛ホール
【 演題 】 成宮周教授 最終講義
「PG受容体とRho;薬物からサイエンスへ、サイエンスから薬物へ」
【 講演者 】 成宮 周 教授
(京都大学医学研究科 神経・細胞薬理学)
【 概要 】 リーフレット(968KB)

 

高校生のための医学教室
「医学はここまで進んだ -脳、がん、iPS、再生研究の最前線-」

【 日時 】 2013年3月27日(水) 13:00~17:20
【 場所 】 京都大学医学部芝蘭会館
(交通のご案内)
http://www.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm
【 講演者 】
田畑 泰彦 (再生医科学研究所 生体材料学分野・教授)
井上 治久 (iPS研究所 臨床応用研究部門・准教授)
幸長 弘子 (医学研究科 病態生物医学・大学院生)
藤本 淳 (医学研究科 認知行動脳科学・大学院生)
【 概要 】 ◆参加登録制

・ポスター(2.36MB)
【 対象 】 高校生
※このイベントは当プログラムのアウトリーチ活動の一環として企画されました。

 

2012年度 第45回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月26日(火) 17:00~18:30
【 場所 】 京都大学医学部 芝蘭会館 稲盛ホール
【 演題 】 1. "The Bcl-2 family: an Achilles' heel for cancer?"
2. "How the Bcl-2 protein family regulates the cell death switch"
【 講演者 】 1. Prof. Suzanne Cory
(President of Australian Academy of Science / Professor of Molecular Genetics of Cancer, The Walter and Eliza Hall Institute)
2. Prof. Jerry Adams
(Professor of Molecular Genetics of Cancer, The Walter and Eliza Hall Institute)
【 概要 】 リーフレット(276KB)

2012年度 第44回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月22日(金) 16:00~17:30
【 場所 】 京都大学医学部 芝蘭会館 稲盛ホール
【 演題 】 武藤誠教授(医学研究科)最終講義
「マウスとヒトのがん遺伝学」
【 講演者 】 武藤 誠 教授
(京都大学医学研究科 遺伝薬理学)
【 概要 】 リーフレット(102KB)

2012年度 第49回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月21日(木) 15:30~16:30
【 場所 】 京都大学 iCeMS本館2階セミナールーム(#A207)
【 演題 】 "Structural Modularity of Supramolecules in Targeted Vaccine Design"
【 講演者 】 Prof. R. Holland Cheng
(Molecular and Cellular Biology, University of California, Davis)
【 概要 】 リーフレット(98KB)

2012年度 第48回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月12日(火) 18:00~19:00
【 場所 】 京都大学 iCeMS本館2階セミナールーム(#A207)
【 演題 】 "Total cellular glycomics: a glycomic approach to describe cells and streamline the discovery process for cellular biomarkers"
【 講演者 】 Prof. Yasuro Shinohara
(Hokkaido University Lab of Medical and Clinical Glycomics / Frontier Research Center for Post-Genome Science and Technology)
【 概要 】 リーフレット(90KB)

2012年度 第41回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月7日(木) 17:00~18:30
【 場所 】 京都大学医学部構内 A棟セミナー室 (103/107号室)
【 演題 】 "Cross-talk between cytokines and pathogen recognition receptors in gastric cancer"
【 講演者 】 Dr. Brendan Jenkins
(Monash University)
【 概要 】 リーフレット(1.7MB)

2012年度 第47回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月7日(木) 10:30~11:30
【 場所 】 京都大学医学部 G棟2階セミナールームA
【 演題 】 "Cellular mechanisms regulating patterns of converging inputs onto a retinal neuron"
【 講演者 】 Dr. Haruhisa Okawa
(Department of Biological Structure, University of Washington)
【 概要 】 リーフレット(91KB)

2012年度 第42回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月6日(水) 18:00~
【 場所 】 京都大学病院東構内神経内科カンファレンスルーム(北病棟4階)
【 演題 】 「脳神経系の形成メカニズムの解析とその医学的応用」
【 講演者 】 河﨑 洋志 教授
(金沢大学 医薬保健研究域医学系)
【 概要 】 リーフレット(168KB)

2012年度 第46回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年3月4日(月) 17:30~18:30
【 場所 】 京都大学医学部構内 先端科学研究棟1階セミナー室
【 演題 】 「社会的脳機能の生理学的解明をめざして」
【 講演者 】 磯田 昌岐 先生
(関西医科大学医学部 生理学第二講座)
【 概要 】 リーフレット(106KB)

2012年度 第39回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年2月20日(水) 16:30~17:30
【 場所 】 京都大学医学部構内 先端科学研究棟1階 セミナー室
【 演題 】 "Considering the ventral visual stream: object recognition and memory"
【 講演者 】 Dr. Barry J. Richmond
(Lab. Neuropsychology, NIMH, NIH, Bethesda, MD, USA)
【 概要 】 リーフレット(100KB)

2012年度 第40回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年2月20日(水) 14:45~16:15
【 場所 】 京都大学医学部附属病院臨床講堂1F 臨床第一講堂
【 演題 】 中尾一和教授 最終講義
「内科学と臨床医学研究 稀少疾患とCommon Diseaseからの学習」
【 講演者 】 中尾 一和 教授
(京都大学医学研究科 内分泌代謝内科)
【 概要 】 リーフレット(287KB)

2012年度 第38回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年2月5日(火) 10:30~11:30
【 場所 】 京都大学 iCeMS 本館2階セミナールーム(#207)
【 演題 】 "Membrane Dynamics and Phosphoinositide Signaling in the Endocytic Pathway"
【 講演者 】 Prof. Pietro De Camilli
(Department of Cell Biology, Howard Hughes Medical Institute, Yale University School of Medicine, USA)
【 概要 】 リーフレット(98KB)

2012年度 第37回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2013年1月24日(木) 10:00~
【 場所 】 京都大学 医学研究科F棟1階セミナールーム
【 演題 】 "Intravital two-photon imaging of autoreactive T cells interacting blood-brain barrier"
【 講演者 】 Dr. Naoto Kawakami
(Group Leader, Institute of Clinical Neuroimmunology, Ludwig Maximilians University)
【 概要 】 リーフレット(110KB)

次世代シークエンサーを用いた新しいゲノム医学シンポジウム

【 日時 】 2013年1月15日(火)~1月19日(土)
【 場所 】 (トレーニングコース)
京都大学医学研究科 芝蘭会館 別館セミナールーム
(シンポジウム)
京都大学医学研究科 芝蘭会館 稲盛ホール
【 講演者 】 Mark Lathrop
(CEPH, France and University of McGill,Canada)

Jurg Ott
(Chinese Academy of Sciences, PRC and Rockefeller University, USA)

Daniel Weeks
(University of Pittsburgh)

Marcella Devoto
(University of Pennsylvania, USA)

Derek Gordon
(Rutgers University, USA)

Mar Gonzalez-Porta
(European Bioinformatics Institute, UK)

Radish Radhakrishnan
(European Bioinformatics Institute, UK)

Gillaume Bourque
(University of McGill, Canada)

Tomi Pastinen
(University of McGill, Canada)

Yukihide Momozawa
(RIKEN Yokohama Institute, Japan)

Fumihiko Matsuda
(Kyoto University, Japan)
   
【 概要 】 (Official HP)
http://www.genome.med.kyoto-u.ac.jp/NGS_Course/2013/
参加登録制(上記HPより) 2012年12月10日(月)締め切り

・ポスター:トレーニングコース (2.88MB)
・ポスター:シンポジウム (327KB)
 

2012年度 第36回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年12月14日(金) 17:00~
【 場所 】 京都大学 医学研究科A棟1階 103/107セミナー室
【 演題 】 "Signaling mechanisms underlying plasticity of dendritic spines"
【 講演者 】 Dr. Ryohei Yasuda
(Scientific Director, Max Planck Florida Institute)
【 概要 】 リーフレット(191KB)

2012年度 第35回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年12月4日(火) 14:00~
【 場所 】 京都大学 医学研究科A棟1階 セミナー室(#114)
【 演題 】 "Epithelial regulation of immune homeostasis and inflammation in barrier tissues"
【 講演者 】 Prof. Manolis Pasparakis
(Full Professor, Institute for Genetics, University of Cologne, GERMANY)
【 概要 】 リーフレット(72KB)

2012年度 第34回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年11月30日(金) 15:00~16:00
【 場所 】 京都大学 iCeMS 本館2階会議室(#207)
【 演題 】 "Ultrafast Optical Imaging & its Biomedical Applications"
【 講演者 】 Prof. Keisuke Goda
(Professor of Physical Chemistry, University of Tokyo / Director of Todai–UCLA Joint Research Institute)
【 概要 】 リーフレット(91KB)

2012年度 第33回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年11月29日(木) 13:30~14:30
【 場所 】 京都大学 宇治キャンパス化学研究所 本館5階セミナー室(N-531C)
【 演題 】 "DNA Repair Pathways-Guardians of the Genome and Targets for Antitumor Therapy"
【 講演者 】 Prof. Orlando D. Schärer
(Department of Pharmacological Sciences, Department of Chemistry, Stony Brook University, New York)
【 概要 】 リーフレット(92KB)

2012年度 第28回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年11月28日(水) 17:00~
【 場所 】 京都大学 医学部A棟1階 103/107セミナー室
【 演題 】 "The role of inflammation in autoimmune diseases and cancer"
【 講演者 】 Prof. TAK W. MAK
(Director, The Campbell Family for Breast Cancer Research Institute, Princess Margaret Hospital, University Health Network, Toronto, CANADA)
【 概要 】 リーフレット(72KB)

2012年度 第32回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年11月26日(月) 17:00~18:00
【 場所 】 京都大学 iCeMS 本館2階会議室
【 演題 】 "Human ESC-Derived Cardiomyocytes Integrate and Suppress Arrhythmias in a Guinea Pig Infarct Model"
【 講演者 】 Dr. Yuji Shiba
(Assistant Professor, Department of Cardiovascular Medicine, Shinshu University)
【 概要 】 リーフレット(90kB)

2012年度 第31回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年11月26日(月) 16:00~17:30
【 場所 】 京都大学 iPS細胞研究所 1階講堂
【 演題 】 "Stem cells, pluripotency and nuclear reprogramming"
【 講演者 】 Dr. Rudolf Jaenisch
(Whitehead Institute for Biomedical Research / Massachusetts Institute of Technology, USA)
【 概要 】 リーフレット(464kB)

2012年度 第30回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年11月26日(月) 14:00~16:00
【 場所 】 京都大学 iCeMS 総合研究1号館・プロジェクトラボ1階会議室(#119)
【 演題 】 "Interaction between human tissue and materials for biomedical applications: clinical issues and possible answers"
【 講演者 】 Prof. Francesco Tessarolo
(Interdepartmental Center on Biomedical Technologies, University of Trento, Trento, Italy)
【 概要 】 リーフレット(90kB)

2012年度 第29回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年11月7日(水) 15:00~17:30
【 場所 】 京都大学 医学部F棟1階 セミナー室
【 演題 】 "Dynamic regulation of T cell activation by TCR microclusters and a c-SMAC"
【 講演者 】 Dr. Tadashi Yokosuka
(Senior Scientist, Laboratory for Cell Signaling, RIKEN Research Center for Allergy and Immunology)
【 概要 】 リーフレット(119KB)

2012年度 第27回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年10月29日(月) 16:30~17:30
【 場所 】 京都大学 医学部A棟4階 402セミナー室
【 演題 】 "Mechanisms of intestinal crypt replacement and response to inflammation"
【 講演者 】 Thaddeus S. Stappenbeck, M.D., Ph.D.
(Department of Pathology and Immunology, Washington University School of Medicine)
【 概要 】 リーフレット(578KB)

2012年度 第26回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年10月25日(木) 16:00~17:00
【 場所 】 京都大学 iCeMS 本館2階セミナールーム(#A207)
【 演題 】 "“Lab on Chip”approach to detection of infectious disease"
【 講演者 】 Prof. Andreas Manz
(KIST Europe, Korea Institute of Science and Technology Europe Forschungsgesellschaft mbH)
【 概要 】 リーフレット(96KB)

グローバルCOE国際シンポジウム / リトリート2012

【 日時 】 2012年10月5日(金)~10月6日(土)
【 場所 】 淡路夢舞台国際会議場
【 使用言語 】 英語
【 招聘者 】 Dr. Adrian Hayday
(King's College London School of Medicine)

Dr. Yoshiaki Ito
(National University of Singapore)

Dr. Masato Kasuga
(International Medical Center of Japan)

Dr. Robert H. Wurtz
(National Institutes of Health)

Dr. Austin Smith
(University of Cambridge)
【 概要 】 ポスター(1.5MB)
インフォメーション(1.1MB)
【 主催 】 グローバルCOE
【 問合せ先 】 グローバルCOE事務局 (TEL:075-753-4628 / FAX:075-753-4348)
 

Special Symposium "Quests for the Principles of Life"

【 日時 】 2012年10月4日(木) 14:00~
【 場所 】 芝蘭会館 稲盛ホール
【 使用言語 】 英語
【 講演者 】 Dr. Yoshiaki Ito
(National University of Singapore)

Dr. Robert H. Wurtz
(National Institutes of Health)

Dr. Adrian Hayday
(King's College London School of Medicine)

Dr. Austin Smith
(University of Cambridge)
【 概要 】 ポスター(830KB)
【 主催 】 グローバルCOE
【 問合せ先 】 グローバルCOE事務局 (TEL:075-753-4628 / FAX:075-753-4348)
 

2012年度 第25回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年10月2日(火) 16:00~17:30
【 場所 】 京都大学 iCeMS 本館2階セミナールーム(#A207)
【 演題 】 "Developing novel spectroscopic methods for molecular screening of biomaterials and biodevices"
【 講演者 】 Prof. Dr. Giuseppe Pezzotti
(Ceramic Physics Laboratory, Kyoto Institute of Technology)
【 概要 】 リーフレット(95KB)

2012年度 第24回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年9月28日(金) 10:30~11:30
【 場所 】 京都大学 iCeMS 本館2階セミナールーム(A207号室)
【 演題 】 "Functionalized Arrays ofRaman-Enhancing Nanoparticles for Capture and Culture-Free Analysis ofBacteria in Human Blood"
【 講演者 】 Prof. Yuh-Lin Wang
(Institute of Atomic and Molecular Sciences, Academia Sinica, Taiwan)
【 概要 】 リーフレット(97KB)

2012年度 第22回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年9月19日(水) 16:00~17:30
【 場所 】 京都大学ウイルス研究所 1階セミナー室
【 演題 】 「生殖器官形成の性差決定機構」
【 講演者 】 山田 源 教授
(和歌山県立医科大学 先端医学研究所)
【 概要 】 リーフレット(141KB)

2012年度 第23回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年9月12日(水) 10:00~11:00
【 場所 】 京都大学 iCeMS 本館2階セミナールーム(#A207)
【 演題 】 "Fluctuations in epigenetic switches and landscapes"
【 講演者 】 Prof. Masaki Sasai
(Computational Biological Physics, Department of Computational Science and Engineering, Nagoya University )
【 概要 】 リーフレット(213KB)

2012年度 第21回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年8月31日(金) 16:00~
【 場所 】 京都大学 医学研究科G棟2階セミナールームA
【 演題 】 "Proteasomal degradation resolves competition between cell polarization and cellular wound healing"
【 講演者 】 Dr. Keiko Kono
(Associate Professor, Department of Cell Biology, Nagoya City University / Graduate School of Medical Sciences and Medical School)
【 概要 】 リーフレット(78KB)

2012年度 第20回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年8月25日(土) 10:30~12:00
【 場所 】 京都大学 iCeMS 本館2階セミナールーム(#A207)
【 演題 】 "Navigating the cellular landscape with new optical probes, imaging strategies and technical innovation"
【 講演者 】 Dr. Jennifer Lippincott-Schwartz
(National Institute of Child Health and Human Development / National Institutes of Health)
【 概要 】 リーフレット(69KB)

2012年度 第19回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年8月10日(金) 10:30~12:00
【 場所 】 京都大学 iCeMS 研究棟プロジェクトラボ[#32]119号室
【 演題 】 "How is a long strand of genomic DNA organized into a nucleus or chromosome?"
【 講演者 】 Prof. Kazuhiro Maeshima
(Biological Macromolecules Laboratory, National Institute of Genetics, Japan)
【 概要 】 リーフレット(69KB)

2012年度 第18回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年8月8日(水) 18:00~
【 場所 】 京都大学 病院東構内外来棟5階 会議室B
【 演題 】 "Navigating the Publishing Process at Nature Medicine"
【 講演者 】 Randy S. Levinson
(Editor of Nature Medicine)
【 概要 】 リーフレット(2.11MB)

2012年度 第17回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年7月31日(火) 11:00~12:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Chemistry on Carbon Nanotubes for Materials Science and Biomedical Applications"
【 講演者 】 Prof. Alberto Bianco
(Institute of Molecular and Cellar Biology (IMCB) / Centre National de la Recherche Scientifique (CNRS), France )
【 概要 】 リーフレット(110KB)

2012年度 第16回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年7月11日(水) 14:00~15:00
【 場所 】 京都大学 医学研究科G棟2階セミナールームA
【 演題 】 "Targeting chromosome instability as a potential approach for cancer therapeutics"
【 講演者 】 黒田 垂歩 先生
(Dana-Farber Cancer Inst. / Harvard Med. Sch. / HHMI David Pellman's Lab)
【 概要 】 リーフレット(480KB)

2012年度 第14回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年6月25日(月) 15:00~16:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Applications of Metal Nanoparticles for Biomolecule Delivery and CT/MR Molecular Imaging"
【 講演者 】 Prof. Chia-Chun Chen
(Department of Chemistry, National Taiwan Normal University / Institute of Atomic and Molecular Sciences, Academia Sinica, Taiwan)
【 概要 】 リーフレット(111KB)

2012年度 第15回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年6月20日(水) 16:00~17:00
【 場所 】 京都大学 医学研究科A棟1階102号室
【 演題 】 「リボヌクレオプロテオミクス研究のための新しい質量分法とその応用」
【 講演者 】 礒辺 俊明 先生
(首都大学東京・教授)
【 概要 】 リーフレット(2.86MB)

2012年度 第13回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年6月19日(火) 16:00~18:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】
[Part1: 16:00-16:30]
"Re-Creating the Nervous System in a Dish with Human Pluripotent Stem Cells"
 
[Part2: 16:30-17:00]
"Higher-Order Chromossome Structure in Pluripotent Stem Cells"
 
[Part3: 17:15-17:45]
"Harnessing Pluripotency: Novel Tools for Human Stem Cell Biology"
 
[Part4: 17:45-18:30]
"Development of Qualified Seed Stocks of Pluripotent Stem Cells for Cell-Based Medicines"
 
【 講演者 】
[Part1]
Dr. Mirella Dottori
(Senior Research Fellow, Department of Anatomy and Neurosciences, Centre for Neuroscience Research, The University of Melbourne)
 
[Part2]
Dr. Wange Lu
(Department of Biochemistry and Molecular Biology, University of Southern California)
 
[Part3]
Dr. Andrew Laslett
(Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation (CSIRO) Materials Science and Engineering, Australia)
 
[Part4]
Dr. Glyn Stacey
(Head of Division of Cell Biology and Imaging National Institute for Biological Standards and Control (NIBSC), UK)
 
【 概要 】 リーフレット(123KB)

2012年度 第11回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年6月12日(火) 16:30~17:30
【 場所 】 京都大学 医学部A棟4階セミナー室(#402)
【 演題 】 「分子シャペロンの薬剤親和性,及び疾患制御機構」
【 講演者 】 伊藤 英晃 先生
(秋田大学大学院 工学資源学研究科 生命化学専攻・教授)
【 概要 】 リーフレット(76KB)

2012年度 第12回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年6月11日(月) 16:00~
【 場所 】 北病棟4階 神経内科カンファレンスルーム
【 演題 】 「パーキンソン病に対する外科治療」
【 講演者 】 板倉 徹 先生
(和歌山県立医科大学・理事長/学長)
【 概要 】 リーフレット(75KB)

2012年度 第10回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年6月1日(金) 12:00~13:00
【 場所 】 京都大学 医学部A棟4階セミナー室(#402)
【 演題 】 "Mechanisms of Wnt signalling: signalosomes and degradasomes"
【 講演者 】 Mariann Bienz, PhD FRS FMedSci
(Professor, MRC Laboratory of Molecular Biology)
【 概要 】 リーフレット(74KB)

2012年度 第9回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年5月23日(水) 12:00~13:15
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "The Quest for Bioimaging with Nonlinear Optics"
【 講演者 】 Prof. Xiaoliang Sunney Xie
(Department of Chemistry and Chemical Biology, Harvard University)
【 概要 】 リーフレット(81KB)

2012年度 第6回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年5月18日(金) 17:00~
【 場所 】 北病棟4階 神経内科カンファレンスルーム
【 演題 】 "Analysis of Psen1 c.548G>T knockin mice: Loss of γ-secretase function as a pathogenic mechanism for dementias"
【 講演者 】 渡部 博貴 先生
(Instructor in Neurology, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School)
【 概要 】 リーフレット(116KB)

「キャリアデイ -ポスドク研究者のための国際的な支援制度-」
(G-COEプログラム後援)

【 日時 】 2012年5月16日(水) 13:00~18:00
【 場所 】 芝蘭会館稲盛ホール(京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部構内)
【 参加機関 】
   (予定)
DAAD and DFG、
国際ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム推進機構(HFSPO)、日本学術振興会(JSPS)、NCBS Bangalore, India、Marie Curie and Erasmus Mundus、British Embassy Tokyo
【 概要 】 ポスター(562KB)

(京大HP)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2012/120516_2.htm
 

2012年度 第8回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年5月8日(火) 10:00~12:00(FV10i) / 14:00~16:00(DSU)
【 場所 】 京都大学 医学部構内F棟地下 蛍光生体イメージ解析室
【 演題 】 細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング
京都大学大学院医学研究科医学研究支援センター共催
「3D タイムラプス講習会 -三次元世界で細胞を観察する-」
【 概要 】 リーフレット(132KB)

【リーフレットの様式に沿って事前申し込みが必要です。】
(使用する顕微鏡)
 午前: ボックス型共焦点顕微鏡(倒立型) Olympus FV10i
 午後: ディスク走査型顕微鏡(正立型) Olympus DSU

2012年度 第7回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年4月27日(金) 16:30~
【 場所 】 京都大学 アイセムスコンプレックス2(研究棟1号館)4Fラウンジ
【 演題 】
1) "Cell Population-level Mechanical Control of Hexagonal Cell Packing"
 
2) "Mechanical Regulation of Actin Network Dynamics in Migrating Cells"
 
【 講演者 】
1) Kaoru Sugimura
(iCeMS Associate Kyoto Fellow)
 
2) Prof. Taiji Adachi
(Institute for Frontier Medical Sciences and Graduate School of Engineering)
 
【 概要 】 リーフレット(725KB)
ハッピーアワー有

2012年度 第5回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年4月26日(木) 13:30~15:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館71号2階セミナー室
【 演題 】 "Dynamics of Heterogeneity in Fluid Membranes"
【 講演者 】 Assoc. Prof. Shigeyuki Komura
(Department of Chemistry, Faculty of Science, Tokyo Metropolitan University)
【 概要 】 リーフレット(106KB)

2012年度 第4回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年4月12日(木) 10:30~11:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Mechanisms of Axonal Transport Defects in a Cellular Model of Alzheimer's Disease"
【 講演者 】 Dr. Michael Silverman
(Department of Biological Sciences / Simon Fraser University, Canada / JSPS Visiting Fellow)
【 概要 】 リーフレット(108KB)

2012年度 第3回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年4月5日(木) 16:00~18:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】
[Part1: 16:00-17:00]
"Analyzing the Haemolysin Secretion Machinery of E. coli"
 
[Part2: 17:00-18:00]
"Treatment of Leukemia and Lymphoma with Recombinant Immunotoxin Moxetumomab Pasudotox: Successes and Challenges"
 
【 講演者 】
[Part1]
Prof. Dr. Lutz Schmitt
(Institute of Biochemistry, Heinrich Heine University Düsseldorf, Germany)
 
[Part2]
Prof. Dr. Ira Pastan
(National Cancer Institute, National Institutes of Health (NIH), USA)
 
【 概要 】 リーフレット(164KB)

2012年度 第2回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年4月4日(水) 10:00~11:00
【 場所 】 京都大学 再生医科学研究所(東館)5階ルーフテラス
【 演題 】 "Studying Receptor Activation and Signaling with Optical Methods"
【 講演者 】 Prof. Dr. Martin Lohse
(Professor and Chairman of Pharmacology / Chairman of Rudolf Virchow Center, University of Würzburg, Germany)
【 概要 】 リーフレット(68KB)

2012年度 第1回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年4月2日(月) 10:30~12:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Surface-Templated Assembly of Functional Metal-Organic Frameworks"
【 講演者 】 Prof. Dr. Christof Wöll
(Karlsruhe Institute of Technology (KIT))
【 概要 】 リーフレット(115KB)

2011年度 第36回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年3月30日(金) 12:00~13:00
【 場所 】 京都大学 医学部A棟4階セミナー室(#402)
【 演題 】 "Molecular Pathological Epidemiology of Colorectal Cancer for Personalized Medicine"
【 講演者 】 Shuji Ogino, M.D.,Ph.D.
(Associate Professor, Department of Pathology, Harvard Medical School / Center for Molecular Oncologic Pathology, Brigham and Women's Hospital / Department of Medical Oncology, Dana-Farber Cancer Institute)

2011年度 第35回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年3月27日(火) 16:30~17:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "In Situ Assembly of Macromolecular Complexes Triggered By Light -Applications in Cell- Material Sciences"
【 講演者 】 Prof. Dr. Robert Tampé
(Institute of Biochemistry, Biocenter Goethe-University Frankfurt, Germany)
【 概要 】 リーフレット(119KB)

2011年度 第34回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年2月28日(火) 16:00~17:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Layer-by-Layer Films as New Engineered Biomaterial Coatings: Applications to Regenerative Medicine"
【 講演者 】 Prof. Catherine Picart
(MINATEC, Grenoble Institute of Technology, LMGP, France)
【 概要 】 リーフレット(108KB)

2011年度 第33回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年2月21日(火) 15:00~16:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Next Generation of Magnetic Nanoparticles for Biomedical Applications"
【 講演者 】 Assoc. Prof. Nguyen T. K. Thanh
(UCL-RI Reader in Nanotechnology / Royal Society University Research Fellow / The Davy-Faraday Research Laboratory / The Royal Institution of Great Britain and Department of Physics and Astronomy, University College London)
【 概要 】 リーフレット(107KB)

2011年度 第30回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年1月23日(月) 13:30~15:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階103・107号室
【 演題 】 「ヒト生体に内在する多能性幹細胞Muse細胞:新しい疾病概念Disorder of Regenerative HomeostasisとStem Cell Failureへの示唆」
【 講演者 】 出澤 真理 教授
(東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野・人体構造学分野)
【 概要 】 リーフレット(116KB)

2011年度 第32回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年1月17日(火) 17:00~18:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "A New Approach for 3D Tissue & Organ Fabrication Inspired From Orthopedic Surgery"
【 講演者 】 Koichi Nakayama, M.D., Ph.D.
(Professor and Chairman, Biomedical Engineering Course Advanced Technology Fusion, 佐賀大学大学院 工学系研究科)
【 概要 】 リーフレット(58KB)

2011年度 第31回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年1月12日(木) 13:30~15:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Anomalous Diffusion Properties in Biological Transports"
【 講演者 】 Takuma Akimoto Ph.D.
(Department of Mechanical Engineering, 慶応義塾大学)
【 概要 】 リーフレット(111KB)

2011年度 第29回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2012年1月5日(木) 17:00~19:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階103・107号室
【 演題 】 「血液疾患の遺伝学的基盤の研究」
【 講演者 】 小川 誠司 特任准教授
(東京大学医学部附属病院がんゲノミクスプロジェクト)
【 概要 】 リーフレット(89KB)

2011年度 第28回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年12月27日(火) 17:30~
【 場所 】 京都大学医学部付属病院 北病棟4階カンファレンスルーム
【 演題 】 "Concepts of localisation in Focal Epilepsy; concentrating on seizure semiology"
【 講演者 】 Dr. Andrew Bleasel
(Professer Department of Neurology, Westmead Hospital Australia)
【 概要 】 -

2011年度 第27回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年12月27日(火) 13:00~14:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Constructive Approach towards Artificial Cell"
【 講演者 】 Dr. Tadashi Sugawara
(Professor emeritus of the University of Tokyo / Research Center for Complex Systems Biology, The University of Tokyo )
【 概要 】 リーフレット(128KB)

2011年度 第26回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年12月16日(金) 10:30~12:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "Microfluidic Assembly for Biomedical Applications"
【 講演者 】 竹内 昌治 先生
(東京大学 生産技術研究所 マイクロメカトロニクス国際研究センター・准教授)
【 概要 】 リーフレット(108KB)

2011年度 第25回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年12月14日(水) 16:00~17:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(#A207)
【 演題 】 "J&J External Innovation in Neuroscience: A Collaborative Approach to Severe Unmet Medical Need in CNS"
【 講演者 】 Theo Frans Meert, Ph.D.
(Senior Director, External Innovation Neurosciences Janssen R&D ベルギー)
【 概要 】 リーフレット(108KB)

2011年度 第24回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年12月8日(木) 11:00~12:30
【 場所 】 京都大学 分子生物棟1階セミナー室(#124)
【 演題 】 "Alterations of 18 kDa translocator protein (TsPO) expression and functioning in skin cancer"
【 講演者 】 Prof. Ruksha Tatiana Gennadievna
(Pathological physiology Dept., Krasnoyarsk State Medical University ロシア)
【 概要 】 リーフレット(482KB)

2011年度 第23回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年11月25日(金) 17:00~18:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "Modelling Glanzmann thrombasthenia with human induced pluripotent stem cells"
【 講演者 】 Prof. Guangxiu Lu / Assoc. Prof. Ge Lin
(Institute of Reproduction and Stem Cell Engineering, Central South University / Reproductive & Genetic Hospital CITIC-XIANGYA / National Engineering Research Center of Human Stem Cells)
【 概要 】 リーフレット(108KB)

2011年度 第22回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年11月9日(水) 17:00~19:00
【 場所 】 医学研究科 G棟2階セミナー室A
【 演題 】 「幹細胞の維持制御と老化のメカニズム」
【 講演者 】 西村 栄美 氏
(東京医科歯科大学 難治疾患研究所 幹細胞医学分野・教授)
【 概要 】 リーフレット(28KB)

2011年度 第21回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年11月4日(金) 13:00~15:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階103・107号室
【 演題 】 「染色体分配に必須なセントロメアの分子構造」
【 講演者 】 深川 竜郎 氏
(国立遺伝学研究所 分子遺伝研究部門・教授)
【 概要 】 リーフレット(28KB)

2011年度 第20回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年10月28日(金) 16:00~17:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階セミナー室(#114)
【 演題 】 「ヒト体内のインフルエンザウイルス中和抗体レパートリー解析
-我々の研究戦略に基づく解析が明らかにできること-」
【 講演者 】 黒澤 良和 氏
(藤田保健衛生大学・学長 / 同総合医科学研究所・教授)
【 概要 】 リーフレット(160KB)

2011年度 第19回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年10月25日(火) 15:30~17:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "Controlling, Manipulating and Tracking Stem Cells"
【 講演者 】 Prof. Mark Bradley
(High-Throughput Chemical Biology, School of Chemistry, The University of Edinburgh)
【 概要 】 リーフレット(149KB)

2011年度 第18回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年10月14日(金) 16:00~17:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "3D Protein/Metal NP Hybrid Superstructures and Applications in Cancer Research"
【 講演者 】 Prof. Dr. Hiroshi Matsui
(The City University of New York-Hunter College)
【 概要 】 リーフレット(106KB)

2011年度 第17回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年9月24日(土) 16:00~17:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "Single Molecule Localization-based Superresolution Microscopy of the Cytoskeleton"
【 講演者 】 Dr. Helge Ewers
(Group Leader, Group of optical methods in neuronal cell biology, Laboratory of Physical Chemistry at the Chemistry Department, The Swiss Federal Institute of Technology)
【 概要 】 リーフレット(76KB)

2011年度 第16回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年9月22日(木) 10:30~11:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "Imaging the Neural Circuits Underlying Active Sensation"
【 講演者 】 Karel Svoboda, Ph.D.
(Janelia Farm Research Campus, Howard Hughes Medical Institute, USA)
【 概要 】 リーフレット(332KB)

2011年度 第15回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年9月16日(金) 14:00~15:30
【 場所 】 京都大学医学部 A棟103-107号室
【 演題 】 "MT1-MMP in cancer cell migration and metastasis"
【 講演者 】 Dr. Antoine Dufour
(Centre for Blood Research / Department of Oral Biological & Medical Sciences, University of British Columbia カナダ )
【 概要 】 リーフレット(481KB)

2011年度 第14回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年9月13日(火) 11:00~12:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "Role of Guidance Receptors in Cortical Radial Migration"
【 講演者 】 Dr. Yuan Xiaobing
(Laboratory of Neural Circuit Development Institute of Neuroscience / Shanghai Institutes for Biological Sciences / Chinese Academy of Sciences)
【 概要 】 リーフレット(153KB)

2011年度 第13回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年9月12日(月) 16:00~17:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "The Retina as a Model to Explore Different Pools of Neuronal Progenitors"
【 講演者 】 Dr. Caren Norden
(Max Planck Institute of Molecular Cell Biology and Genetics)
【 概要 】 リーフレット(151KB)

グローバルCOE国際シンポジウム / リトリート2011

【 日時 】 2011年9月9日(金) ~ 9月10日(土)
【 場所 】 淡路夢舞台国際会議場
【 使用言語 】 英語
【 講演者 】 Dr. Laszlo Radvanyi
(MD Anderson Cancer Center, University of Texas)

Dr. Stefan Fichtner-Feigl
(University of Regensburg)

Dr. Antoine Dufour
(University of British Columbia)

Dr. Wenyi Wei
(Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School)

Dr. Stephane Gesta
(Joslin Diabetes Center, Harvard Medical Shool)

Dr. Jennifer Bruin
(University of British Columbia)

Dr. Yong Lu
(Northeast Ohio Medical University -Formaly Northeastern Ohio Universities Colleges of Medicine and Pharmacy-)

Dr. Nadia Urbain
(Ecole Polytechnique Federale de Lausanne)

Dr. Kurtis Kasper
(Rice University)

Dr. Colin Crist
(Institut Pasteur)

【 主催 】 グローバルCOE
【 問合せ先 】 グローバルCOE事務局 (TEL:075-753-4628 / FAX:075-753-4348)
【 概要 】 ・リーフレット(3.28MB)
・インフォメーション(827KB)

2011年度 第11回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年9月5日(月) 15:00~16:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "Heavy Metals as Useful Drugs"
【 講演者 】 Dr. Jan Reedijk
(Leiden Institute of Chemistry / オランダ Leiden University)
【 概要 】 リーフレット(108KB)

2011年度 第12回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年8月29日(月) 10:00~11:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "Structural Basis for Dynamic Protein Translocation across Plasma Membrane by Sec Machinery"
【 講演者 】 Osamu Nureki, Ph.D.
(東京大学 Department of Biophysics and Biochemistry)
【 概要 】 リーフレット(89KB)

2011年度 第10回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年7月5日(火) 11:00~12:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】 "Multifunctional Nanomaterial-based Targeted Drug Delivery for Controlling Cancer/Stem Cell Fate"
【 講演者 】 Ki-Bum Lee, Ph.D.
(Department of Chemistry and Chemical Biology, 米国 ラトガース大学)
【 概要 】 リーフレット(140KB)

2011年度 第9回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年6月27日(月) 9:00~12:20
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室
【 演題 】
【 講演者 】
(第一部) "How do membrane proteins become raftophilic?"
Prof. Kai Simons
(Max Planck Institute of Cell Biology and Genetics, ドイツ)
(第二部) "Molecular mechanisms of myelination in the central nervous system"
Prof. Mikael Simons
(Max Planck Institute for Experimental Medicine Department of Neurology, ドイツ ゲッティンゲン大学)
(第三部) "Mechanisms of membrane bending and scission in clathrin-independent endocytosis"
Prof. Ludger Johannes
(フランス キュリー研究所)
(第四部) "New insights into the formation and function of caveolae"
Prof. Robert G. Parton
(Institute for Molecular Bioscience, オーストラリア クイーンズランド大学)
【 概要 】 リーフレット(125KB)

2011年度 第8回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年6月20日(月) 10:00~11:00
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5階ルーフテラス
【 演題 】 "Scientists Watching Action Movies: Real-Time Single Molecule Fluorescence Imaging of Natural and Engineered Nucleic Acid Nanomachines"
【 講演者 】 Nils G. Walter 教授
(Department of Chemistry, Single Molecule Analysis Group, アメリカ ミシガン大学)
【 概要 】 リーフレット(113KB)

2011年度 第7回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年6月16日(木) 17:00~
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 演題 】 "Multi-color clonal analysis of intestinal stem cells and cancer stem cells"
【 講演者 】 Dr. Hiroo Ueno
(Professor and chairman, Department of Stem Cell Pathology, Kansai Medical University)
【 概要 】 リーフレット(75KB)

2011年度 第5回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年6月14日(火) 13:30~14:40
【 場所 】 分子生物科学実験研究棟1階セミナー室(124号室)
【 演題 】 "The ubiquitous hammerhead ribozyme:
from bacterial genomes to a human anti-oncogene"
【 講演者 】 Dr. Marcos De la Pena Del Rivero
(スペイン バレンシア工科大学 Spanish National Research Council・研究員)
【 概要 】 リーフレット(483KB)

2011年度 第6回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年6月2日(木) 10:00~11:00
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階セミナー室(A207)
【 演題 】 "Functional genomics: Phenotypic screening to identify Genes and Compounds that Promote Nerve Regeneration"
【 講演者 】 Vance P. Lemmon 教授
(Department of Neurological Surgery, アメリカ マイアミ大学 ミラー医学部)
【 概要 】 リーフレット(140KB)

2011年度 第4回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年5月30日(月) 18:00~19:30
【 場所 】 医学部 本館管理棟2階 基礎第2講堂
【 演題 】 「神経病理学の源流をたずねて」
【 講演者 】 平野 朝雄 先生
(アメリカ アルバート・アインシュタイン医科大学神経病理学・教授 / モンテフォーレ医療センター神経病理部門・部長)
【 概要 】 通知メール(44KB)

2011年度 第2回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年5月23日(月) 16:00~17:30
【 場所 】 京都大学 アイセムス本館2階 セミナー室(A207)
【 演題 】 "Back to Nature: Eternal Fountain of New Active Leads"
【 講演者 】 Hany A. El-Shemy 教授
(Biochemistry Department, Faculty of Agriculture, エジプト Cairo University)
【 概要 】 リーフレット(408KB)

2011年度 第3回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年5月20日(金) 17:00~18:30
【 場所 】 医学研究科 G棟2階セミナー室A
【 演題 】 「次世代ゲノムシークエンサーがもたらす新潮流」
【 講演者 】 宋 碩林 氏
(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 ゲノムシークエンスLCM部)
【 概要 】 リーフレット(157KB)

2011年度 第1回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年4月15日(金) 16:30~
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5Fルーフテラス
【 演題 】 「再生増殖制御学セミナー
-zic遺伝子が創る新しい背側のアイデンティティ-」
【 講演者 】 武田 洋幸 教授
(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 動物科学大講座動物発生学研究室)
【 概要 】 リーフレット(105KB)

2010年度 第33回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年2月24日(木) 13:00~
【 場所 】 京都大学医学部 芝蘭会館稲盛ホール
【 演題 】 「岩田ヒト膜受容体構造プロジェクト 研究成果報告会」
【 講演者 】
浜窪 隆雄 (東京大学先端科学技術研究センター・教授)
阿部 啓子 (東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)
石黒 正路 (新潟薬科大学応用生命科学部・教授)
小林 拓也 (受容体産生グループリーダー)
村田 武士 (結晶創成グループリーダー)
野村 紀通 (結晶化リガンド構築グループリーダー)
岩田 想 (研究総括)
【 概要 】 リーフレット(94KB)

2010年度 第31回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年2月21日(月) 17:30~18:30
【 場所 】 医学部 C棟セミナー室
【 演題 】 「最先端神経工学による海馬情報の解読と制御」
【 講演者 】 高橋 晋 先生
(京都産業大学コンピュータ理工学部 インテリジェントシステム学科・助教)
【 概要 】 リーフレット(77KB)

2010年度 第34回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年2月21日(月) 16:00~17:00
【 場所 】 医学部 基礎A棟103・107号
【 演題 】 "General regulation of phospholipase C isozymes"
【 講演者 】 Professor John Sondek, Ph.D.
(ノースカロライナ大学薬理学)
【 概要 】 リーフレット(84KB)

2010年度 第32回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年1月19日(水) 10:00~12:00
【 場所 】 医学研究科 A棟4階セミナー室(402号室)
【 演題 】 "Colonic crypt morphogenesis after injury by the mesenchymal niche"
【 講演者 】 三好 弘之 氏
(Postdoctoral Research Associate, Department of Immunology & Pathology, Washington University School of Medicine )
【 概要 】 リーフレット(60KB)

2010年度 第30回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2011年1月5日(水) 17:00~18:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階セミナー室2(114 号室)
【 演題 】 "A transcriptional cascade followed by nucleosome assembly and histone H3 modification acts through a series of cell divisions to establish a bilateral asymmetry in the C. elegans nervous system"
【 講演者 】 中野 俊詩 博士
(Department of Biology - Lab of H. Robert Horvitz - / Massachusetts Institute of Technology)
【 概要 】 リーフレット(104KB)

2010年度 第29回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年12月23日(木・祝日) 16:30~18:00
【 場所 】 医学部 芝蘭会館 稲盛ホール
【 演題 】 "Overcoming Resistance to Targeted Cancer Therapies"
【 講演者 】 Dr. Charles L. Sawyers
(Investigator, Howard Hughes Medical Institute / Marie Josee and Henry Kravis Professor / Chair, Human Oncology and Pathogenesis Program / Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, U.S.A.)
【 概要 】 リーフレット(65KB)

2010年度 第28回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年12月20日(月) 16:00~17:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階103号室
【 演題 】 "Targeting cisplatin uptake and metabolism of cancer cells with acopper chelator: lessons from yeast, mice, and humans."
【 講演者 】 石田 誠子 先生
(UCSF, 研究員)
【 概要 】 リーフレット(55KB)

Mahidol-Kyoto Universities International Symposium
"Integration of Biosciences for Innovative Medicine"

【 日時 】 2010年12月16日(木)・17日(金)
【 場所 】 マヒドン大学シリラート病院内
【 概要 】 ポスター(1.4MB)
パンフレット-1(679KB) / パンフレット-2(1.2MB)
【 登録 】 参加登録フォーム
( 申込期限:2010年12月1日(水) )

2010年度 グローバルCOE後援シンポジウム
「第18回国際ラット遺伝システムワークショップ」

【 日時 】 2010年11月30日(火) ~ 12月3日(金)
【 場所 】 京都大学百周年時計台記念館
【 演題 】 「第18回国際ラット遺伝システムワークショップ」
【 講演者 】 ・Dr. Timothy Aitman
(MRC Clinical Sciences Centre / Imperial College London, UK)
・Dr. Xiaoxia Cui
(Sigma Advanced Genetic Engineering <SAGE Labs>, USA)
その他多数
【 演題登録・参加事前登録締切 】
  2010年9月6日(月)
【 概要 】 リーフレット(877KB)
URL: http://www.anim.med.kyoto-u.ac.jp/workshop2010/default.aspx

2010年度 第27回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年11月30日(火) 10:30~
【 場所 】 京都大学医学部附属病院 北病棟4階カンファレンスルーム
【 演題 】 「蛋白コンフォーメーションの変化を可視化し、ADの病因に迫る」
【 講演者 】 植村 健吾 先生
(京都大学大学院医学研究科臨床神経学・助教)
【 概要 】 リーフレット(80KB)

2010年度 第26回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年11月10日(水) 15:00~16:00
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5階ルーフテラス
【 演題 】 "From Thymus to Skin"
【 講演者 】 Yann Barrandon, M.D, Ph.D.
(Professor, Ecole Polytechnique Fédérale Lausanne and Centre Hospitalier Universitaire Vaudois, Lausanne, CH )
【 概要 】 リーフレット(88KB)

2010年度 第25回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年11月09日(火) 12:00~13:00
【 場所 】 医学研究科 A棟4階セミナー室(402号室)
【 演題 】 "New functional genomics and transcriptomics platforms to determine biological regulatory networks"
【 講演者 】 Joel Smith, Ph.D.
(Bay Paul Center, Bell Center for Regenerative Biology and Tissue Engineering, Marine Biological Laboratory)
【 概要 】 リーフレット(51KB)

グローバルCOE国際シンポジウム / リトリート2010

【 日時 】 2010年11月5日(金) ~ 11月6日(土)
【 場所 】 淡路夢舞台国際会議場
【 使用言語 】 英語
【 講演者 】
Dr. Diane Mathis (Harvard Medical School)
Dr. Akiko Hata (Tufts Medical Center)
Dr. Takashi Miki (Chiba University)
Dr. Keiji Tanaka (The Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science)
Dr. Yann Barrandon (Lausanne University Hospital)
【 主催 】 グローバルCOE
【 問合せ先 】 グローバルCOE事務局 (TEL:075-753-4628 / FAX:075-753-4348)
【 概要 】

・リーフレット(705KB)
・プログラム(224KB)
・シャトルバスのご案内(384KB)

2010年度 第22回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年10月27日(水) 17:30~18:30
【 場所 】 附属病院臨床講堂第一
【 演題 】 「米国における膵島移植の進歩」
【 講演者 】 松本 慎一 氏
(ベイラーオールセインツ膵島細胞研究所・ディレクター)
【 概要 】 リーフレット(76KB)

2010年度 第23回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年10月18日(月) 17:30~20:30
【 場所 】 先端棟1階セミナー室
【 演題 】 「ヒトの運動領野における体性感覚情報処理」
【 講演者 】 内藤 栄一 氏
(ATR脳情報通信総合研究所認知機構研究所 認知神経科学研究室)
【 概要 】 リーフレット(60KB)

2010年度 第24回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年10月18日(月) 10:00~
【 場所 】 北病棟4階カンファレンスルーム
【 演題 】 "Identifying and Treating an Asian Stroke Phenotype"
【 講演者 】 Dr. Christopher Chen
(Professer, National University of Singapore, Singapore)
【 概要 】 リーフレット(78KB)

2010年度 第20回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年9月16日(木) 17:00~
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 演題 】 "Probing host/pathogen interactions with Vaccinia virus"
【 講演者 】 ティモシー P. ニューサム 先生
(オーストラリア シドニー大学 分子・生物科学部微生物学科 ウイルス学グループリーダー)
【 概要 】 リーフレット(66KB)

2010年度 第21回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年9月14日(火) 17:00~
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 演題 】 「発生調節因子Dlx3-4 遺伝子群シス発現制御領域のトランスジェニックマウスを用いた機能解析」
【 講演者 】 隅山 健太 助教
(国立遺伝学研究所 集団遺伝研究部門)
【 概要 】 リーフレット(113KB)

2010年度 第15回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年9月1日(水) 16:00~17:30
【 場所 】 医学部第一臨床研究棟 地下臨床討議室
【 演題 】 "Mini-symposium, Uncover the mystery of brain with MRI"
【 講演者 】
森 進 教授 (ジョンズホプキンス大学医学部放射線科)
リンチン・ポー 准教授 (台湾国立陽明大学)
キム デシク 教授 (韓国科学技術院)
【 概要 】 リーフレット(97KB)

2010年度 第18回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年9月1日(水) 16:30~17:30
【 場所 】 医学研究科 A棟4階セミナー室402号室
【 演題 】 "Antidepressants and neurogenesis"
【 講演者 】 ヌーノ・ソーサ教授
(ポルトガル ミンホ大学 医学部保健学科生活健康科学研究所)
【 概要 】 リーフレット(72KB)

2010年度 第17回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年8月26日(木) 17:00~18:00
【 場所 】 医学研究科 先端科学研究棟1階セミナー室
【 演題 】 "Neural Mechanisms for spatially accurate behavior in the parietal cortex"
【 講演者 】 マイケル・E・ゴールドバーグ教授
(米 コロンビア大学 神経科学科 / 北米神経科学学会会長)
【 概要 】 リーフレット(56KB)

2010年度 第19回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年8月19日(木) 16:00~
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5F ルーフテラス
【 演題 】 「再生増殖制御学セミナー
-膜・分泌蛋白質の翻訳後修飾の制御とその役割-」
【 講演者 】 後藤 聡 先生
(慶応義塾大学医学部生理学教室 特別研究講師)
【 概要 】 リーフレット(108KB)

2010年度 第13回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年7月15日(木) 13:00~16:00
【 場所 】 医学研究科 管理棟2階第2講堂
【 演題 】 "Colloqium of 'Research Presentation in English by graduate students' "
【 講演者 】 Dr. Daisy Rotzoll
(Professor, Skills Lab, University Leipzig Faculty of Medicine)
【 概要 】 リーフレット(43KB)

2010年度 第10回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年7月14日(水) 17:00~18:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階103号室
【 演題 】 "Novel Oncogenic Signaling by MLL Related Leukemogenic Proteins"
【 講演者 】 ガング・ファン助教授
(米 オハイオ州シンシナティ、シンシナティ小児病院メディカルセンター、実験的血液学・癌生物学部)
【 概要 】 リーフレット(43KB)

2010年度 第12回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年7月14日(水) 14:00~16:00
【 場所 】 医学研究科 管理棟2階第2講堂
【 演題 】 "Scientific English Presentation and Discussion -Graduate Course Special Program- 'Scientific English in Presentation and Discussion- speaking English with self-confidence! - Part2' "
【 講演者 】 Dr. Daisy Rotzoll
(Professor, Skills Lab, University Leipzig Faculty of Medicine)
【 概要 】 リーフレット(43KB)

2010年度 第11回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年7月13日(火) 14:00~16:00
【 場所 】 医学研究科 管理棟2階第2講堂
【 演題 】 "Scientific English Presentation and Discussion -Graduate Course Special Program- 'Scientific English in Presentation and Discussion- speaking English with self-confidence! - Part1' "
【 講演者 】 Dr. Daisy Rotzoll
(Professor, Skills Lab, University Leipzig Faculty of Medicine)
【 概要 】 リーフレット(43KB)

2010年度 第14回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年7月12日(月) 12:00~13:00
【 場所 】 医学研究科 A棟4階102号室
【 演題 】 「肝初期発生におけるFoxAとGroucho/TLEの相互作用」
【 講演者 】 関谷 高史 氏
(学術振興会PD、慶応技術大学医学部 微生物免疫学教室-吉村昭彦研究室-)
【 概要 】 リーフレット(58KB)

2010年度 第9回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年7月5日(月) 14:00~15:30
【 場所 】 医学研究科 A棟4階セミナー室
【 演題 】 「統合失調症の最前線:身体疾患との接点」
【 講演者 】 澤 明 氏
(米 ジョンズ・ホプキンス大学医学部 教授/ディレクター)
【 概要 】 リーフレット(79KB)

2010年度 第8回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年6月25日(金) 17:00~
【 場所 】 医学研究科 A棟セミナー室1階103・107
【 演題 】 "KRas signaling on late endosomes"
【 講演者 】 Prof. Oriol Bachs
(Professor and Chairman of Dept. of Cell Biology, Immunology and Neurosciences University of Barcelona)
【 概要 】 リーフレット(65KB)

2010年度 第7回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年6月18日(金) 16:30~18:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階102号室
【 演題 】 "Neurons, mitochondria, astrocytes, glycolysis … what's the connection with cancer? "
【 講演者 】 Sir, Salvador Moncada Professor
(The Wolfson Institute for Biomedical Research, University College London)
【 概要 】 リーフレット(96KB)

2010年度 第6回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年6月8日(火) 17:00~
【 場所 】 医学研究科 F棟セミナー室
【 演題 】 "Actin Comets versus Membrane Ruffles: Distinctive Roles of Phosphoinositides in Actin Reorganization"
【 講演者 】 井上 尊生 助教
(ジョンズホプキンス大学部)
【 概要 】 リーフレット(85KB)

2010年度 第5回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年5月20日(木) 12:00~13:00
【 場所 】 医学部 A棟4階402セミナー室
【 演題 】 「RBP-Jによる神経細胞成熟の制御」
【 講演者 】 谷垣 健二 先生
(滋賀成人病センター研究所 専門研究員)
【 概要 】 リーフレット(63KB)

2010年度 第4回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年5月24日(月) 18:00~
【 場所 】 医学部本館 管理棟2階 基礎第2講堂
【 演題 】 「一枚のスライドから」
- 医学生や若い先生方に向けた講演会です -
【 講演者 】 平野 朝雄 先生
(アルバート・アインシュタイン医科大学神経病理学・教授 /
モンテフォーレ医療センター神経病理部門・部長)
【 概要 】 リーフレット(75KB)

2010年度 第3回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年4月30日(金) 14:30~16:00
【 場所 】 医学研究科 A棟4階セミナー室
【 演題 】 「ユビキチン修飾系による細胞機能制御機構」
【 講演者 】 岩井 一宏 教授
(大阪大学生命科学研究科代謝調節学)
【 概要 】 リーフレット(86KB)

2010年度 第1回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年4月13日(火) 17:00~18:00
【 場所 】 北病棟4階カンファレンスルーム
【 演題 】 "Deciphering the molecular and physiological basis of a familial partial epilepsy"
【 講演者 】 Dr. Stéphanie Baulac
(医学研究科実験動物施設)
【 概要 】 リーフレット(73KB)

2010年度 第2回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年4月7日(水) 17:30~
【 場所 】 医学部附属病院 第一臨床研究棟地下セミナー室2
【 演題 】 "Is there a role for p25 in Alzheimer's disease?"
【 講演者 】 Dr. Florian PLATTNER
(Postdoctoral fellow in the laboratory of Prof Tamas Revesz Institute of Neurology, University College London )
【 概要 】 リーフレット(59KB)

2009年度 第26回 グローバルCOEセミナー

※開催時間が16:30~18:00に変更となりました。

【 日時 】 2010年3月29日(月) 16:30~18:00
【 場所 】 医学研究科 A棟セミナー室103・107
【 演題 】 "Actions of parathyroid hormone on bone in vivo"
【 講演者 】 ヘンリー・M・クロネンバーグ先生
(Massachusetts General Hospital)
【 概要 】 リーフレット(76KB)

2009年度 第24回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年3月19日(金) 16:00~
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5階ルーフテラス
【 演題 】 「抗体産生応答におけるリンパ球の相互作用・増殖・分化のライブイメージング」
【 講演者 】 岡田 峰陽 氏
(理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター
免疫細胞動態研究ユニット ユニットリーダー)
【 概要 】 リーフレット(88KB)

2009年度 第25回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年3月17日(水) 16:30~18:00
【 場所 】 医学研究科 A棟4階セミナー室(402号室)
【 演題 】 "Role of cyclin D1 in mammary epithelial progenitors in development and Cancer"
【 講演者 】 Dr. Philip W. Hinds
(Professor, Radiation Oncology / Associate Director, Molecular Oncology Research Institute / Deputy Director, Tufts Medical Center Cancer Center / Tufts Medical Center)
【 概要 】 リーフレット(67KB)

2009年度 第23回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年3月12日(金) 16:00~
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5階ルーフテラス
【 演題 】 「ES/iPS細胞からの膵と肝への分化誘導」
【 講演者 】 粂 昭苑 教授
(熊本大学発生医学研究センター 再建医学部門幹細胞制御分野)
【 概要 】 リーフレット(91KB)

2009年度 第22回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年3月9日(火) 16:30~18:30
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 演題 】 「腫瘍におけるprogression history」
【 講演者 】 谷田部 恭 部長
(愛知県がんセンター 遺伝子病理診断部)
【 概要 】 リーフレット(91KB)

2009年度 第21回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年3月5日(金) 18:00~
【 場所 】 北病棟4階神経内科カンファレンスルーム
【 演題 】 「ショウジョウバエパーキンソン病モデルを用いたLRRK2シグナルの解析」
【 講演者 】 今居 譲 准教授
(東北大学加齢医学研究所)
【 概要 】 リーフレット(73KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

講演者はショウジョウバエを使った神経変性疾患の研究では我が国を代表する研究者の一人です。ショウジョウバエを用いたパーキンソン病研究の意義についてわかりやすく解説されたあと、現在、ヒト孤発性パーキンソン病の理解に最も重要な遺伝子と考えられているLRRK2のパーキンソン病発症誘発メカニズムについて、自身の成果を中心に講演されました。翻訳制御や転写因子の異常が神経変性疾患に結びつくという斬新なアイデアの仮説を紹介され、聴衆に感動を与えました。

※参加人数:30名(うち外国人数:1名)

2009年度 第20回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年2月18日(木) 18:00~20:00
【 場所 】 北病棟4階神経内科カンファレンスルーム
【 演題 】 「神経変性と認知症における血管因子」
【 講演者 】 Dr. Raj Kalaria
(ニューキャッスル大学教授)
【 概要 】 リーフレット(85KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

神経内科スタッフおよび大学院生、研修医に対して講演していただいた。
アルツハイマー病(AD)と脳血管障害が共通の危険因子を持つこと、ADのほぼ全例でblood brain barrierの破綻がみられること、ADの90%以上の症例では、脳血管へのアミロイド沈着、脳アミロイド血管症を合併すること、脳梗塞発症後の患者で健常者より明らかに認知機能の低下がみられること、これらはすべてADに及ぼす血管因子の影響が多大であることを示唆している。
神経変性疾患の代表とされてきたADに対する血管因子の影響を疫学的・科学的に検証するKalaria教授の講演は興味深く、また血管因子の治療介入をすることにより、認知機能の進行を予防できる可能性が十分にあることを知り、認知症に対してさらに意欲的に取り組みなおす機会になった。

※参加人数:50名(うち外国人数:2名)

2009年度 第19回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年1月26日(火) 16:00~18:00
【 場所 】 医学研究科 A棟1階103号室
【 演題 】 "Integrin control of lipid raft trafficking and Rho family GTPases"
【 講演者 】 Dr. Martin Schwartz
(Professor, University of Virginia)
【 概要 】 リーフレット(111KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

癌化した細胞は足場非依存性増殖能を獲得し、増殖を繰り返す。Martin Schwartz博士らは、この過程にlipid laft traffickingの関与を明らかにしており、本研究を通じて得られた、癌細胞の増殖能・転移能獲得の分子機序についての最新の知見を今回のセミナーで発表した。
参加者は、医学研究科のみならず、生命科学研究科などの他研究科からも大学院生や研究者が多数集まり、質疑応答も活発に行われ、発表研究に関する理解が深まると共に、「生命原理の解明を基とする医学研究教育拠点」のプロジェクトにとって、大変有意義な機会となった。

※参加人数:50名(うち外国人数:5名)

2009年度 第17回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年1月20日(水) 16:00~18:00
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 演題 】 "Guanine Nucleotide Exchange Factors for Rho GTPases in endothelial cells: Critical transducers of angiogenic signals"
【 講演者 】 Dr. Jose Vazquez-Prado
(メキシコ先端科学技術研究センター・教授)
【 概要 】 リーフレット(106KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

演者は、メキシコ国立技術研究所の薬理学部門の教授である。血管内皮細胞の運動を制御する情報伝達系について発表した。とくに、ケモカイン受容体により活性化されるRac1活性化因子P-Rex1の機能、活性制御機構についてレビューと、最新の結果とを発表した。非常に多くの質問がなされ活発な討論を行うことができた。

※参加人数:20名(うち外国人数:0名)

2009年度 第18回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2010年1月18日(月) 16:00~18:00
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5階ルーフテラス
【 演題 】 「再生増殖統御学セミナー
-骨格筋内脂肪の形成に寄与する間葉系前駆細胞の同定-」
【 講演者 】 上住 聡芳 助教
(藤田保健衛生大学 総合医科学研究所)
【 概要 】 リーフレット(99KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

骨格筋の再生には、骨格筋幹細胞である筋衛星細胞が関与する。一方、筋ジストロフィー等の病態下では、筋の変性、萎縮に伴い、骨格筋内に脂肪細胞が蓄積する。この異所性脂肪細胞が筋衛星細胞の分化異常により発生するのか、他に供給源となる細胞が存在するのかは不明であった。上住博士らは、骨格筋間質に筋衛星細胞とは異なるPDGF receptor alpha(+)の間葉系前駆細胞が脂肪組織形成に関与することを見いだし、この細胞の脂肪分化が骨格筋との相互作用によって抑制されることを示した。骨格筋の維持や筋内の脂肪組織に関するこれらの興味深い知見に、多数の質問と活発な討論が行われた。

※参加人数:40名

2009年度 第16回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年12月7日(月) 16:00~18:00
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 演題 】 "Mutational Profiling in Cancer by Next Generation Sequencing"
【 講演者 】 Dr. David A. Wheeler
(Director, Bioinformatics and Cancer Genomics, Human Genome Sequencing Center, Baylor College of Medicine)
【 概要 】 リーフレット(99KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

演者は、アメリカに3つあるゲノムシークエンスセンター(Washington U, Baylor College, NIH)の一つ、Balylorゲノムセンターの長である。ここでこれまでに行われた大規模DNAシーケンシングプロジェクトについての発表があった。多型神経膠芽腫のDNAを多数解析し、P53を始めとする多くの癌遺伝子の変異を見つけたことや、卵巣がんにおいては、既知のがん遺伝子の変異はほとんど見つからないことなどは、非常に興味深い知見であった。また、次世代シーケンサーを用いることで、配列解析のコストが大幅に低下し、これにより、あらたなプロジェクトが可能になることなどを発表された。非常に多くの質問が出て、活気のあるセミナーになった。

※参加人数:40名(うち外国人数:3-5名)

共催セミナー:日米医学医療交流セミナー「京都で医学留学を感じよう」

財団法人日米医学医療交流財団および社団法人芝蘭会と共催で、日米医学医療交流セミナー「京都で医学留学を感じよう」を開催いたします。ご興味のある方は奮ってご参加下さい。

【 日時 】 2009年11月14日(土) 12:00~20:00
【 場所 】 芝蘭会館 稲盛ホール & 山内ホール(レセプション)
【 講演者 】
藤 吉朗 (滋賀医科大学大学院)
島本 健 (京都大学大学院)
前田 亜里紗 (福井大学 3回生)
大嶋 園子 (京都大学 6回生)
神廣 憲記 (京都大学 6回生)
木村 信彦 (京都府立医科大学 6回生)
森本 剛 (京都大学 講師)
吉富 秀幸 (千葉大学 助教)
【 申込み/
問合せ先 】
財団法人日米医学医療交流財団
〒113-0033 東京都文京区本郷3-27-12
URL http://www.janamef.or.jp/
E-mail janamef1988-info@janamef.or.jp
Tel 03-6801-9777
Fax 03-6801-9778
【 主催 】 財団法人日米医学医療交流財団
【 共催 】 ・京都大学大学院医学研究科・医学部
・社団法人芝蘭会
・グローバルCOE(生命原理の解明を基とする医学研究教育拠点)
【 概要 】 リーフレット(659KB) / 申込書(225KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

北は北海道から南は沖縄まで、多くの参加者が集まり、大盛況であった。
宮坂勝之先生(日米医学医療交流財団理事長)、光山正雄先生(京都大学医学研究科長)のご挨拶のあと、松村理司先生(洛和会音羽病院病院長)、伴信太郎先生(名古屋大学総合診療部教授)、野村実先生(東京女子医科大学麻酔科学教授)、ならびに京都大学医学研究科の平出敦先生(医学教育推進センター教授)・森本剛先生(医学教育推進センター講師)・小池薫先生(初期診療・救急医学教授)の進行のもと、臨床留学・学生時代の留学・研究留学に関する活発な討議が行われ、その後の懇親会も熱気あふれるものとなった。

※参加人数:119名(うち医学部学生107人、医師12人)

2009年度 第15回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年11月9日(月) 15:00~16:30
【 場所 】 医学研究科 先端科学研究棟103号室
【 演題 】 「鳥の歌の科学」
【 講演者 】 Dr. Masakazu Konishi
(Professor, California Institute of Technology)
【 概要 】 リーフレット(26KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

動物行動学、電気生理学を融合した脳研究のパイオニアである小西博士に、songbirdの音声コミュニケーションの神経回路機構を中心に講演していただいた。 その結果、ヒトの言語の基盤となる脳機能について理解を深めることが出来た。
また本セミナーの特筆すべきこととして、本学の他部局や学部生、他大学からも多くの参加者があった。

※参加人数:60名(うち外国人数:0名)

グローバルCOE国際シンポジウム・第2回全体リトリート

【 日時 】 2009年11月6日(金) ~ 11月8日(日)
【 場所 】 淡路夢舞台国際会議場
【 使用言語 】 英語
【 講演者 】
Adrian Hayday (King's College, London Medical School)
Yoshiaki Ito (National University of Singapore)
春日 雅人 (国立国際医療センター)
Austin Smith (University of Cambridge)
Masakazu Konishi (California Institute of Technology)
【 主催 】 グローバルCOE
【 問合せ先 】 グローバルCOE事務局 (TEL:075-753-4628 / FAX:075-753-4348)
【 概要 】 プログラム(159KB) / ポスター(1.24MB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

平成21年11月6日から8日まで、淡路夢舞台国際会議場でグローバルCOE「生命原理を基とする医学研究教育拠点」国際シンポジウム・リトリート2009が開催されました。参加者は招待演者5名、事業推進担当者22名、教員3名、領域別発表会講演者40名、gCOEフェロー113名の総勢183名にのぼりました。

今回のリトリート2009は外部評価も兼ねており、COEを構成する5領域に関して、「がん領域」には伊藤嘉明教授(国立シンガポール大学がん研究所)、「アレルギー・免疫領域」にはAdrian Hayday教授 (Cancer Research UK)、「老化・生活習慣病領域」には春日雅人教授(国立国際医療センター)、「脳神経科学領域」にはMasakazu Konishi教授(CALTECH)、「再生医学・医療領域」にはAustin Smith教授 (University of Cambridge)を評価者として招き、伊藤教授を委員長とした外部評価委員会でこれまでのグローバルCOEの活動を評価していただくことになりました。また外部評価委員の先生方には国際シンポジウムでの講演も行っていただきました。

11月6日13時から、成宮周拠点リーダーの開会の辞に引き続き、プレナリーセッションである国際シンポジウムが始まりました。国際シンポジウムでは各領域に分かれて、外部評価委員の講演と、領域リーダーによる領域の活動の概要説明と事業推進担当者2名による講演が行われました。6日午後にはアレルギー・免疫領域、がん領域、老化・生活習慣病領域、7日午前は脳神経科学領域、再生医学・医療領域のセッションが行われました。この間、6日の夜にはレセプションが開かれました。冒頭に光山医学研究科長が外部評価者に対するお礼と歓迎の挨拶を述べられました。レセプションは外部評価者の先生方を交えた会議参加者同志の和やかな交流の場となりました。

7日の午後は各領域別にわかれ、領域別発表会が行われました。この発表会では大学院生、ポスドク、助教といった若手研究者がそれぞれの最近の成果について口頭発表を行いました。プレナリーセッション、領域別発表会とも参加者は熱心に聴講し、活発な討論が行われました。夕食をはさんで、夜はgCOEフェローによるポスター発表が行われました。ここではビールを飲みながら、ややくだけた雰囲気の中、ポスターを前に夜遅くまで討論が続きました。

8日朝からは外部評価委員会が開かれ、午後2時に閉会しました。

評価者の先生方には事前に配布したGCOE活動報告書と、今回のリトリートでの研究発表をもとに、今後の活動をさらに改善するための提言をいただく予定です。

2009年度 第14回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年10月30日(金) 17:30~18:30
【 場所 】 医学部 A棟1階セミナー室103・107号
【 演題 】 "Chromosomal instability in cancer pathogenesis and treatment"
【 講演者 】 Dr. Ashok Venkitaraman
(Professor of University of Cambridge & The Medical Research Council Cancer Cell Unit)
【 概要 】 リーフレット(533KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

Instability of chromosome structure or number is a hallmark of common epithelial malignancies. In this talk, professor Venkitaraman described recent studies on cancer-associated alterations in the pathways that reserve chromosome stability, and their role on cancer pathogenesis and treatment.

※参加人数:20名(うち外国人数:5名)

2009年度 第10回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年9月16日(水) 16:00~18:00
【 場所 】 医学研究科 F棟1Fセミナー室
【 演題 】 "Intracellular signaling: G proteins talking to G proteins"
【 講演者 】 Dr. Phillip J.S. Stock
(Senior Scientist, Vollum Institute, Oregon Health & Science University)
【 概要 】 リーフレット(52KB)

2009年度 第13回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年9月11日(金) 16:00~17:00
【 場所 】 医学研究科 先端科学研究棟1Fセミナー室(103号室)
【 演題 】 "Theta oscillations provide temporal windows for local circuit computation in the entorhinal-hippocampal loop"
【 講演者 】 水関 健司 博士
(Research Assistant Professor, Rutgers, The State University of New Jersey)
【 概要 】 リーフレット(91KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

嗅内野一海馬の神経情報処理に関する世界最先端の研究を紹介していただいた。
探索行動中の嗅内野および海馬place ellからの多点同時神経活動計測データは、位置情報符号化プロセスにおける海馬局所神経回路の情報処理の重要性を示すものであり、今後の神経科学に大きなインパクトを持つものであった。また本セミナーでは活発な討論がなされた。

※参加人数:30名(うち外国人数:0名)

2009年度 第12回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年9月9日(水) 10:00~12:00
【 場所 】 医学研究科 C棟4Fセミナー室
【 演題 】 「損傷運動ニューロン再生におけるグリアの新たな機能」
【 講演者 】 木山 博資 教授
(大阪市立大学大学院 医学研究科 機能細胞形態学(医学部解剖学第一))
【 概要 】 リーフレット(653KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

神経損傷後、グリアの中で最も興味深い動態を示すのがミクログリアである。ミクログリアは脳内の環境変化、特に損傷や炎症など脳のネットワーク機能を損ねる変化に対して、脳を守り適切なネットワークを良好な状態に維持するために、早期警戒や神経保護に働く。また、ネットワークが破綻した場合には、破綻拡散防止や崩壊組織の除去など多彩な役割を果たしている。
本セミナーでは、損傷末梢神経の修復過程に着目し、ミクログリアが損傷に対して見せる応答とその異常の結果について、分子形態学的結果を紹介され、活発な議論がなされた。

※参加人数:30名(うち外国人数:0名)

2009年度 第11回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年8月28日(金) 17:00~19:00
【 場所 】 医学部 A棟1階セミナー室103・107号
【 演題 】 "The 3D-Structure of the Immunogloblin Heavy Chain Locus: Implications for Long-Range Genomic Interactions"
【 講演者 】 Dr. Cornelis Murre
(Professor of Division Biological sciences, UC San Diego, USA)
【 概要 】 リーフレット(62KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

Murre博士のグループは、IgH遺伝子の全体構造を3D-FISHとコンピューター解析によって決定した。その結果、再構成前のpre-proB細胞では、DH領域がVH領域から離れて存在するのに対し、再構成を起こすproB細胞では、両者が接近するとともに、遠位VH遺伝子と近位VH遺伝子が重なってコンパクトな状態に折り畳まれていることがわかった。
以上の結果は、再構成を可能にする長距離にわたる染色体の構造変化を裏付けるものであり、きわめて興味深い。以上の発表をもとに活発な討論が行われた。

※参加人数:50名(うち外国人数:5名)

2009年度 第5回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年7月27日(月) 13:00~
【 場所 】 附属病院第一臨床講堂
【 演題 】 「予測する生物学・その臨床応用の可能性」
-Predictive biology and possibility of its clinical application-
【 概要 】 リーフレット(739KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

細胞の機能を予測する上で必要な理論的、技術的背景について解説し、それに関わる演者の経験談を述べられた理論生物学的な予測がどのように臨床医学へ貢献しうるかについて、主に神経幹細胞を用いた例について解説し、医学部生や大学院生の参考に供するため、ケンブリッジ大学でのユニークな教育体制について紹介された。

※参加人数:35名(うち外国人数:0名)

2009年度 第7回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年7月27日(月) 17:00~
【 場所 】 第二臨床研究棟6階 耳鼻咽喉科セミナー室6313
【 講演者 】 Dr. Paul Albert Fuchs
(Professor and Director, Otolaryngology- Head and Neck Surgery Co-Director, Center for Sensory Biology, Johns Hopkins University)
Dr. Anthony Ricci
(Associate Professor, Department of Otolaryngology Associate Professor, Department of Cell and Molecular Physiology, Stanford University)
【 演題 】 "Cochlear neurobiology"
【 概要 】 リーフレット(51KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

内耳生理学の第一人者を二名迎え、聴覚を司る神経やシナプスの詳細な機能について最新のデータを供覧していただき、二名の演者それぞれのデータに我々京都大学のデータも併せて非常に充実した討議となった。
蝸牛には二種の求心ニューロンに加え二種の遠心ニューロンが存在するが、それぞれの生理学的意義の違いは明確にはなっていない。我々の共同研究によりそれぞれのシナプス特性の生理学的データに加え、シナプスを形成する分子の同定を経て、この分野を更に発展させる礎となった。

※参加人数:32名(うち外国人数:3名)

2009年度 第8回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年7月27日(月) 17:30~19:30
【 場所 】 生命科学研究棟 2階セミナー室A
【 演題 】 "Spatial and temporal control of Epac-Rap1 signaling in cell adhesion"
【 講演者 】 Dr. Johannes Lukas Bos
(Professor University Medical Center Utrecht)
【 概要 】 リーフレット(301KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

G棟のセミナー室がほぼ満員の盛況であった。成宮、武藤の両薬理学教授、湊免疫学教授、野田分子腫瘍学教授、高橋神経内科教授、西田栄介(生命科学)教授、その他大勢の教員ならびに学生が集まり熱気に溢れたセミナーとなった。
Rasファミリー低分子量GTP結合タンパクRap1の機能について、幅広くReviewされるとともに、cAMP依存性Rap1活性化因子Epacの構造解析、Epacを特異的に活性化する薬剤007、さらには、007の細胞膜透過性を高めた007-AMについて発表され、活発な質疑応答が行われた。

※参加人数:100名(うち外国人数:10名)

第9回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年7月22日(水) 17:00~19:00
【 場所 】 医学部A棟セミナー室103
【 講演者 】 田中 敦 氏
【 演題 】 "Parkin is recruited selectively to impaired mitochondria and promotes their autophagy"

*********************************** 開催報告 ***********************************

PINK1-Parkinとmitophagyの関連について、未発表のデータも含め大変分かりやすく解説していただきました。
テーマについてはもちろんですが、実験手法自体についても深く考察しておられ、見習うべき部分が沢山あると感じました。NIHやラボの環境、留学に至った経緯などもお話しいただき、大変参考になりました。

※参加人数:20名(うち外国人数:1名)

インターフェースコース講義(第2回)

【 日時 】 2009年7月21日(火) 13:30~14:30
【 場所 】 芝蘭会館 稲盛ホール
【 演題 】 「ヒトG蛋白質共役型受容体の構造に基づく創薬」
-Structure Based Drug Discovery of Human G-protein Coupled Receptors-
【 概要 】 リーフレット(148KB)
【 その他 】 (構造生物学者・創薬研究者向け)

*********************************** 開催報告 ***********************************

構造生物学者・創薬研究者向けに、「ヒトG蛋白質共役型受容体の構造に基づく創薬」に関してお話をいただき、前回の参加者を上回る人数の方に御参加いただきました。
他学部、外部機関(製薬、食品企業)からも多くの方が聴講に来られ、質疑応答においては活発な意見交換が行われました。

※参加人数:140名(うち外国人数:10名)

インターフェースコース講義(第1回)

※7/9開催予定でしたが、講演者のフライト遅延につき7/14へ日程変更となりました。

【 日時 】 2009年7月14日(火) 13:30~14:30
【 場所 】 芝蘭会館 稲盛ホール
【 演題 】 「G蛋白質共役型受容体ファミリーの構造と機能」
-Structure and Function of G-protein Coupled Receptor Family-
【 概要 】 リーフレット(139KB)
【 その他 】 (学生・一般研究者向け)

*********************************** 開催報告 ***********************************

学生・一般研究者向けにわかりやすく、「G蛋白質共役型受容体」について生化学・医学・構造生物学・創薬等の分野を跨いでお話をしていただき、多くの質疑応答がなされました。

※参加人数:90名(うち外国人数:2名)

2009年度 第6回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年6月17日(水) 16:30~18:30
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 講演者 】 西村 智 博士
(東京大学医学系研究科循環器内科 特任助教)
【 演題 】 「生体イメージングによる慢性炎症病態の解析 実質と間質の相互作用」
-Analysis of chronic inflammation by in vivo imaging: Interaction between parenchyma and interstitial matrix-
【 概要 】 リーフレット(316KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

メタボリックシンドロームと慢性炎症の関わりを「脂肪組織リモデリング」をキーワードに、独自のin vivo imaging技術を用いて解析を行い、肥満ラット内臓脂肪組織での白血球・血小板・血管内皮の相互作用を明らかにした。
さらに、現在進行中である血栓形成メカニズムの解明に向けた新たなイメージング技術について紹介された。

※参加人数:30名(うち外国人数:0名)

 

2009年度 第4回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年5月26日(火) 17:00~ 19:00
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 講演者 】 澤 洋文 教授
(北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター)
【 演題 】 "Exit strategy of Human Polymavirus"
【 概要 】 リーフレット(511KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

Human Polyomavirusに属するJC virusの後期タンパク質であるAgnoprotein(Agno)は感染細胞の核膜から細胞質、細胞膜に存在し、その機能は不明な点が多い。
澤先生はAgnoが細胞膜の機能を変化させてウイルスの放出を促進させているメカニズムの解明をされている。
Agnoの変異体などを用いた局在観察や相互作用実験など数多くのデータをもとに、詳しく説明してくださった。

※参加人数:30名(うち外国人数:2名)

 

2009年度 第3回 グローバルCOEセミナー

 
【 日時 】 2009年5月21日(木) 13:00~15:00
【 場所 】 医学研究科 C棟4階セミナー室
【 講演者 】 坂田 秀三
【 演題 】 「視覚野における神経集団活動の層構造」
-Laminar structure of neural population activity in auditory cortex-
【 概要 】 リーフレット(712KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

参加人数:約50名、内外国人約2名(セミナー室の大きさの限界のため立ち見でも入れないひとがいた)大変白熱した議論のため制限時間ギリギリまでの講演会となった。

 

2009年度 第2回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年5月15日(金) 17:00~19:00
【 場所 】 医学研究科 F棟1階セミナー室
【 講演者 】 Dr. Maria Carla Parrini
【 演題 】 "The regulation of Rac1 at the front of motile cells: implication of the RalB/exocyst parhway and of the RhoGAP 3BP1"
【 概要 】 リーフレット(657KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

細胞小胞輸送と細胞運動とに密接な関係があることはよく知られているが、その分子機構には不明の点が多い。

Parrini博士は、エキソシストコンプレクスにRhoGAP 3BP1が結合することを見出し、これがRacの活性化に関連していることをFRETイメージングのデータ等を交えながら発表した。

講演の途中にも多くの質問がでるなど活発な討議が行われた。また、セミナー後は、参加者とパソコンの前でデータを交えながら討論を行った。

※参加人数:30名(うち外国人数:2名)

 

2009年度 第1回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年5月8日(金) 15:30~17:00
【 場所 】 医学部基礎構内 A棟セミナー室103・107
【 講演者 】 Novartis Professor Leonard Guarente
( Department of Biology Paul F. Glenn Lab for Science of Aging Massachusetts Institute of Technology )
【 演題 】 "SIRTUINS, AGING AND DISEASE"
【 概要 】 SIR2 and related genes are NAD-dependent deacetylases that slow aging in yeast, C. elegans, and Drosophila. In yeast and flies, SIR2 genes are also involved in the longevity conferred by dietary or calorie restriction (CR). The mammalian SIR2 homologs termed SIRT genes, or sirtuins, are involved in changes in stress resistance and metabolism and are known to be associated with CR. Critically, the CR diet in rodents not only extends life span, but also protects against many diseases of aging. In this talk, I will describe recent findings in the lab regarding SIRT1 function in specific mammalian tissues in relation to murine disease models. Our findings indicate that SIRT1 can influence many of the major diseases of aging, includingmetabolic diseases like diabetes, neurodegenerative diseases (Alzheimer's and Huntington's), cancer and osteoporosis. Therefore small molecules that alter the activity of SIRT1 (i.e. CR mimetic drugs) offer a new approach to prevent and possibly treat the major diseases of aging.
リーフレット(70KB)

第6回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年3月31日(火) 11:00~
【 場所 】 附属病院 北病棟4階カンファレンスルーム
【 講演者 】 Micheal Tymianski (トロント大学・教授)
【 演題 】 "PSD95 inhibitors for the treatment of ischemic brain damage"
【 概要 】 講演ポスター(91KB)

第5回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年3月19日(木) 13:00~15:00
【 場所 】 医学研究科 A棟103号セミナー室
【 講演者 】
氏 名 Francisco Clasca
身 分 Professor of Human Anatomy & Neuroscience School of Medicine, Autonoma University
勤務先 Autonoma University
所在地 Barcelona
国 名 SPAIN
【 演題 】 "Thalamic input to distal apical dendrites in the neocortex: adult organization and development"
【 講演要旨 】 Input to apical dendritic tufts is now deemed crucial for associative earning, attention, and similar "top-down" interactions in the cerebral cortex. Excitatory input to apical tufts in neocortical layer 1 has been traditionally assumed to be predominantly cortical, as thalamic pathways to this layer were regarded relatively scant and diffuse. I will review recent work form my laboratory showing that thalamic innervation of layer 1 is robust, highly-convergent and originated in a widespread thalamic cell population which is anatomically and developmentally different from the thalamic cells innervating the middle cortical layers.
【 概要 】 リーフレット(564KB)
【 主催 】 グローバルCOE
(連絡先:高次脳形態学 金子 武嗣 tel: 075-753-4331)

*********************************** 開催報告 ***********************************

参加人数は25人ほどで、中枢神経に興味を持つ大学院生が多くみられました。

大変興味深い研究発表で、聴衆からは様々な質問や意見が相次ぎ、ディスカッションが大いに盛り上がりました。盛り上がりすぎて、時間をオーバーするほどでした。

第4回 グローバルCOEセミナー

【 日時 】 2009年2月26日(木) 15:30~16:30
【 場所 】 医学研究科 A棟4階セミナー室
【 講演者 】
氏 名 Jilly Evans PhD
身 分 Vice President Biology
勤務先 Amira Pharmaceuticals
所在地 San Diego, CA
国 名 USA
【 演題 】 "Development of DP2 receptor antagonists for allergic and inflammatory diseases"
【 講演要旨 】 Prostaglandin D2 (PGD2) is released from activated mast cells in allergic asthma and other diseases. PGD2 acts mainly on two cell surface G protein-coupled receptors, the DP1 and DP2 (previously called CRTH2) receptors. Both DP1 and DP2 knockout mice have been shown to be protected in allergic airways models. In human cells, PGD2 stimulation of DP2 on eosinophils, basophils and Th2 cells results in cell migration and activation. In vivo this DP2 activation can result in increased influx of cells into sites of inflammation, enhanced blood IgE and increased airway hyperreactivity. The development of DP2 receptor antagonists at Amira Pharmaceuticals involves in vitro, in vivo and drug metabolism and pharmacokinetic profiling of compounds. The pharmaceutical development of a DP2 clinical candidate will be detailed.
【 概要 】 リーフレット(543KB)
【 主催 】 グローバルCOE
(連絡先:成宮 周 tel: 075-753-4450)
【 その他 】 この講演に引き続き、女性研究者対象のセミナー(大学院教育コース主催)を同会場で17時より開催致しますので、是非ご参加ください。

グローバルCOE 後援セミナー

【 日時 】 2009年2月26日(木) 17:00~18:00
【 場所 】 再生医科学研究所 東館5階 ルーフテラス
【 講演者 】 月田 早智子 先生
・大阪大学大学院医学系研究科病理学講座 教授
・大阪大学大学院生命機能研究科個体機能学講座 教授
・京都大学再生医科学研究所再生増殖制御学分野 非常勤講師
【 演題 】 上皮細胞間接着によるホメオスターシス制御と細胞増殖
【 講演要旨 】 生体内で大きな体積を占める多様な上皮細胞は、多細胞生物において、体内外の表面をおおうシート構造を形成して、体内のコンパートメントを形成する。上皮細胞(内皮細胞も含む)シートによる仕切りは単なる隔壁ではなく、選択的な物質やイオンを必要に応じて透過させ、不必要なものや毒性のあるものを排除する隔壁である。従って、上皮細胞シート形成の制御機構についての解析は、多細胞生物の生存にとってきわめて本質的であり、免疫・炎症疾患、悪性腫瘍など多岐にわたる疾患の理解のためにも重要である。ここでは、上皮細胞シートの特性を規定する細胞間接着装置であるタイトジャンクションによる細胞間バリアー/選択的物質透過性の制御機構と生体内ホメオスターシスの維持、及び、その上皮細胞増殖との関わりについて最近得られた知見を中心に議論をすすめたい。
【 概要 】 リーフレット(120KB)

グローバルCOEキックオフリトリート

【 日時 】 2009年1月31日(土) ~ 2月1日(日)
【 場所 】 長浜ロイヤルホテル
【 概要 】 プログラム(101KB) / ポスター(14.0MB) / 参加申込書(32KB)

*********************************** 開催報告 ***********************************

平成21年1月31日(土)から2月1日(日)の2日間、長浜ロイヤルホテルにて、本拠点のキックオフリトリートが開催されました。

「免疫・アレルギー」「がん」「老化・生活習慣病」「脳・神経科学」「再生医学・医療」の5領域、およびこれらを結ぶインターフェースとなる構造生物学、ゲノム医科学、さらにGCOEにおける大学院教育コースの担当者、計29名より、GCOEにおける研究・教育の概要につき、講演が行われました。またGCOEのフェロー(リサーチアシスタント、ポストドクトラルフェロー)らにより、97件のポスター発表が行われました。

学部学生19人も含め、参加者は総勢で174人となり、京都大学医学研究科、京都大学再生研のメンバーがこれだけの規模で異なる分野の研究者が一同に会して研究発表、意見交換を行う、はじめての機会となりました。参加者の印象も好評で、「異分野融合によるイノベーション」という拠点のミッションを共有し、その実現に向けた第一歩にふさわしいリトリートとなりました。

大学教育改革プログラム合同フォーラム

【 日時 】 2009年1月13日(火)
【 概要 】 平成21年1月12-13日、パシフィコ横浜にて大学教育改革プログラム合同フォーラムが開催され、本拠点は1月13日にポスター発表を行いました。各拠点の運営担当者との活発な情報・意見の交換が行われました。
Photo(57KB)

The 11th Kyoto University International Symposium 2008 (KUIS-11) "Frontier Bioscience in Modern Medicine"

【 日時 】 2008年10月9日(木) ~ 10月11日(土)
【 場所 】 Reporting Hall of Mingdao Building(1F)
Shanhai Medical College, Fudan University, China
【 参加者 】 673名
【オーラル
プレゼンテーション】
21題
【 講演者 】 ・Shuh Narumiya (Kyoto University)
・Hitoshi Nagaoka / Tasuku Honjo (Kyoto University)
・Zhi-Li Huang (Fudan University)
・Yo-ichi Nabeshima (Kyoto University)
・Ping Zheng ( Fudan University)
・Hidenao Fukuyama (Kyoto University)
・Shimon Sakaguchi (Kyoto University)
・Takashi Nagasawa (Kyoto University)
・Takashi Shinohara / Mito Shinohara (Kyoto University)
・Fumihiko Matsuda (Kyoto University)
・Qi-Qun Tang/ Xi Li / Haiyan Huang (Fudan University)
・Yunzeng Zou (Fudan University)
・Masanori Fukushima (Kyoto University)
・Shigekazu Nagata (Kyoto University)
・Makoto Mark Taketo (Kyoto University)
・Nagahiro Minato (Kyoto University)
・Ryoichiro Kageyama (Kyoto University)
・Masato Nakagawa / Shinya Yamanaka (Kyoto University)
・Masao Mitsuyama (Kyoto University)
・Takashi Fujita (Kyoto University)
・Yoshio Koyanagi ( Kyoto University)